詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第328回
平成30年11月11日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第329回
平成30年12月9日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室

職場の異動は・・・今回もありませんでした

2017年03月28日 | 詰将棋
 昨日職場の異動発表があったのですが、私の異動はありませんでした。もし土日も出勤する
部署に異動したら香龍会の世話人をどうしようかと思っていたのですが、鳥越九郎でした。

…という内容を去年の今頃載せましたが、今年も全く同じで、今の部署にいること丸7年を過ぎる
ことになりました。ということで4月9日の香龍会は参加できそうですが、4月22日の詰とうほくは
イベントに伴う仕事で欠席することになりそうです。
コメント

駿棋会に行ってきました

2017年03月21日 | 詰将棋
 3連休真ん中の日曜日、駿棋会に行ってきました。
 今回は常連の横山さんがお休みで、解答選手権初級戦一般戦静岡会場のお手伝いもできない
とのこと。そこで、大橋さんと元水さんとでスタッフとしていろいろと打ち合わせをされていました。
静岡会場は30人から40人くらい入ることができるそうですが、まだまだ余裕があるとのことです。
名古屋会場や他の会場も含めて、皆様お誘いあわせの上ご参加をお待ちしております。(と言い
つつ私は毎年所用で欠席しておりすみません)
 幹事の元水さんですが、解答選手権チャンピオン戦の東京会場にエントリーされたとのことです。
真の目的は全国大会前日のイベントについてお願いに行くことだそうですが、参加するからには
上位入賞を期待しています。
 その後は静岡県ということで詰パラ今月号のかめぞうさんの作品を解いたりしました。三人寄れば
何とやらで、大学級の手数ですがどうにかこうにか解くことが出来ました。
 引き続き話題になりそうな作品を解いているところに吉岡さんがお越しになりました。青春18
きっぷで普通列車に乗っている途中に列車から異音がしたため、結局1時間くらい遅れたとのこと。
まあ私自身も遅延することは幾度も経験していることなので、仕方ないですね。
 その後大橋さんが先にお帰りになり、元水さんと吉岡さんと会話されているのを聞いていましたが、
座り心地のいい椅子に腰かけているうちに、ついうつらうつらと居眠りしてしまいました。ふっと
目覚めるともう帰る、というか宿泊先のホテルに行く時間になったので、お先に失礼しました。
コメント

第308回香龍会報告

2017年03月15日 | 詰将棋
【日時】平成29年3月12日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】岩本修、鈴木康夫、関半治、服部彰夫、堀内真、水谷創、三輪勝昭、元水信広、吉岡真紀、
 山村信太郎(10名)

 久しぶりに水谷さんがお越しになりました。今日はお隣の部屋で指し将棋をされているみたいです。
小学校採用予定作でこの手は無駄合か有効合かと質問されましたが、私自身もともと解答者の
目線なので、解いてみるとちょっと気になる合駒です。しかし人によっては気にならないという人も
いるでしょうし、面白い手順をお蔵入りしてしまうのも残念です。こんなとき全詰連規約担当者の
ご意見をうかがいたいところです。
 その後三輪さんがお越しになったのですが、お隣の部屋が連珠の会ではないことがわかると、
部屋を探しに向かわれました。結局香龍会では名簿にお名前と会費だけいただいてしまう形と
なり、どうもすみません。
 元水さんが青春18きっぷで九州を一周された帰りということでお越しになりました。おみやげの
生キャラメルごちそうさまでした。
 服部さんが、今日は本来指し将棋の会だけど、詰将棋解答選手権初級戦一般戦名古屋会場用の
賞品にと、雑誌の付録などをたくさん持参されました。中には必至の作品が掲載された冊子もあり、
みんなで考えたりしました。詰将棋のように王手王手と考えるのとは違って、その都度王手なのか
詰めろの手なのか、考える手にも奥行きがあり3手5手であっても考える量が詰将棋とは違うような
気がします。服部さんは来月の香龍会は予定がたくさんあって参加できないとのこと。日程調整が
うまくできず申し訳ありません。その後服部さんは本来の指し将棋の会に向かわれました。
 服部さんと入れ替わるような感じで堀内さんが、詰将棋解答選手権初級戦一般戦名古屋会場用の
チラシを印刷してお越しになりました。これを名古屋駅前で配って…というのは冗談ですが、お隣の
部屋に何枚か渡されていました。私も数枚いただきましたが、果たして配布できる機会はあるので
しょうか。
 その後は必至問題を解きながら雑談に花が咲きました。
 では、なんやかんやあって参加者の割には少ないのですが、恒例の記念写真です。(今回は
少しだけ大きくしてみました)

左から元水、堀内、鈴木、関、山村の各氏です。撮影時カーテンを開けたり閉めたりして時間が
かかってしまい申し訳ありません。
 二次会はファミリーレストランに。全国大会のアトラクションなどについて話し合いました。
そういえば4月の香龍会の後に全国大会会場や懇親会会場の下見は行えるのでしょうか。

▼次回の香龍会(第309回)
【日時】平成29年4月9日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)
 4月9日の次は5月21日(日)に開催します。当初予定の5月14日は既に部屋が予約済み
でした。
コメント

3月12日(日)の香龍会案内

2017年03月08日 | 詰将棋
 ここ最近は仕事の予定がなかなかはっきりせず、結局先日行われた彩棋会も欠席しました。
しかし香龍会が開催される来週の日曜日だけは2ヶ月前から予定を開けており、今から参加が
楽しみです。右側にあるこれからの開催予定にも掲載していますが、再度案内を載せておきます。

【日時】平成29年3月12日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)

 合間に解答選手権初級戦一般戦の名古屋会場や詰将棋全国大会に向けて、いろいろと打ち
合わせを行うかもしれません。スタッフとしてお手伝いできる人はぜひご参加をお願いします。
コメント

私の短編コンクール全短評

2017年03月03日 | 詰将棋
 詰パラ3月号に結果稿が掲載されている短編コンクールですが、私が解答時に書いた短評の
うち、結果稿で掲載されなかった分を紹介します。

1.6手目の表記で誤解させる狙いか。
2.玉方に三桂の守りがあっても詰まぬことなし。
3.合駒の香を取らずに取らせるのがいい。
4.あっ、こっちも合駒に取られる手筋だった。
5.2手目13玉は変同と勘違いしそう。
6.ソウ玉をソウ使うとは。
7.15の金を取ってしまうと失敗。
8.2手目51玉の変化がいいけど56飛の配置が残念。
9.龍の各駅停車。
12.ク→ミ⇒9+3=12番ということか。
13.ずっと飛を捨てているような感じ。
14.さすがに角は残りましたか。
15.角の大阪環状線。初手は天満から打つのが正解。
16.忘れたころにやってくる二丁飛車。
17.捨駒は初手だけなのに、この手がやりにくい。
18.3手収束が意外と盲点。
19.2度の75馬捨ての間に龍が85へ。
20.徹頭徹尾両王手を狙う。
21.初手が分かれば後は玉を下段に落とせ。
22.角の回転ジャンプ。
23.ハバ、ナイスデー。
24.6手目の合駒は斜めに利く駒の希望限定かな。
25.角が離れていくような手が心理的に指しにくい。
26.2手目同飛の変化がいいですね。
27.持駒歩じゃなくて香なのになぜか感心。
28.意外と見えなかった収束3手。
29.絶対23銀不成迄と思ったのに。
30.ポツンと75香がヒント。
31.玉を56にやって、また46に戻すのがいい。
32.変化でも「金はトドメに使え」
33.さすが「奔龍」の作者。
34.銀合をすぐ取ると奉納。
35.金をどんどん打っていくのがやりにくい。
37.逃げる変化に少考。
38.暗算で解けた自分をほめてあげたい。
39.あれっ、中合を素直に取った。
40.9手詰に持駒5枚ですが、こんな楽しい手順ならば許します。
41.34金が狙いの一手ですね。
42.ちょっと手がつけにくかったけれど、つけると楽しい手順。
43.タ○リ俱楽部のようなきれいな尻金。
45.不成で桂が跳んでいくのが印象的。
46.それミタカと言わんばかりの大駒捨て。
47.4手目すぐ桂を取ってしまいそう。
48.二度の22金捨てが印象に残る。
49.逆王手にもあわてないあわてない。
50.最後の最後まで変化がややこしい。

 自分の短評を読んでいると、改めて解けたときの感動を思い出してきました。
コメント