詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第329回
平成30年12月9日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第330回
平成31年1月13日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室

詰パラ11月号の重箱の隅

2014年10月31日 | 詰将棋
 10月号はいろいろあった重箱の隅ですが、11月号で今のところ見つけたのは1つだけ。
「■原稿から■■貼り付け■」
これは重箱の隅初級編ですが、「今では知る人も少ない?」と書かれているだけあって、
私も正解は知りません。(詰パラ編集部の皆様、すみません)
コメント

詰パラ11月号が到着

2014年10月30日 | 詰将棋
 今日詰パラ11月号が到着しました。
 10月号の会合案内のコーナーではなぜか香龍会のことが掲載されなかったため、今回真っ先に見たのは
やはり会合案内のページでしたが、・・・掲載されていることを確認して「ホッ」。いつもは1段分(22行)に
まとめるようにしているのですが、今回はいろいろあったので気にせず2段分くらいは使ってしまいました。
 それから香龍会作品展も今回出題されましたが、こちらも図面をチェックして「ホッ」。呈賞は2名ですが、
解答者が多ければ追加も考えますので、多数の解答をお待ちしております。
コメント

今月と来月の詰工房は欠席

2014年10月25日 | 詰将棋
 今月の詰工房は明日開催とのことですが、詰将棋ではない別のイベントに行こうかと
考えており、すみませんが欠席します。
 来月も木村さん式守さんに会いに行く予定ですでにチケットを用意したため、こちらも
欠席します。
 既に年末までの休日もいろいろな予定でほぼ埋まりつつあるのですが、果たして来年の
年賀詰を作る余裕はあるのでしょうか。
コメント

「羊の詩第6集」第2版が完成

2014年10月23日 | 詰将棋
 加賀さんから「羊の詩第6集」の第2版が完成したとのことで、先日送られてきました。

 仲西さんの序文や、解答に私の1行コメントや詰パラ掲載時の短評が第1版から追加されて
います。そして加賀さんの詰将棋に対する思い、そして人生に対する思いの言葉も込められて
います。その思いは第1版の時にも書きましたが、作品について考えた手順や詰め上がりを
無理せず楽しんで表現されていることからも共感できます。
 第2版は20部のみの作成で、11月の詰工房にお越しになったフェアリーファンに
差し上げるとのことです。
 「第3版があるのなら300作にして発行したい」とのことなので、続編も楽しみにしています。
コメント

詰アルプスと香龍会の開催場所クイズ

2014年10月21日 | 詰将棋
 早速クイズですが、詰アルプスの開催場所はどこでしょうか。
1.長野県
2.スイス
3.甲子園(アルプススタンドから)
ここ最近は
4.北海道
という選択肢も出てきました。
 続いて、香龍会の開催場所はどこでしょうか。
1.名古屋市中村生涯学習センター
2.発電所(こうりゅう→交流から)
3.拘置所(こうりゅう→拘留・勾留から)
こちらも
4.そんな会合はない
という選択肢だけは避けたいものです。
 先日の香龍会でも少し話題になり、私自身も以前からこのクイズを考えていたので
今回出題してみました。(詰アルプスのT井さん、ごめんなさい)
コメント

第279回香龍会報告

2014年10月19日 | 詰将棋
【日時】平成26年10月19日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室
【参加者】岩本修、内田昭、岡本正貴、神谷護流、鈴木康夫、関半治、筒井浩実、DJカートン、服部彰夫、
 堀内真、松さか子、水谷創、三輪勝昭、元水信広(14名)
 詰パラに会合案内が掲載されなかったので、住所のわかる常連の方にはがきを出したりして、果たして
参加者が集まるのかどうか心配していましたが、結果として多くの方にお越しいただき、感謝感激です。
 内田さんも5カ月ぶりの参加ですが、いつも盤駒を3組持参していただくので、本当に助かっています。
(私は荷物の都合上1組持参するのが精一杯なもので)あと服部さんからフェルト生地での盤を寄贈して
いただきました。どうもありがとうございます。
 DJカートンさんがどうぶつしょうぎの本将棋版の盤駒を出され、松さんの徳島新聞出題作を並べたり
したのですが、別の意味で全く感覚がつかめません。水谷さんが来られたので、先日行われたテレビ将棋の
棋譜をこの盤駒で並べたのですが、やっぱり感覚がつかめません。その時の模様です。

詳しくはDJカートンさんのブログで紹介されることでしょう。よろしくお願いします。
DJカートン.mmix
 もちろんちゃんと字の書かれた駒(というのかな)で、水谷さんや三輪さんの作品を中心に鑑賞もしました。
 奥のほうでは内田、岡本、関の各氏で先月に引き続き渡瀬荘次郎作品集の解題が行われていたようです。
 では、いつもの記念写真を。

前列左から岡本、服部、内田、堀内、後列左から元水、筒井、関、岩本、三輪、鈴木、水谷、DJカートンの
各氏です。なお神谷さんと松さんは撮影拒否(?)のため、神谷さんに撮影してもらいました。
 二次会は10名でファミリーレストランに行きましたが、今回私は切符の都合上時間のかかるJR関西本線で
帰らないといけないため、昨日の詰とうほくと同じく、皆さんと少しだけ早くお別れして帰途につきました。
▼次回の香龍会(第280回)
【日時】平成26年11月9日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】200円(学生無料)
 11月9日の次は、土曜日ですが12月13日で予約しました。
コメント

詰とうほくに行ってきました

2014年10月18日 | 詰将棋
 今日詰とうほくに行ってきました。
 今朝は新潟から普通列車を乗り継いで仙台に来ましたが、陸羽西線や仙山線も山のほうは色づいてきており、
車窓から紅葉を楽しむことが出来ました。
 さて、今回の開催場所は初めてのところでしたが、いつも通りの雰囲気でした。
 市島さんからプレ短コンの作品を見せてもらいましたが、久しぶりに詰将棋を解いたので、全然手が
見えません。ようやく解けたときはなぜかほっとしてしまいました。
 あとは石川さんの作品や、尾形さんのフェアリー作品を解いたりして過ごしました。
 石川さんの作品を利波さんと一緒に解いて、というより利波さんが解いているのを横で見ていましたが、
簡素な形から合駒がいくつも出てくるので、結構読みのいる作品といった印象を受けました。
 尾形さんの今月のパラに掲載されているフェアリー作品は余詰かも、とのことでした。
 それでは、会場の部屋前で記念写真です。
 
左から尾形、市島、石川、佐原、利波、浦壁の各氏です。
 二次会はバスに乗って仙台駅前のいつもの店に。私は都合により1時間弱くらいでお先に失礼しました。
 次回は1月24日開催予定とのことです。
 では、明日の香龍会もよろしく。
コメント

10月19日の香龍会案内

2014年10月15日 | 詰将棋
 詰パラ10月号の会合案内には掲載されませんでしたが、香龍会は今月もあります。
右側にあるこれからの開催予定にも掲載していますが、再度案内を載せておきます。
【日時】平成26年10月19日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、
    運賃は200円です)
【会費】200円(学生無料)
 当日名古屋では名古屋まつりが開催されます。名古屋城などの施設が無料開放されるほか、
パレードなども行われるみたいです。ぜひ見学のついでに香龍会にもお越しください。なお、
栄付近は交通規制が行われますので、クルマでお越しの方はご注意ください。(香龍会会場
付近は大丈夫です)
コメント (3)

明日は鉄道の日

2014年10月13日 | 詰将棋
 実はこの連休中例の名前の店に行こうと計画を立てていたのですが、台風接近のため、切符や
宿泊も含めて予定をキャンセルしました。
 さて明日は鉄道の日ですが、鉄道関係の詰将棋というと、護〇さんの駅名シリーズの命名や、
駒〇さんの「内房2号」(だったかな)が記憶にあるくらいです。そういえば「スイッチバック」という
用語も、鉄道のほかに最近では詰将棋の用語としてもときどき使われるようになりましたね。
 私自身も詰将棋と鉄道(というか時刻表)好きのため、あちこちの会合参加のついでに鉄道旅行を
楽しんでいます。
コメント

月蝕と十三夜

2014年10月08日 | 詰将棋
 今日は皆既月蝕ですが、2日前は十三夜でした。「13」ということで、以前全国大会第13回を記念して
初形「13」の詰将棋を作ったことを思い出しました。

手順は詰む将棋なのですが、初形13、手数13手、使用駒数13枚という趣向です。
 ところで、伊藤さんの看寿賞作品「月蝕」はやっぱりすごい作品ですね。
コメント