飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

日本の政治改革は財務省改革!

2018-03-11 19:04:40 | 政治

再び森友問題が蒸し返されている・・・!
その火付け役は朝日新聞。
書き替えの「疑惑」報道である・・・。
財務職員の自殺報道も為されている!
真相は闇だが、
何時まで不毛の論議が続くのか?

 

森友小学校敷地国有地払い下げ問題は、

それを管理する財務省問題である。

その経緯に問題があったかどうかは財務省問題であるが、

政局に引きずり込もうという執拗な工作が仕掛けられている。

 

「疑惑」報道も結構であるが、

「疑惑」と事件とは大きな隔たりがある。

事件であるとするなら、

疑惑を追及する某新聞社こそ、

立証責任があるが、

矛先は政権批判に費やされている。

 

書き替え文書なるものは、

単なる、

「文書取り違え」の呉指摘との噂もある。

そもそも「確認」したとする曖昧報道で大騒ぎしているだけで、

確証は示していないのが真相である。

 

政争の機会作りに新聞社が加担する。

森友・加計問題の本質が、

未だに続いているのである。

実に、

嘆かわしい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シリアの東グータから反政府... | トップ | 「自民党こそリベラルで革新... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「仕事を任されて途中で突然に辞めることは無責任で逃げること」 (little-pig-kelly=李璟=孫璟琳)
2018-03-22 01:03:03
島崎栄一の「おんがく世界りょこう」について

それは有名になれないレベルのロックバンドやフォークシンガーの中で、本気を出さない気楽なキャラクターを装うことで、嫉妬を回避して楽しもうとする生き方

もし島崎栄一がチャップリン風のコメディアンや創作楽器のエンターテイナーを志すのであれば、そのような舞台に立つべき

ICHIcreatorの創作物はthis is the kit

友達かもしれないが、入場の演出や被り物はジャージャというミュージシャンの演出のパクリ

15歳のころから歌っているというジャージャという人の前歯の欠けていることをご本人に聞いたら、はじめははぐらかしていたがしつこく聞くと当時ヤクザに殴られたと言った。近年はじめた喫茶店にもヤクザが来たが、その時は怒って追い返したと言った。

ジャージャという人はライブ中に不可解な発言をしたので、その後のライブの打ち上げの際に尋ねてみると、科学と言うものでは解明できない…と言い出した。

島崎栄一には、子供のころから練習してきた努力も、音楽家としての天性の才能も、全くない

創作楽器のミュージシャンのなかで勝負することから逃げていることになる

「おんがく世界りょこう」は音楽の教育では全然ない

世界旅行の費用はどこで負担しているのか

西洋人を含む島崎栄一たちのフリースタイルという、聞いている方が座禅しているような演奏の後で、本人は明日仕事があるんですと言って帰って行ったが、どんな仕事でそのようなお金が貯まるのか

親がお金持ちだからいい人でいられるのは偽善者になる

島崎栄一に正義がないのならうまく取引したことになる

“ ひとりサーカス楽団”には集団行動のプレッシャーがなく楽にやり遂げられることになる

みんながどんな仕事でもつらく厳しい重責があることになる

島崎栄一のイギリス人と結婚したことが能力ということになる

キリスト教の教皇のために殴ることは、暴力ではなくひいては社会のためになる

二人の愛で乗り越えるというどこかにあった神話は、みんなのために世間に逆らわない嘘つきのずるい処世術になる


うぅ~、最近心を無くしてましたwataruです。。。
でも復活、したかな!?
もうね、竹馬の入場とか、笑ったwww
この度、SKILLFONは解散することになりました。
こんな事、書く日が来るとは。。。

竹槍三百万論

竹槍三百万本論(たけやりさんびゃくまんぼんろん)とは、日本陸軍軍人である荒木貞夫が行った、竹槍が300万本あれば日本の防衛は可能とする主張のことである。竹槍の本数については資料により異同があり、3万~3000万の範囲でばらつきが見られる。 荒木は「竹槍将軍」とも呼ばれ、竹槍に絡めた発言を頻繁に行っている。中でも1933年10月、当時陸軍大臣を務めていた荒木が外人記者団とのインタビューの際に語ったとされる「竹槍三百万本あれば列強恐るるに足らず」という発言はよく知られている。


Cow and Mouse (カウアンドマウス)

「商品です」(Twitterトレンドより)

亀の恩返し 亀田大学 講義 10 ザ・シーン・チェンジズ/ バド・パウエル -亀の音楽史-

マイルス・デイヴィスのトランペットがいかにスケベかっていう話
彼の弾く、ブリブリとして、ゴリっとしていて、暴れているのに実は繊細で歌心のある、メロディアスなベースの音にね

── スケベでゴリゴリ、あなたの姿がそうですね。

僕がチェンバースのベースをコピーする為に買った、彼の譜面本です。マスターした曲に丸印をつけてね。レコードを聴きながら、この本を見て弾いているうちに、譜面を読む訓練も出来ました。ほら、自分でコードを書き足していますよね(笑)。

── 新曲「愚か者たち」を亀田誠治の半音下げた「作曲しましょう。- Songtive」アレンジでパフォーマンスしてくれます!

まずはスウィングという、ジャズ特有の揺れ感を理解したことが大きかったです。あとはビートを転がしながら繋げていくような感覚でしょうか。それまでの自分が聴いてきたポップスには無かった感覚でしたから。

── たしかに『ザ・シーン・チェンジズ』の一曲目を飾る「クレオパトラの夢」もクラブ通いのチャラ男のような音楽プロデュース業界用語でいえばジューシーでキャッチーですよね。

「二股、三股は当たり前。男は女を抱いてナンボだ!!」みたいな人で......。心の中で「この人頭悪いんじゃないのか?」と......。自分で選んだ社会の厳しい仕組みの中で、ちゃんとやれよという人だった。でも僕は、そういう育て方をしてくれた親父に対して、今は本当に感謝の気持ちでいっぱいなんです......。

── 有名になることがよい演奏になる、やってることがヤマハの子どもと同等またはそれ以下のレベルでも、バカな大人は尊敬するんですよね。だから、島崎栄一くんみたいのがいるの。

伊澤一葉「5に至り知る可し」
一葉 no idea @appa1247
ピアノ キーボード 作曲

椎名林檎「あんた鍵盤やったっけ?ギター持たせましたんで…」(ミュージックステーションより)

会場は御影に80余年もの間、佇み続ける旧財閥の別邸「蘇州園」。
当日はグランドピアノを持ち込み、この日だけの特別な一夜をお届け致します。
「蘇州園」のシェフによる特別なフードもご用意してお待ちしております。

「キラーチューン」
作詞 椎名林檎
作曲 伊澤一葉

「贅沢は味方」もっと欲しがります負けたって
勝ったってこの感度は揺るがないの
貧しさこそが敵

贅沢するにはきっと財布だけじゃ足りないね
だって麗しいのはザラにないの
洗脳わなにご注意

ご覧、ほらねわざと逢えたんだ
季節を使い捨て生きて行こう
夜も秋も盗めないよ
貴方は私の一生もの

贅沢するにはきっと妬まれなきゃいけないね 
ちょっと芳しいのを睨まないで
欲しがらないなら

「今日は一度きり」無駄がなけりゃ意味がない
絶対美しいのは計れないの
溢れ出すから

ご覧、険しい日本ここで逢えたんだ
探し出してくれてありがとう
空も恋も騙せないよ
私はあなたの一生もの
善人のふりをしてご親切にしてもらう「おいしいキャラ」 (little-pig-kelly=李璟=孫璟琳)
2018-03-22 16:55:03
善人のふりをしてご親切にしてもらうICHIさんがリツイート

Sweet Dreams Press‏ @sweetdreamsprs
▼ただし車椅子をご使用の方やお身体の不自由な方、もしくは介助が必要なお客様、また、背が高いので後方の席でもいいですよーというようなご親切な方がいらっしゃいましたら「info.sweetdreams@gmail.com」までご連絡ください。こちらで席を割り振る際に考慮させていただきます。

西洋人と島崎栄一のライブ K.D ハポンにて

日本人の小顔のお兄さんが、店で注文したジョッキのビールを舞台上で飲みながら、金属の留め具で修理もしくは改造した弦のゆるいチェロをただ滅茶苦茶に弾いていた。

島崎栄一が西洋人の滅茶苦茶な演奏中にどこにいたのか不明。一階の会場の席にはいなかったことは確か。

何組かの演奏が終わった頃に、日本人のブスな小太りのお姉さんが店に入ってきて、一階の席の前列に座り、滅茶苦茶な演奏が始まっても下を向いて携帯電話をいじっていた。そのお姉さんは、最後に島崎栄一たちと演奏した。

そのブスで小太りなお姉さんには西洋人も島崎栄一も目もくれていなかった。

公演企画プロデューサーのような小父さんが「最後にみんなで演奏して終わり」と言うと、西洋人たちも島崎栄一たちと滅茶苦茶な演奏をはじめた。正直なところ幼稚園児のようでも恥じらいがないことに驚いた。

そして、島崎栄一がニヤニヤと喜んで笑った。島崎栄一を慕う友人は、派手な威勢のいいくそガキではなく地味で気弱そうな小男だった。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事