飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

ピョンチャン(平昌)五輪からピョンヤン(平壌)五輪へ?!

2018-02-12 18:19:16 | 国際・政治

どう観ても政治オリンピックである!
素直に考えれば、
スポーツと政治は無関係という事はこれまでもない!
政治利用とまではいかないだけに話だ・・・!
でも、
今回は政治利用が芬々である!

 

美女軍団がピョンチャン(平昌)に来ようと、

金正恩の妹金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が来ようと、

核武装・弾道ミサイル問題が消える訳はない。

日本人拉致問題が解決する訳でもない。

スポーツの祭典ということで、

会うのは結構な事だが、

矜持は堅持するのが政治利用されない要諦だ・・・。


朝鮮統一チームも自由だが、

竹島問題をアピールするのは政治利用だし、

南北統一を画策するのも自由だが、

核武装・弾道ミサイル問題をなし崩しにすることは、

あり得ないだろう。

その意味で、

どう観ても韓国は北朝鮮の戦略に、

ムンジェイン大統領は引きずられている。


【転載開始】

2018.2.11 13:53

【平昌五輪】「イカとタコの言葉をまず統一」“冷淡”金与正氏がジョークを口に 南北会談で

10日、ソウルの韓国大統領府で、文在寅大統領との会談に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹の金与正氏(AP)

 韓国大統領府(青瓦台)は11日までに、10日に行われた文在寅大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジュン)党中央委員会第1副部長ら北朝鮮の訪韓団との会談の詳細を公表し、冷淡な表情が印象的だった与正氏が、南北で違う「イカ」と「タコ」の表現に絡み、ジョークを口にしたことを明らかにした。韓国の中央日報(日本語電子版)などが11日、伝えた。

 会談では、与正氏が「早い時期に平壌で会えたらよいだろう。文大統領が統一の新たな幕を開く主役になり後世に久しく残る足跡を刻まれるよう願う」と、文氏に早期訪朝を要請したことがすでに明らかになっている。外国メディアはこの「サプライズ」を大々的に報じたが、韓国大統領府は会談自体は「和やかなムードで行われた」と強調した。

 中央日報によると、会談の途中、昼食の料理に話題が移った際、韓国の任鍾ソク(イム・ジョンソク)秘書室長が「南北の言葉にアクセントや単語にある程度違いはあっても聞き取れるが、イカとタコは南北が正反対だそうだ」と切り出した。それに対し、与正氏が「私たちと違うがそれから統一しなければならない」と笑顔で応じたという。

 登山やトレッキングが好きだという文氏が若い頃、現在、北朝鮮の両江道、咸鏡南道などに属している「蓋馬(ケマ)高原で1~2カ月過ごすことを夢見ていたと明かすと、与正氏は「このように近い距離なのに来るのが大変で残念だ。南北首脳部の意志があるなら分断の歳月は残念だが速く進むだろう」と韓国側を牽制(けんせい)した。【転載終了】

 

ペンス大統領は晩餐会を欠席した。

当然の矜持である。

安倍総理は金永南(キム・ヨンナム)と言葉を交わした様である。

何と言ったか?

不明である。


金与正(キム・ヨジョン)は見れば見るほど、

誰かに似ている・・・?!

?んなことはあるまいが、

お辞儀の仕方も、

北朝鮮はコンスではないようである・・・。


しかし、

まあ、

微笑み外交も良いが、

隠された裏の強権・独裁国家の凄まじさを思い致すと、

俄かに素直に受け止められない。


闇の国北朝鮮の微笑み外交に、

その真の姿を垣間見るには、

多くの動画に登場する金与正(キム・ヨジョン)一行の動静から、

読み解くことが出来るだろうか?

参考にして頂きたい。

Kim Jong-un’s sister arrives in South Korea 

Kim Jong-un invites South’s leader Moon to Pyongyang in personal letter delivered by sister

South Korea: Kim Jong-un’s sister greeted by officials upon arrival in South Korea 

South Korea: Pres. Moon Jae-in meets with Kim Jong Un's sister 

Pence sits near Kim Jong Un’s sister, doesn't applaud unified Korean Olympians

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アメリカ内戦の序章! | トップ | 北陸豪雪は聞きしに勝る!自... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ようこ)
2018-02-13 10:07:23
ほほえみ外交を使ってでも韓国にすり寄っていく北朝鮮は、アメリカが脅威なんだろう。メディアではあまり放送しないが、トランプは新しい小型化核ミサイルを更に造ろうとしている。北朝鮮を先制攻撃するため?アイキャンは、日本に核断絶を強く求めているが、日本がもし核を造ればトップ技術で世界一の物になることがアメリカには気にくわないのと怖いからなのだろう。日本に核を造らせない為のパフォーマンスなのだ。アイキャンのIは、アイ=目でもあるのだ。元々ノーベル財団は、ダイナマイト発明者アルフレッドノーベルにより創設された胡散臭い財団なのだ。勿論、良き人物もいるが、ノーベル賞を受賞した人々は、戦争に関与したものが多数いる。製薬会社との利権に絡む問題もあった。ノーベルだからと平和のイメージで全てを善しとするのは、いかがかと。悲しきかなどんな組織の中にも悪は存在するのだから。
日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事 (日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事)
2018-02-13 15:12:50
米国ペンス副大統領来日であるが、2月6日というのは、日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事の鶴丸という意味になり、21時30分というのは、不時着して乗客乗員や昭和天皇陛下が問題なく生存し、誘導を待っていたところ日露自衛隊及び埼玉県警の警察官が襲いかかり始めた時刻であり、翌日に市ヶ谷の自衛隊でPAC3を見学したのは、御巣鷹及び魚尾乙女湖畔等で日露自衛隊及び埼玉県警察の警察官が乗客乗員を惨殺しパックに入れたりしたことへの抗議を示し、また、横田基地での演説においては血なまぐさい色のストライプのネクタイにより聴衆の自衛隊の不可解な価値観に対し疑問を呈するとともに抗議したものである

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事