詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区鳥居通3-1-3)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は9月までは200円、10月からは210円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第339回
令和元年9月15日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第340回
令和元年10月14日(月・祝)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第341回
令和元年11月10日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室

佐藤司さん逝去

2018年05月31日 | 詰将棋
 今朝見た「おもちゃ箱」で佐藤司さんの逝去を知り、驚きました。
 たま研の食事会では席が近くなることが多く、いつも話しかけられて楽しいひとときを過ごしました。たま研課題作の投票上位3作の作品番号で競馬の3連単か3連複を買われるという話は、今思い出しても笑ってしまいます。
 自己紹介では生年月日が谷川さんと同じとか、30年以上にわたって解答を続けているといった話をされていました。香龍会作品展にも解答をいただいたことがあります。
 ご出身が北海道ということで、少し前の彩棋会に課題作を投稿されたことがありました。親類ということでさらに厳しい目で選考に臨まれた彩棋会幹事で弟の佐藤正さんでしたが、すばらしい作品だったので選題されたということがありました。
 たま研でもうあの楽しい会話ができないかと思うと誠に残念です。謹んでご冥福をお祈りします。
コメント

第322回香龍会報告

2018年05月22日 | 詰将棋
【日時】
平成30年5月20日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】
岩本修、岡本正貴、小池正浩、鈴木康夫、関半治、桃燈、鳥本敦史、服部彰夫、他1名、堀内真、元水信広、山路大輔(12名)

 岡本さんから過去に女性の参加者がいたのか尋ねられました。はて、すぐ思いつくのは松さか子さんや青木みどりさんですが…。決して香龍会は大峰山や土俵の上というわけではありませんので、女性の方もご参加お待ちしています。ちなみに二次会も含めれば昔ある人のフィアンセが同席されたという記憶はあります。
 関さんが将棋天国のバックナンバーを持参されました。丁度私が詰将棋に興味を持つようになる頃発行が終わったみたいで、私も名前は知っていましたが、現物を見るのは初めてのような気がします。早速開いてみると詰将棋も含めて結構読み物が充実しているように感じました。それにしても関さんをはじめ掲載されている写真は皆さんお若いですね。私は結局当日ほとんどこのバックナンバーを見て過ごしていました。これらのバックナンバーは小池さんに進呈されるとのことです。
 桃燈さんから、少ない駒数ながら大海原に追い出して詰ます作品を見せてもらいました。私なんかには到底作れるような作品ではないので、いろいろな意味で感心しました。それにしても大海原でも大駒の長い脚があれば捕まえられるものですね。
 その桃燈さんは、『詰棋めいと』に掲載されていた詰将棋の著作権に関する記事を熟読されていました。曖昧なことが好きな詰将棋の世界ですが、もしかしたら著作権に対する考え方も時代とともに変化しているのかもしれません。
 その他いろいろと話が出ましたが、ちょっと表には出せないためあえて忘れた話もありましたので、もし詳しく知りたければ香龍会にお越しください。
 それでは、途中で退出された服部さんと鳥本さんと、例によって辞退された他1名さんを除くメンバーで恒例の記念写真です。

前列左から堀内、鈴木、後列左から元水、岡本、桃燈、山路、関、小池の各氏です。
 二次会は9名でいつものファミリーレストランに。全国大会の話題もありましたが、その後香龍会第333回記念で作品展をやろうということになりました。333手詰や1手詰を333問出題するという話もありましたが、とりあえずお名前の最初に「三」がつかない人からの作品をぼちぼち募集します。(お名前の最初に「三」がつく人、すみません)

▼次回の香龍会(第323回)
【日時】
平成30年6月10日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 6月10日の次は、既報のとおり全国大会翌日の7月16日(月・祝)に開催します。
コメント

5月20日(日)の香龍会案内

2018年05月16日 | 詰将棋
 5月も折り返しを迎えて、中には五月病になっている人もいらっしゃるかと思います。そんなときは香龍会で大好きな詰将棋と触れ合い、気分を一新しませんか。
 トップの「これからの開催予定」にも掲載していますが、再度案内を掲載しておきます。

【日時】
平成30年5月20日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 もちろん五月病になっていない人も参加大歓迎です。
コメント

7月の香龍会

2018年05月13日 | 詰将棋
 今日は大雨の一日でしたが、以前から大阪へ行く予定があったので、そのついでに関西将棋会館に立ち寄り、『暁将棋部屋』の創刊号を購入しました。柳原さんのインタビューの中にチラッと香龍会のことが書かれていましたね。

 さて、7月の香龍会ですが、次のとおり予約しました。
【日時】
平成30年7月16日(月・祝)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 全国大会の翌日に開催しますので、ぜひ帰途にご参加ください。もちろん全国大会に参加しない人でも香龍会への参加は大歓迎です。
コメント

部屋の予約の仕方

2018年05月09日 | 詰将棋
 全くの内部事情ですが、いつも香龍会会場として使っている中村生涯学習センターの部屋の予約をどうしているのか、お教えします。
 中村生涯学習センターは、インターネットによる空き状況の照会はできるものの、施設予約まではできません。
 予約の開始は、まず原則利用日の属する月の2か月前の初日にセンターで開催される利用調整会(抽選会)に参加すればいいのですが、初日といっても月初め一番最初の平日が基本ですし、毎月初に仕事を休んで奈良から名古屋まで行くこともできません。
 そのため、少し前までは香龍会の当日に中村生涯学習センターに貼りだされている部屋の空き状況を見て、いつにしようか考えながら2か月後の申し込みしていました。しかし他の会合の都合で希望日以外はダメという場合が増えてきているのと、その希望日も先に他の団体で部屋が予約済みであることが多くなってきています。(だからときどき中村生涯学習センターではなく他の生涯学習センターを使うことがあります)
 そこで、ここ最近は利用調整会の翌日以降に行うことができる電話による仮予約で部屋を確保しています。ただ、こちらも仮予約後1週間以内にセンターに行って本申し込みをしないといけないので、基本的には香龍会でセンターに行く1週間前に空き状況をインターネットで確認後、電話で2か月後の部屋を仮予約して、香龍会当日に本申し込みするという流れにしています。
 実は7月の予約も早くしたいのですが、次に名古屋に行けるのが5月20日の香龍会当日になるので、電話による仮予約もその1週間前である5月13日以降にしか行うことができません。それまでに希望日の部屋が予約で埋まらないことを祈っております。
(決まりましたらこのブログでまた案内します)
コメント