詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第331回
平成31年2月24日(日)13時~16時過ぎ 2階第1集会室
▼第332回
平成31年3月24日(日)13時~16時過ぎ 2階第1集会室

駿棋会に行ってきました

2017年07月26日 | 詰将棋
 詰とうほく翌日の7月23日は、静岡県で開催される駿棋会に行ってきました。奈良県在住の
私としては青春18きっぷを利用して帰途に立ち寄ることができるので好都合です。
 前日宿泊した最寄り駅の新白河駅では、10月のダイヤ改正に向けて乗り換えがスムーズに
いくようにホームの工事が進んでいました。そして黒磯駅から熱海駅までは少し奮発してグリーン
車に乗ったのですが、4時間40分の普通列車での移動も快適で疲れることもなく、あっという間に
到着したように感じました。
 さて、会場に入ると元水さん、大橋さん、横山さんが既にお越しになっていました。
 元水さんが横山さんに全国大会での解答競争用の問題をお見せしたりしていましたが、そのうち
恒例?の双玉や変長などの規約問題の話になっていきました。
 変長については昔「妙手説」というのがあり、一般の問題の中でも普通に発表されていたみたい
ですが、私が詰将棋に興味を持つ頃にはかなりの減価事項として扱われるようになっていました。
詰パラ昭和63年3月号の詰将棋デパートで変長作品特集が組まれたことがありましたが、その頃
までが変長の許容されていた時代で、今ではほとんど発表されていないのではないでしょうか。
 そんなこんなを考えていたら15時前になり、静岡からさらに6時間以上かけて帰る私は、大相撲の
結果も気になりつつお先に失礼しました。
コメント

詰とうほくに行ってきました

2017年07月25日 | 詰将棋
 先週土曜日の7月22日、詰とうほくに行ってきました。
 今回の会場は久しぶりの青葉区中央市民センターで、駅からの途中にある朝市にも久しぶりに
寄ってきました。おいしそうなホヤを売っていたのですが、翌日の夜に帰宅予定なのでさすがに
持って帰るわけにもいかず、横目で見るだけにとどめました。
 さて、前回は仕事の都合で休んだため半年ぶりの参加となりましたが、今回も利波さんや佐原
さんがいろいろな資料をご持参されていました。
 利波さんは北原さんの作品を全作収集されているとのことで、その中でも初形やあぶり出しの
曲詰が相当数あるみたいです。私も『近代将棋図式精選』に掲載されている作品には馴染みが
ありますが、それ以外となるとなかなか知る機会がありません。その中でとある曲詰を解いたの
ですが、簡単な中にも少し考えるところがあり、さすがです。
 佐原さんからは古いミニコミ誌などの写しを見せてもらいました。私が学生の頃はまだインター
ネットが普及する前で、検討も兼ねてミニコミ誌や会報が多数発行されていました。香龍会でも
柳原さんや近藤さんが世話人のとき会報を発行されていたことがありますが、九州グループや
詰四会の会報復刊はさすがに無理でしょうか。
 その後市島さんに全国大会記念詰将棋を解いてもらったり、石川さんの新作を解いたりしました。
 小池さんとも今月お会いするのは札幌、名古屋と続いて3回目です。今週土曜日にも詰工房が
開催されますが、当日は別件がありさすがに参加できません。
 それでは、恒例の記念写真です。

左から尾形、佐原、利波、市島、小池、石川、浦壁の各氏です。
 二次会はこれまた久しぶりの居酒屋に。メニューは以前来ていたときと同じものを注文したの
ですが、中身は少し違っており、時代の流れを感じました。(少し大袈裟かな)早目に注文した
お茶漬けも予定通り出てきて、おいしく頂戴しました。
 19時前に解散となり、私は翌日の都合のため仙台から青春18きっぷで3時間かけて移動し、
福島県の新白河駅前のホテルに泊まりました。翌日の内容については後日アップします。
コメント

第312回香龍会報告

2017年07月17日 | 詰将棋
【日時】平成29年7月15日(土)9時~15時30分
【場所】名古屋市昭和生涯学習センター 2階第1・第2和室
【参加者】青木裕一、岩本修、馬屋原剛、大橋光一、岡本正貴、沖昌幸、加藤徹、神谷護流、
 小池正浩、小林尚樹、鈴木康夫、関半治、桃燈、平井康雄、堀内真、水谷創、元水信広、
 八尋久晴、 山路大輔、山村信太郎、横内佑哉、吉岡真紀(22名)

 名古屋で開催される詰将棋全国大会の前日であり、当日も18時から前夜イベントが開催されると
いうことで、今回はその準備も兼ねて朝の9時から15時半というスケジュールで開催しました。
 9時前に会場に着くと既に岡山県の小林さんと神奈川県の小池さんが待っておられました。遠来
からの参加は嬉しい限りです。しかしその後も遠来者のお越しばかりで肝心の全国大会スタッフの
皆様がお越しになりません。少し心配になりかけた頃、程なくしてスタッフの皆さんもお越しになり、
ホッとしました。
 今回は準備と大勢の人がお越しになることを見越して2部屋分予約し、仕切りとなる部屋と部屋の
間のふすまは開けておいたのですが、盤駒を置いていた第1和室のほうが自然といつもの香龍会の
ようになり、第2和室のほうは全国大会の準備室といった感じとなりました。
 横内さんをはじめ初参加の方も多くいらっしゃったのですが、何せ第2和室のほうが忙しくてお構い
できずすみませんでした。しかし初参加の人にもいろいろな詰キストの皆様が気軽に話していただき
なによりです。
 もちろん遠来の方も多くお越しになりました。馬屋原さんと名刺交換したのですが、早速「看寿賞
作家」と印刷されていたのには流石と感心しました。八尋さんは夜行バスでお越しになったとのことで、
お疲れ様です。平井さんは会場を迷われたとのことで、もし私の案内不足が原因でしたらまことに
申し訳ありません。お越しいただいた皆様には全国大会余興用のアンケートにご協力していただきました。
 私は基本第2和室にいて、全国大会用資料作成のお手伝いをしていました。スタッフの皆さんはノート
パソコンを各自ご持参になっているのですが、印刷できる環境がないとのこと。そこで、まずデータを
USBメモリに入れ、近くのコンビニで1枚出力し、さらにその打ち出した1枚を別のスーパーマーケット
に行ってコピーするといった流れで作成していきました。コンビニではUSBメモリからの出力もコピーも
1枚10円なのに対し、スーパーマーケットではUEBメモリからの出力は1枚20円かかるものの、
コピーは1枚5円で済むということで、大量印刷するためにこのような流れとなりました。そんなこんなで
昭和生涯学習センターとコンビニとスーパーマーケットの間を暑い中何回か往復しました。
 実は資料作成時にも途中いろいろと「問題発生!」という事件があったのですが、今となっては済んだ
ことなので次回への反省としておきましょう。もっとも何にも資料作成をしていない私がとやかく言えま
せんが。
 お昼を過ぎると、全国大会の賞品買い出しや、先にウインクあいちに移動する人などで少しずつ会場を
後にした人がいたのですが、15時半の時点でいらっしゃった皆様でいつもの記念写真です。

 前列左から沖、加藤、平井、岡本、山路、青木、後列左から山村、馬屋原、桃燈、水谷、鈴木、
関、小池、小林の各氏です。
 香龍会は毎月開催しているので、またよろしければ普段着の例会にもお越しください。心より
お待ちしています。

▼次回の香龍会(第313回)
【日時】平成29年8月13日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)
 たま研の翌日に開催しますので、愛知県以西にお住まいの人でたま研に参加される人は、ぜひ
帰途にお立ち寄りください。もちろん愛知県以西にお住まいでない人でも参加大歓迎です。
 8月13日の次は、三連休の真ん中である9月17日(日)に開催します。
コメント

7月15日(土)の香龍会案内

2017年07月11日 | 詰将棋
 来週の日曜日は全国大会が開催されますし、前日土曜日の夕方から夜にかけては前夜イベントも
開催されますが、更にその前の日中に開催される香龍会も忘れないでください。いつもと場所・
時間が異なりますので、くれぐれもご注意ください。

【日時】平成29年7月15日(土)9時~15時30分
【場所】名古屋市昭和生涯学習センター 2階第1・第2和室
    地下鉄桜通線及び鶴舞線御器所(ごきそ)駅3番出口南東約300メートル
【会費】200円(学生無料)
  
 当日は全国大会前夜イベントも開催されることから、いつもより早めに例会を切り上げる分朝から
開催します。途中参加も可能ですので、開催している時間中にお越しください。周辺には複数の飲食
店があるので、昼食には困らないと思います。

 では、JR名古屋駅の新幹線出口から会場である昭和生涯学習センターまで地下鉄を利用する場合、
以前に撮った写真を交えて案内します。

 新幹線北口・南口いずれの改札口でも、目の前に地下鉄桜通線乗り場への階段がありますので、
そちらを降りていきます。


 階段を降りると正面に改札があります。各種交通系ICカードも使えますが、改札から振り返ると
切符の券売機もあります。


 ちなみに名古屋駅から会場最寄り駅の御器所(ごきそ)駅までは地下鉄桜通線で8駅目、運賃は
240円です。改札を入ってさらに階段を下りるとホームに着きます。


 列車は徳重(とくしげ)行きにご乗車ください。日中は10分間隔で運転しています。


 地下鉄の乗車時間は15分程で御器所駅に着きます。エスカレータ等で上がり、北改札口を出て
ください。


改札を出て左にしばらく歩くと、左側に地上へ出る3番出口が見えてきます。


 階段を上がりそのまままっすぐしばらく歩いて行くと、恵方町バス停の後ろに「昭和生涯学習センター」の
看板が見えてきます。


 看板のとおり左に曲がり、しばらく歩くと左前方に昭和生涯学習センターの赤い建物が見えてきます。
建物に入り、階段かエレベータで2階に上がってください。いずれも2階について左側に行くと、会場の
和室があります。


 終了後は全国大会前夜イベント会場である愛知県産業労働センター(ウィンクあいち)まで再度
地下鉄で移動し、周辺の飲食店で少し早目の夕食を食べ、18時からの前夜イベント開場を迎える
ことになると思います。

 全国大会への参加を予定されている方は、ぜひ香龍会へのご参加も計画していただきますよう、
よろしくお願いします。 
コメント

全国大会前夜イベントの情報

2017年07月09日 | 詰将棋
 全国大会まであと1週間となりましたが、元水さんから前夜イベントの情報を入手しましたので、
今までに決定していた事項と併せて発表します。

【日付】平成29年7月15日(土)
【場所】愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 小ホール1
【開場、受付】18:00~18:30
【講義】18:30~21:20
【閉会】21:30
(各講義の間に10分の休憩があります)
【講師、講題】
・鈴川優希「美学・藝術学の視点から現代詰将棋を俯瞰する」
・久保紀貴「連続合の研究(仮)」
・香龍会「詰将棋解説、解答支援ソフトの紹介と提案(仮)」
【参加費】500円
  
 当日の日中は15時半まで香龍会も開催しますので、こちらにも多くのご参加をお待ちしております。
(場所は異なりますが)
コメント

彩棋会に行ってきました

2017年07月02日 | 詰将棋
 昨日、彩棋会に行ってきました。
 当日の札幌はとても蒸し暑く、からっとした空気を期待していた私は最寄の駅から歩いてくる
だけで大汗をかいてしまいました。
 会場に入るとクーラーの調節をされていた参加者の某氏から、とある作品集をいただきました。
どうもありがとうございます。
 今回はTwitterの予告どおり小池さんが初参加されました。実は少しの間ですが昔北海道に
お住まいになっていたことがあるとのこと。それでもこの暑さには驚いておられたみたいです。
 さて、今回もいつものように集まった課題作を大盤で操作しつつ鑑賞していきました。実は今回
北海道にゆかりがあり、彩棋会にも過去参加されたことがあるという或氏から初投稿があり、
採用する運びとなりました。決して初投稿だから甘くみて、というわけではなく、作品としても
すばらしいものでした。それにしても以前は佐藤孝さん高津さん摩利さんといった作家が必ず
課題作を投稿していたのに、ここ最近は投稿作が少なくなり寂しいと幹事の佐藤正さんは嘆いて
おられました。私も結局課題作は出来なかったので申し訳ありません。
 その後は初参加の小池さんもいらっしゃるということで全員で自己紹介しました。そのときたまたま
隣の部屋で指し将棋をしていた現在10歳の齋藤さんもこちらの部屋に入ってこられたので自己
紹介をお願いしました。将来はプロ入りも考えているということで、今後の期待大です。
 引き続き須藤さんから三重県在住の香龍会常連Yさんからの依頼ということで、全国大会イベント
用のアンケートの依頼がありました。こちらは今からでも決して遅くありませんので、会合に
参加しない人もご協力よろしくお願いします。念のため以前掲載した記事のリンク先を案内して
おきます。
全国大会イベント「クイズ100人位に聞きました(仮)」のアンケート協力依頼
 後は課題作の改良案を考えたり、須藤さんから詰パラ編集秘話をうかがったり、いろいろな
よもやま話に花が咲きました。
 では、恒例の記念写真です。

前列左から國吉、北村、後列左から松田、須藤、佐藤、中矢、古関、小池、渡辺の各氏です。
 16時くらいにお開きとなったのですが、その後須藤さんと小池さんとでススキノでお茶をしました。
半時間くらい歓談して、須藤さんとは2週間後の香龍会でお会いする約束をしてお別れしました。
 その後は宿泊組の小池さんとさらにドイツビールで夕食を共にしました。ビール好きの私はビールや
料理もおいしかったのですが、小池さんの解答選手権ウラ話や、お互いの詰将棋に興味を持つきっかけ
などの話で酔いしれました。その小池さんとも2週間後の香龍会でお会いする約束をして地下鉄で
お別れしました。
 次回の彩棋会は11月11日(土)開催予定で、課題は「5筋に3枚以上の駒配置がある作品(攻方・
受方を問わず)」とのことです。
コメント