詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第331回
平成31年2月24日(日)13時~16時過ぎ 2階第1集会室
▼第332回
平成31年3月24日(日)13時~16時過ぎ 2階第1集会室

とり研に行ってきました

2016年09月19日 | 詰将棋
 先週の土曜日、鳥取県米子市で開催されたとり研に行ってきました。
 7月の全国大会に参加していない人へ、ということで「中四国詰将棋作家一局集」をいただき
ました。内容は全国大会後の香龍会で見せてもらいましたが、まさか現物をいただけるとは思って
いませんでした。どうもありがとうございます。
 山路さんの玉方の駒を翻弄するという作品を解きましたが、翻弄する駒を合駒で出すまでに
まず一苦労しましたし、後の手順も見事にその駒が翻弄されていました。ところでいつぐらいから
「翻弄」という言葉が詰将棋用語?として一般的になったのか話題になりましたが、少なくともよく
使われるようになったのは中村さんの看寿賞作品あたりからかなあということになりました。
 山路さんからは別の作品も見せていただきましたがこれがまた素晴らしく、「今年中に発表されると
看寿賞連続受賞か」といった声が上がるほどの作品でした。
 上谷さんから「これは無駄合か」という作品を見せてもらいましたが、合駒されたときの手順が
本手順と異なるので、やはり有効合かなあという結論になりました。皆さんで修正案を考えましたが
変化手順との関係もありちょっと難しそうです。
 その後小林さんの作品を解こうとしたのですが、これがまた全然詰みません。さすが激辛の
作品を作るだけあります。ヒントを何回かもらいつつ解き進めましたが、どうしてこうもうまく手が
入るのでしょうか。皆さん感心することしきりでした。
 あまりに今までが濃い内容だったから短編でもということで梶下さんが作品を並べられたのですが、
こちらもなかなか詰みません。筋は見えるものの手順の組み合わせが複雑で、解けたと思っても
本当に正解か何度も確認してしまいました。そろそろお開きとなってもまだ解けていない某さんは
その後解けたのでしょうか。
 それでは、私のブログ恒例の記念写真です。

前列左から小林、山路、梶下、後列左から山田、上谷、柳原、真島、石黒、小池の各氏です。
 山路さんから冬の帰省している間にまた香龍会に参加したいということで、1月の香龍会は8日
(日)の予定で行うことになりました。丁度3連休の真ん中なので遠方からのご参加もお待ちして
います。
 最後にお菓子が大量に残ったということで、私もつかみどりでお菓子をいただきました。次回は
もっと大きなカバンで来ますね。
 二次会も参加したかったのですが、翌日所用のため高速バスで帰りました。心地よい疲れで
大阪までの3時間半ほとんどの間ZZZ状態でした。
コメント (2)

次回彩棋会の日程

2016年09月18日 | 詰将棋
 彩棋会幹事の佐藤さんからメールがあり、次回の彩棋会は11月5日(土)の13時から、札幌市
中央区にある北海道将棋会館の2階で開催されるとのことです。
 前々日の3日には岡山で詰備会が開催されるので、この2つの会合をどのように参加するのか、
あるいは参加しないのか、今から詰将棋の創作解答以上に頭を悩ますところです。(私だけかな)
 なお、彩棋会の課題は「作意17手以内の作品」です。
コメント

第302回香龍会報告

2016年09月13日 | 詰将棋
【日時】平成28年9月11日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】池田俊、岩本修、岡本正貴、鈴木康夫、関半治、桃燈、鳥本敦史、服部彰夫、堀内真、
 三輪勝昭、吉岡真紀、吉松智明(12名)

 部屋の準備をしていると吉松さんがお越しになりました。全国大会用の幕を引き継ぎで渡しに
来られたとのこと。ご持参されたカバンを私のものと間違えて開けてしまい大変失礼しました。
 まずは鳥本さんから大道棋宛に投稿のあった作品を見せていただきました。結局かなり奉納した
ように思います。
 続いて三輪さんから藤井新四段を記念した組曲を見せていただきました。藤井さんは愛知県
出身ということで皆さんの期待の度合いも違います。しかし後から調べるとある作品にどうやら
変同があるみたいです。しかし三輪さんのことだからすぐ修正されることでしょう。
 それから服部さんの作品や池田さんの作品も見せていただきました。
 服部さんの作品は解後感がすっきりして気持ちがいいのですが、逆に服部流の難解作でないのが
少し心配です。もしかしたら解答選手権用に現在秘かに創作中なのかもしれません。
 池田さんの作品は大学院級の作品で、しかも変化紛れが複雑なので解説しながら手順を進めて
いただきましたが、それでもなかなか理解するのは難しいそうです。その池田さんは指し将棋も
強豪ですが囲碁もやるとのことで、三輪さんがご持参されたスマホのアプリと対戦されていました。
 その三輪さんは途中からお隣の部屋で開催されている連珠の会に向かわれました。ちなみにその
お隣でやっておられる連珠の会のホームページを紹介しておきます。最近の写真には三輪さんの
お姿も。
東海連珠会
 服部さんがある人から「詰将棋順位戦を解いていたら1手詰があったけれど正しいか」と尋ねられた
そうですが、「それは何かの間違いだ」ということで、正しい配置を考えたけれどうまくいかなかった
とのこと。確かにそのように考えるのも無理ありませんね。
 16時になって久しぶりに吉岡さんがお越しになりました。参加費は免除しましたが参加者名簿の
ほうに「名前を書いてください」とノートを出すと「名前」と書かれてしまいました。
 それでは恒例の記念写真です。三輪さんはお隣の部屋に、吉岡さんは遠慮されたので写って
いません。 

前列左から岡本、関、服部、堀内、吉松、後列左から桃燈、鳥本、池田、鈴木の各氏です。
 二次会は10名になりましたが、いつものファミリーレストランへ。指し将棋界のこと以外にも
競馬、プロ野球、サッカーの話題などで盛り上がりました。

▼次回の香龍会(第303回)
【日時】平成28年10月23日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)
 10月23日の次は11月13日(日)に開催します。結局翌週の20日は既に部屋が予約済み
でした。
コメント

9月11日(日)の香龍会案内

2016年09月07日 | 詰将棋
 9月になったものの私の住んでいる奈良県ではまだまだ蒸し暑い日が続いていますが、次の
日曜日は愛知県名古屋市で月1回の香龍会が開催されます。右側にあるこれからの開催予定
にも掲載していますが、再度案内を載せておきます。

【日時】平成28年9月11日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)

 当日に11月の部屋の予約を行いますが、今のところ13日(日)にするか20日(日)にするか
迷っています。もしどちらか希望がありましたらコメント等でご連絡をお願いします。
コメント

合宿は中止

2016年09月06日 | 詰将棋
 前回の香龍会報告で10月の例会前に合宿を行いますと書きましたが、事前に香龍会メーリング
リストで参加希望やその他要望等についてのご連絡をお願いしたものの、どなたからも連絡が
なかったので、今回は開催を見送ることにしました。
 もし事前に参加を予定されている人がいらっしゃったら申し訳ありません。また機会があれば
開催したいと思いますので、その節はよろしくお願いします。
コメント