飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

【馬渕睦夫】世界を操る支配者の正体

2016-04-30 11:59:12 | 壮大なうそ

 「壮大なうそ」の最大なものは、
国際政治そのものと言えるだろう・・・。
共産主義は国際金融資本が創設した!
現代の「共産主義」はグローバリズムだ。
グローバリズム=国際主義は、
現代のインターナショナルである。

 

何ともはや、驚く話である。

驚くと言えば、

朝鮮戦争は、

北朝鮮・中国・米国(国連軍)の3者協定に依る「休戦協定」である。

その中に韓国(大韓民国)は関与していない。

 


 

あの安全保障理事会を拒否権なしに国連軍が創設されたのは、

スターリンが欠席を選択したからである。

つまり、

朝鮮戦争は意図的に始まった。

当時の米国は、大韓民国は不関与国家であるとの、

認識を発信していたし、

当時のソビエト連邦は、

国連軍の創設に拒否権を行使しなかった。

何とも、

寝耳に水の真実である。


 

こうして数百万人の命が朝鮮戦争に依って失われたのである。

中共は、

途中から参戦し、

人海戦術で百万人の兵士を犠牲にした。

その多くは、

元蒋介石軍の兵士であったとの噂がある。


 

中共は、

ほとんど蒋介石軍には勝っては居なかったが、

米国の支援で毛沢東は勝利した。

北朝鮮とて同じであって、

その創設に尽力したのは米国である。

米国そのものと言うより、

米国を牛耳る国際金融資本グループである。


 

ソビエトを支援しその増大を計ったのは、

同じ国際金融資本グループである。

共産主義革命を為さしめたのも同じである。

この事は、夙に知られているから言うまでもないが、

その後の成り行きも同じであって、

ソビエト解体を推進したのも同じである。


 

とすれば、

スターリンが朝鮮戦争時、国連軍創設にネガティブに協力したのも、

全く頷ける。

要は、全ては結託した内部政治に過ぎなかったのである。

毛沢東は、

米国(国際金融資本グループ)の支援で建国し、

米国(国際金融資本グループ)の支援で、

経済発展を促された。

 

やがて、

米国(国際金融資本グループ)の手で解体される運命にある。


 

こんなことを考える知識人が今まで居たのか?

ましてや、

マスコミ・政治家の口上に挙がることはない。

知らないのか?

隠しているのか?

大半は、知らないのだろう・・・?!

一部は、隠している・・・?!

 

これを観ると、

彼の壮大な9・11もパールハーバーも、

チンケな偽旗に思えてくる・・・。

ダーイシュ(IS)なども同じだ。

いわゆる「偽旗作戦」のテロなどは、

さらに小さな事件に過ぎない。

 

是非、ご視聴を!

 

【馬渕睦夫】世界を操る支配者の正体

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ヤギのチムール、アムールに... | トップ | アジェンダ2030の概要・... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (卒塔婆)
2016-05-01 08:11:06
>彼の壮大な9・11もパールハーバーも、チンケな偽旗に思えてくる・・・。
ダーイシュ(IS)なども同じだ。いわゆる「偽旗作戦」のテロなどは、さらに小さな事件に過ぎない。

それらの「壮大なウソ」に関わってくる人間やグループ、仕掛ける目的や方法、その規模の違いによって複雑に見えているだけでやっていることは基本的に同じ、虐殺や収奪などの非人道的な破壊行為ですね。
まことにやつらはサイコパスで精神異常者の集団です。

コメントを投稿