詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第330回
平成31年1月13日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第331回
平成31年2月24日(日)13時~16時過ぎ 2階第1集会室

詰パラ11月号が到着

2015年10月31日 | 詰将棋
 今日、詰パラ11月号が到着しました。
 若島さんの「夢想の研究」や近藤さんの「『らんぶる』の時代」など、今回は読み物が充実して
いますね。これからじっくり読んでいきたいと思います。
 会合案内では詰工房、駿棋会、香龍会の3か所が案内されていますが、それ以外に彩棋会が
作品展出題稿の中で、詰備会が結果稿の中で案内されています。それにしてもどちらも同じ
11月7日開催とは・・・。もし両方参加するという人がいたら褒めてあげます。
 今回の重箱の隅は、目次で42ページが2つある、です。
コメント

マグボトル

2015年10月25日 | 詰将棋
 今日は詰工房の開催日でしたが、仕事が忙しくて東京へ行く計画を立てる暇もなく、この前も
仙台まで出掛けていたので、今回は不参加です。(多分年内の参加は無理かも)
 さて、仕事といえば永年勤続ということで先日こんなマグボトルをいただきました。
 
ぱっと見たら「全連」が「全詰連」に読めたので少しびっくりしました。(「全連」は全国連合ナントカ
協議会の略です)
コメント

第291回香龍会報告

2015年10月20日 | 詰将棋
【日時】平成27年10月18日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】岩本修、内田昭、岡本正貴、鈴木康夫、関半治、DJカートン、桃燈、服部彰夫、
 三輪勝昭(9名)

 詰とうほくの後は福島県の郡山駅前にあるビジネスホテルに泊まり、翌朝始発の普通列車を
途中黒磯で乗り継いで東京に向かい、新幹線で名古屋入りしました。
 いつもの第2和室に入ると畳が新しく入れ替えられていて、イグサのいい香りがしてきました。
やっぱり畳の新しいのと(以下自主規制)。
 今回は服部さんやDJカートンさんなど少しだけご無沙汰されている方がお越しになりました。
 桃燈さんが服部さんに、今月詰パラに掲載されているとある作品同士が似たような構成なの
ではと尋ねられたら、一方の作品は投稿してから1年半くらい経っているので、没になったと
思っていたとのことです。どの作品同士かは今のところ内緒にしておきましょう。
 その桃燈さんからご自身の作品に出てくる合駒が無駄合かどうかを皆さんに尋ねておられ
ました。私も見たところ感覚的には有効合だと思うのですが、説明するとなるとなかなかややこし
そうです。
 三輪さんから香龍会300回記念作のあぶり出し「00」の作品をいただきました。あと
元水さんには「3」の作品を、DJカートンさんには初形香と龍が並んだ作品を、鈴木さんには
香と龍の手順が入った推理将棋の創作よろしくお願いします。(他人任せばかりですみません)
 さらにその三輪さんからいろいろと作品を見せていただきました。関さんを中心に作品を
解いていきましたが、やはり関さんの解図力は素晴らしいですね、創作をはじめ本格的な復活を
期待しています。
 その間にプロ棋界や競馬などの話題に。さすがにこちらは私にはついていけません。
 では、新しい畳と一緒に恒例の記念写真です。

前列左から岡本、服部、関、内田、後列左から桃燈、三輪、鈴木、DJカートンの各氏です。
 私は詰とうほくからの移動でさすがに疲れたため、そのまままっすぐ帰りました。後のメンバーは
二次会に行かれたのでしょうか。

▼次回の香龍会(第292回)
【日時】平成27年11月15日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)
 11月15日の次は12月13日(日)に開催します。
コメント

詰とうほくに行ってきました

2015年10月18日 | 詰将棋
 昨日、詰とうほくに行ってきました。
 今回は沖さんが山形出張のついでに参加されました。新幹線が開通したので、富山から大宮
経由で山形にお越しになり、仙山線で仙台入りされたとのことです。
 さて、いつも通り佐原さんや利波さんからいろいろな過去の詰棋書やコピー本を見せてもらい
ました。
 佐原さんが某古書店で購入されたという戦前の詰棋書?を見せてもらいましたが、説明では
「妙手説」が書かれてあったりして、当時の詰将棋感を垣間見る思いがしました。
 利波さんが持ってこられた雑誌「将棋賛〇」の詰将棋欄のコピーについては、丁度私が詰将棋に
興味を持つ頃にその雑誌が終了したみたいで、私も現物を見たことはありませんでした。それに
しても一昔前はいろいろと将棋の雑誌が出ていましたね。
 あとは利波さんや沖さんの作品を解いたり、そのコピー本の中の作品を解いたり、パラに
掲載されている作品を解いたりして過ごしました。実は私自身今月号の詰パラを見るのも久し
ぶりで、話を聞いて改めて詰パラを読み直したりしていました。
 言われるまで気がつきませんでしたが、実は詰パラの会合案内では場所が「震災復興記念館」と
なっていましたが、原稿誤りで正しくは「戦災復興記念館」という名前でした。ということで、看板の
前で恒例の記念写真です。

左から石川、浦壁、佐原、市島、利波、尾形、沖の各氏です。
 二次会はバスでいつもの仙台駅前の居酒屋チェーン店に。今回も私は少し早く店を出ないと
いけないため、少し早くお茶漬けを注文したのですが、結局はいつも通り慌てて食べることと
なりました。
 次回は来年1月30日(土)開催予定とのことです。
 それでは、本日開催の香龍会もよろしく。
コメント (1)

10月18日(日)の香龍会案内

2015年10月14日 | 詰将棋
 今日は鉄道の日ですが、いつも鉄道の日と将棋の日が近くて似たような日なので、いつも
混同してしまいます。(私だけかもしれませんが)
 さて、今度の日曜日は1ヶ月ぶりの香龍会開催日です。右側にあるこれからの開催予定にも
掲載していますが、再度案内を載せておきます。

【日時】平成27年10月18日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)

 皆さんも鉄道を使って香龍会へのご参加をお待ちしております。
コメント

まだまだある例の名前の店へ

2015年10月11日 | 詰将棋
 昨日、H島県O竹市にある例の名前の店に行ってきました。
 
 
 以前行ったことのある同じH島県のK市にある店と同じ系列店のようです。
 実はH島県H島市内にも同名の系列店がまだあるみたいですので、こちらにも機会があれば
また立ち寄りたいと思います。
コメント

次回駿棋会の日程

2015年10月06日 | 詰将棋
 駿棋会幹事の元水さんからメールがあり、次回駿棋会の開催日は11月29日(日)の13時から
17時までで、いつもの会場であるグランシップの1004会議室で予約をされたとのことです。
 そういえば駿棋会生みの親である王泉さんはお元気でしょうか。
 
 
コメント