詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第330回
平成31年1月13日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第331回
平成31年2月24日(日)13時~16時過ぎ 2階第1集会室

来年起こってほしい香龍会重大ニュース

2015年12月31日 | 詰将棋
 年末には毎年この1年の香龍会重大ニュースを書いてきましたが、今回は来年起こって
ほしい香龍会重大ニュースを書いておきます。

第5位:作品集がベストセラーに
 平成25年に出版した香龍会作品集『翼』が急にベストセラーになり、増刷に次ぐ増刷で、
執筆者は夢の印税生活に。

第4位:伊勢志摩サミットで香龍会が紹介
 詰将棋という知的文化を発展させてきたということで、全世界に香龍会が紹介されました。

第3位:結婚祝賀詰ラッシュ
 詰パラで毎号のように香龍会常連メンバーの結婚祝賀詰が発表され、創作するメンバーは
嬉しい悲鳴をあげていました。

第2位:300回記念作品展の作品が看寿賞総ナメ
 香龍会第300回記念作品展で発表した作品が看寿賞の中編賞や特別賞などを総ナメに
しました。(本来看寿賞がわかるのはその翌年ですが・・・)

第1位:300回例会で丁度300人が参加
 会場が手狭なため急きょホールを借りたりするなど大わらわでした。

 鬼でも笑わないようなことばかり書きましたが、せめてこれらに少しでも近いことが実現
できたら、と思います。

 それでは、来年も香龍会へのご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。そして、初めての
人や久しぶりの人もぜひ例会にお越しください。
コメント

詰パラ1月号が到着

2015年12月30日 | 詰将棋
 月曜日の28日、詰パラ1月号が到着しました。(その前日の詰工房で近藤さんに見せてもらい
ましたが)
 大学院の担当に吉田さんが、デパートの担当に馬屋原さんと大崎さんが新たになられました。
大崎さんは以前大学院を担当されていましたが、誌面に新しい風を吹き込んでくれることを期待
しています。
 今回の重箱の隅は目次から、「通巻618号」「28ページが2つ」です。
コメント

詰工房に行ってきました

2015年12月28日 | 詰将棋
 昨日、詰工房に行ってきました。
 近藤さんから某書店で購入されたという出来立てホヤホヤの詰パラ1月号を見せていただき
ました。早速何を見たかというと「会合案内」で詰四会の開催日程及び場所を調べようとしたの
ですが、・・・載っていません! 確か11月のWFPに1月24日と書いていた記憶があるのですが、
詰四会参加予定の近藤さんに尋ねると来嶋さんにメールしていただきました。やはり1月24日に
ユープラザうたづにて開催との返事があり、ほっと一息。
 安達康二さんの作品集『夢の車輪』の編集委員会事務局で、会社で同じ将棋部だったという
黒川さんがお越しになり、安達さんの横顔や作品集の紹介などしていただきました。私も早速
その場で『夢の車輪』を1冊購入しました。
 加賀さんから、最近はQばか詰ばかり創作しており、また作品集を出すので気に入った作品
だけでもいいから寸評が欲しいとの依頼を受けました。二つ返事で了承しましたが、こちらも
完成が楽しみです。
 15時になり例によって春霞賞候補作などを田中さんのプレゼンで見ていきましたが、毎回
スクリーンを使っての紹介なので、たいへん勉強になります。特にその場に作者がいらっしゃると
創作秘話なども聞くことができるので、詰工房参加の楽しみのひとつです。
 本当は二次会まで参加したかったのですが、翌日(つまり今日)仕事があるため、少し早めに
退出しました。果たしてあの人数で二次会に行けたのでしょうか。
コメント

次回彩棋会の日程

2015年12月21日 | 詰将棋
 彩棋会幹事の佐藤さんからメールがあり、次回の彩棋会は来年3月12日(土)の13時から、
札幌市中央区にある北海道将棋会館の2階で開催されるとのことです。
 3月26日新函館北斗までの新幹線開業に伴い廃止される夜行列車のカシオペアで行きたいの
ですが、一番安い部屋でもツインの個室なので、誰か一緒に行く人いないでしょうか。それよりも
まず切符が取れないでしょうねえ。私も過去2回ばかりカシオペアに乗ったことがあるのですが、
いずれもキャンセル待ちで切符を手にしたという記憶があります。誰と一緒に行ったのかは、
・・・内緒にしておきましょう。
 なお、彩棋会の課題は「攻方作意手順に駒取りがあること」だそうです。
コメント

第293回香龍会報告

2015年12月15日 | 詰将棋
【日時】平成27年12月13日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】岩本修、内田昭、岡本正貴、鈴木康夫、関半治、桃燈、服部彰夫、堀内真、元水信広
 (9名)

 外壁補修工事が行われると聞いていた会場の中村生涯学習センターですが、近づくとまだ
工事が行われておらず、センターに入ると工事の日が12月21日からとのポスターが。

 センターの隣にコインパーキングもありますが、満車であることも多いので、できましたら地下鉄
などの公共交通機関をご利用ください。
 関さんがご自宅から持参されたいろいろな将棋の駒や、朝日アマ準優勝のときの将棋ジャーナルを
見せていただきました。
 関さんは将棋の駒もに詳しく、この駒の書体はナニナニと即答されているのには驚きました。
 将棋ジャーナルには朝日アマに出場された皆様の写真が掲載されていましたが、関さんもW島
さんもお若いですね。そういえば昔の詰パラに私と関さんが一緒に写っている写真が載っていた
ことを思い出し、帰ってから調べると平成2年8月号でした。(今見ると私も痩せていましたなあ)
ジャーナルの詰将棋欄も丁度その頃活躍されていた人たちが入選されてましたが、その中に宇佐見
さんのお名前がありました。阪神大震災でお亡くなりになったということで、阪神大震災や東日本
大震災当日の話題になりました。私自身前にも書きましたが、この2つの地震のことについて忘れる
ことはないでしょう。
 お隣のシマでは、内田さんのプルーフゲームを考えておられましたみたいです。それにしても
初形の配置(いわば上の「詰将棋の会合 香龍会」と書いている横の図の状態)からウンウンと
考えている姿は、指し将棋をしている人から見たら変に思われるでしょうね。
 詰将棋のほうは、桃燈さんや岡本さんが自作を並べておられました。私も某氏の結婚祝賀詰の
解答や来年の年賀詰の創作をしようと思っていたのですが、気が付いたらもう終了間際でした。
 では、恒例の記念写真です。

前列左から岡本、関、堀内、内田、後列左から元水、服部、桃燈、鈴木の各氏です。
 二次会では300回記念作のことが話題に。もし「ヨ」の曲詰があったら周りの状況によっては
「3」に見えるということで、まずはアルファベットの「E」を作ってそこから左右反転しようという
ことになりました。(すみません多少脚色が入っています)

▼次回の香龍会(第294回)
【日時】平成28年1月10日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)
 1月10日の次は、2月7日(日)に開催します。
コメント

12月13日(日)の香龍会案内

2015年12月09日 | 詰将棋
 ここ最近仕事が忙しくてブログの更新ができずすみません。
 さて、来週の日曜日は12月の香龍会例会日ですが、青春18きっぷが使える時期なので、
遠方の方も18歳でない人も永遠の17歳の人もぜひお越しください。(ちなみに青春18きっぷは
1月の例会日である10日もぎりぎり使えます)右側にあるこれからの開催予定にも掲載して
いますが、再度案内を載せておきます。

【日時】平成27年12月13日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)

 先日も書きましたが、センターの外壁補修工事により駐車場が使用できないため、お越しになる
際は地下鉄などの公共交通機関のご利用をお願いします。
コメント (2)