詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第329回
平成30年12月9日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第330回
平成31年1月13日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室

自己紹介

2013年09月26日 | 詰将棋

 ここ最近特に書くことが無いので、以前いただいた徳島新聞詰将棋好作選製作者座談会

「とーくつめ」の自己紹介の項目をお借りして、遅まきながら私も自己紹介をしたいと思い

ます。(もちろん本編同様?に、多少の冗談も混じっています)

・呼称 : 岩本 修

・職業 : 香龍会の世話人みたいなこと

・出生地/生育地/居住地 : 奈良県大和郡山市(愛知県名古屋市ではありません)

・血液型/星座/利き腕 : A型/おうし座/右だと思うが、右手の爪を切るときだけ左(昔

 金子〇志さんが似たようなことを書いていたような)

・出身学部/履修外国語 : 詰将棋部会合参加学科/香龍会で名古屋弁を学んでいます

・得意科目 : 昔は安南ルール

・詰将棋歴 : 詰パラは中学2年生から購読

・受賞歴/棋戦優勝など : 今の職場に通算7年いたということで表彰してもらった

・好きな作家 : うすいさちよ

・好きな棋士 : 同じ昭和45年生の羽生さんや森内さんなど

・好きな駒 : 昔近代将棋からいただいた王将駒(今も香龍会に持参しています)

・得意戦法 : あちこちへの会合参加

・好きなアニメ : うすいさんの少女マンガ(アニメではないが)

・今一番気になる声優 : 昔は深夜のアニラジを聴いていたのですが、最近は早寝早起き

 なもので、あまり知りません

・お気に入りのキャラクター : ボーとアル

・贔屓の球団 : 国鉄

・好きな観光地 : ビール工場

・好きな動物 : やっぱり若くてきれいな女性のヒト

・カラオケの十八番 : 宗谷岬

・理想の上司 : 酒井克彦さんや服部彰夫さん

・愛読書 : 一昔前の時刻表

・座右の銘 : 桂あってもまず打つな 金はとどめに使うな

・徳島といえば? : 県内だけなら徳島線、鳴門線、牟岐線、それから鍛冶屋原線

・自由記入欄 : 香龍会にぜひお越しください

コメント (1)

会費

2013年09月21日 | 詰将棋

 今のところ香龍会に参加した人から会費として300円いただいていますが、特に会則等で

300円ということが決まっているわけではありません。(まあ会則自体元々ありませんが)

実は会場として使っている部屋代が1200円というところから、最低4名の参加者がいれば

元が取れるという考えからで、参加者が5名以上いた場合の残額分は1年か2年毎ぐらいに

詰パラに出題する香龍会作品展の賞品代にしたり、全国大会の寄付金に当てたりして

います。ちなみに会費が200円から300円になったのは前担当者のときで、丁度そのとき

部屋代が800円から1200円になったからと記憶しています。

 さて、そのように集めている会費ですが、ここ最近嬉しいことに参加者が増えてきており、

通帳にプールしている余剰金も徐々に増えつつあります。そこで、前回の記事の最後にも

載せましたが、11月の例会から会費を200円に戻したいと思います。

 あわせて、今までナイショで高校生以下は無料としていましたが、これを機会にこちらも

11月から正式に「学生無料」にしたいと思います。結果として大学生も無料になりますが、

さらに若手の参加者が増えるようになればという期待を込めての措置です。「学生」と

いってもいろいろな学生さんがいらっしゃるでしょうが、そこらへんは各自の定義にまかせ

ます。ちなみに名前が「学 生」さんでも無料にしたいと思います。(ペンネームはダメですよ)

 追伸 明日の詰工房は欠席します。ようやく秋風が吹いて涼しくなってきたのですが、

懐具合も涼しくなってきたもので。

コメント

第266回香龍会報告

2013年09月15日 | 詰将棋

【日時】平成25年9月15日(日)13時~16時過ぎ

【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室

【参加者】岩本修、内田昭、神谷護流、関半治、筒井浩実、DJカートン、服部彰夫、堀内真、

松さか子、松本仁志、水谷創、三輪勝昭、元水信広(13名)

 台風が近づいているということで参加者がいるかどうか心配していたのですが、久しぶりの

DJカートンさんや、詰アルプスでおなじみの筒井さんや松本さんが遠路はるばるお越しに

なり、いつも以上に盛り上がりました。

 DJカートンさんからは旅行に行かれたという四国みやげと、筒井さんからは長野みやげを

いただきました。お二人ともどうもありがとうございました。その筒井さんに次回詰アルプスの

日程について尋ねると、予定通り11月9日開催とのこと。やはり彩棋会と重なってしまい

ましたか…。

 さて、私は松本さんが並べる某作品集の作品を関さんと一緒に解いたり、松さんが持って

こられた新人?の作品を鑑賞したりしました。新人といっても龍追いや小駒図式で50手越え

の作品など、とても新人とは思えないうような出来栄えにびっくりです。

 15時頃から全員の自己紹介を行い、その後全国大会の結果報告を元水さんからして

もらいました。予想以上の参加者数で収支としては黒字になったとのことです。あとその

黒字になった分の使い道について幾つか意見が出たので、詳細はまた追って考えていく

ことになりそうです。

 あと、今月詰パラで出題されているアマ連杯握り詰の解説は、予定通り堀内さんが行う

ことになりました。また、全国大会当日記念詰将棋として出題した作品については、とても

このままにしておくのは勿体ないということで、詰パラに掲載を依頼するとのことです。

 それからアトラクションで行った解答競争の作品については、全出題者の了解が取れた

みたいなので、また鈴木康夫さんにWeb上での出題をお願いしたいと思います。

 それでは、途中で退席された服部さんと三輪さんを除くメンバーで記念写真を。

9gatureikai

前列左から関、内田、後列左から松、DJカートン、神谷、筒井、松本、元水、堀内、水谷の

各氏です。神谷さん、お写真を強制してすみません。

▼次回の香龍会(第267回)

【日時】平成25年10月20日(日)13時~16時過ぎ

【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室

     地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル 地図はこちら

     (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は

     200円です)            

【会費】300円

 なお、10月20日の次は11月23日(土・祝)に開催します。いつもと異なり土曜日で、

しかも詰工房と重なってしまいすみません。それから香龍会の会費も多少余剰金がでて

きたので、11月の例会から会費を200円にしたいと思います。

コメント (4)

9月15日の香龍会案内

2013年09月11日 | 詰将棋

 今度の週末は3連休という人も多いかと思いますが、3連休の真ん中に当たる日曜日は

香龍会の開催日になります。右側にあるこれからの開催予定にも掲載していますが、再度

案内を載せておきます。

【日時】平成25年9月15日(日)13時~16時過ぎ

【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室

    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル

    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目です)

    地図はこちら    

【会費】300円

 3連休ということで、遠方の方もぜひお越しください。もちろん近くにお住まいの方も参加

大歓迎です。

コメント

次回の詰アルプスは欠席

2013年09月06日 | 詰将棋

 9月14日は詰アルプスですが、その日は前から予定が入っているため欠席します。

 あと、その次の11月も通常でしたら第2土曜日なので9日になると思いますが、その日は

既に彩棋会開催が決定しており、現時点ではどちらに参加するのか、はたまたどちらにも

参加しないのかは未定です。だからといって詰アルプスの日程変更をお願いしても11月は

会合ラッシュなので、参加できるかどうかは分かりません。

 ちなみに11月に開催される各地の会合開催日をHP等で確認すると、3日(日)が詰備会、

9日(土)が彩棋会、16日(土)が臨時九州G(開催未定)、23日(土)が詰工房、24日(日)

が駿棋会です。

 そういえば香龍会も11月はいつ開催するのか、それともいっそ開催しないのか、非常に

悩ましいところです。

コメント

詰パラ9月号が到着

2013年09月02日 | 詰将棋

 今日詰パラ9月号が到着しました。

 ヨチヨチルームで小笠原隆治さん、ヤン詰解付きコーナーで青木みどりさん、そして

デパートで吉村達也さんの作品が出題されています。皆さん詰将棋を愛し、解答者からも

愛された方たちでした。改めてご冥福を祈りたいと思います。

 幻想咲花さんへ、全国大会のレポートありがとうございました。参加していない私でも

雰囲気が充分伝わってきました。ところで解答競争で出題した全作品ですが、今度の

香龍会で全作者の了承が確認できれば、鈴木さんにお願いしてWeb上で公開することを

考えていますので、乞うご期待ください。

コメント