詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区鳥居通3-1-3)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は210円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第341回
令和元年11月10日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第342回
令和元年12月8日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室

詰パラ4月号到着

2012年03月31日 | 詰将棋

 今日詰パラ4月号が到着しました。

 1月号に出題された香龍会作品展の結果稿が掲載されています。(解説お疲れさまでした)

出題時にもふれましたとおり、全短評については明日以降順次発表していく予定ですので、

楽しみにお待ちください。

 ところでデパート出題稿の図面の線ですが、端の線が上下と左右で太さが違っていたり、

中の縦線が二重線だったりしています。私は乱視になったのかとつい目を凝らしてしまい

ました。暗算で解く人にとってはさぞかし解き辛いでしょうね。(それほどでもないか)

コメント

チャンピオン戦の応援と次回駿棋会の日程

2012年03月27日 | 詰将棋

 実は日曜日昼過ぎまでの仕事が終わった後、大阪の解答選手権チャンピオン戦の応援に

行ってきました。香龍会でおなじみの筒井さんや水谷さんが選手として参加されると聞いて

いたので、とりあえず控え室に入ってみると、スタッフとして来られていた水上さんや山田

嘉則さんと久しぶりにお会いすることができました。

 その後しばらくしたらなぜか吉岡さんの姿が。お互い「何でここにいてるの」と言い合ったの

ですが、その吉岡さんに次回駿棋会の日程についてうかがうと、6月24日とのこと。また

詰工房と重なっているのですが・・・。

 その後競技が終わって筒井さんや水谷さん、そしてこちらも久しぶりの濱田さんともお会い

することができました。作品解説の間私は則内さんと一緒に採点のお手伝いをすることに。

スタッフも含めて皆さんお疲れ様でした。

 その後私は2次会にも参加したのですが、他の皆さんは私が誰だか不審に思っていた

ことでしょう。

コメント

詰アルプスの詳細なレポート

2012年03月24日 | 詰将棋

 長野県将棋情報サイト管理人さんからのコメントにもありますように、先日開催された

詰アルプスの詳細なレポートが、松本さん(北部遠征師団長さん)によってサイトに掲載されて

います。

長野県将棋情報サイト

サイト内の更新情報「探検!詰アルプス(秘境の魔術師達を追え!)」からご覧ください。私も

とある課題作を創作中で苦悩している姿が写っております。

コメント

2012年03月23日 | 詰将棋

 今日は1日中雨とのことですが、詰将棋の会合においてあまり晴れか雨かは関係ない

でしょう。むしろ香龍会の日は雨のほうが、服部さんのゴルフや橋本さんのソフトボールが

中止になり、予定変更で例会に来ていただけるので歓迎していたくらいです。もちろん鉄道が

不通になるくらいの大雨なら困りますが。

コメント

駿棋会に行ってきました

2012年03月18日 | 詰将棋

 今日駿棋会に行ってきました。 

 先週の香龍会に引き続き松本から遠路クルマで来られた筒井さんと洞江さん、途中の

山梨から同乗されたという石黒さん、そして地元の横山さんと元水さん、それから私の計6名

というのは駿棋会史上今世紀に入ってから最多人数とのことです。

 普段は特に課題もないということで、洞江さんが持ってきた某プロ棋士の3手詰の作品を、

他のルールでも詰むかどうかということを考えることにしました。もちろん普通のルールならば

一目ですが、同じ図を安南ルールで詰まそうとすると、玉の頭にある歩の守りが強力だった

り、玉が大駒の上に乗っかって遠くへ逃げようとするので、なかなか詰まなかったりします。

中でもネコネコルールはこれで詰みと思ったら、合駒や対駒ならぬネコ駒?を打って逃れ

たり、王手と思った着手が実は王手ではなかったりして相当楽しむことができました。

 途中横山さんからデコポンの差し入れをいただきました。どうもありがとうございました。

 今回も私は青春18きっぷで来たので、帰りは東静岡駅発15時前の列車に乗らなければ

ならず、2時間ほどで皆さんとお別れすることになりました。(これでも帰宅は先週の香龍会と

同じ21時過ぎです)その後参加者は増えたのでしょうか。

コメント (1)

詰アルプスと香龍会参加前後の行程

2012年03月15日 | 詰将棋

 3月10日の詰アルプス及び3月11日の香龍会に行ってきたことについては書きましたが、

その前後のどうでもいいような行程のことについて書いておきます。(ブログにアップする

記事がないもので・・・)

1日目(3月9日)

  3月10日は松本、3月11日は名古屋へ行くため往きと帰りとでコースを別にしようと

 考え、金曜日だが仕事を休んでこの日から出発する。青春18きっぷで始発電車に乗り、

 京都から東海道線に乗り換え、岐阜から高山線に乗車。途中の飛騨金山で下車し、駅から

 少し歩いて温泉に入浴。今頃みんな仕事しているかなあと考えながらのんびり湯船に

 浸かる。温泉を出てからは駅に戻り引き続き高山線に乗車。峠越えあたりから雪が深く

 なる。途中で一瞬だが野生のサルの群れが車窓に出現。薄暗くなり始めた頃富山着。

 市内はさすがに雪は積もっていなかった。

2日目(3月10日)

  富山から北陸線で東に進み、糸魚川で大糸線に乗り換える。実は糸魚川から南小谷

 までは雪崩の危険性があるとのことで3月27日までバス代行となっている。代行バスには

 地元の人をはじめスキーで白馬方面に行く人、松本方面へ抜ける旅行中の人たちで計

 10名くらい乗車していた。バスは途中の駅に寄って行くが特に車内放送もなく、乗降が

 無いと止まることなく駅を通過していくことも。また、途中の駅近くで止まっていると同じく

 代行バスとすれ違った。後で時刻表を調べると列車でもその駅ですれ違うことになって

 いた。ただ、すれ違ったバスはなぜか満員で、列車だと少しは余裕があるのになと思う。

 結局バスはほぼ列車のダイヤ通りに南小谷に到着。南小谷から先は松本行きの列車に

 乗り換える。スキー場や仁科三湖を眺めていたら雪も少なくなり松本に到着。お昼前なので

 駅そばを食べたが、さすがそばどころだけあっておいしかった。

3日目(3月11日)

  松本から中津川行きに乗車。車窓から一瞬しか見えず、雲がかかっていると見えない

 御嶽山も、雪をかぶったきれいな姿を見ることが出来た。中津川で名古屋行きに乗り

 換える。途中で中央高速道が見えるが、ひょっとしたらあの中に筒井さん達の乗った

 クルマが走っているかもしれないなあと考える。その後香龍会に少し遅れてきた

 筒井さんは、春日井まで来て名古屋市内に入ろうとしたら、マラソンのため市内が通行

 止めになっており、大きく迂回してきたため遅れたとのこと。二次会後いつもは18時25分

 発の近鉄特急に乗車するのだが、今回は青春18きっぷのため18時4分発のJR関西

 線に乗車。途中亀山、加茂、奈良と乗り換えて21時過ぎに家の最寄り駅に到着。詰将棋と

 鉄道旅行を満喫した3日間だった。

コメント

第248回香龍会報告

2012年03月11日 | 詰将棋

【日時】3月11日(日)13時~

【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室

【参加者】岩本修、内田昭、杉山哲也、筒井浩実、洞江元太、深和敬斗、堀内真、

      三輪勝昭、元水信広(9名)

 今回は杉山さんと深和さんが初めて参加されました。また、私も含め筒井さんと洞江さんと

元水さんは昨日の詰アルプスに引き続いての参加です。

 以前のコメント欄で深和さんが過古の作品集や詰パラが読みたいとおっしゃっていたので、

今回筒井さんや三輪さんが何冊か持ってこられました。中には私が持っていない作品集も

あり、私もつい読みふけってしまいました。お二人ともどうもありがとうございました。

 それから、三輪さんや深和さんが私の持ってきたノートパソコンでいろいろと自作の検討を

されていました。最近の会合において柿木将棋は必須アイテムとなりつつありますね。

 私はというと、昨日からの課題作を引き続き部屋の端でああでもないこうでもでもないと

こねくり回して、ようやく成案らしきものができました。あとは採用されるか否かですが。

 杉山さんも時々しか詰パラの解答をしていないとのことでしたが、無駄合か有効合かと

いった結構コアな内容の作品にも興味を示されていました。杉山さんも深和さんもこれに

懲りずにまた参加してください。

 東日本大震災から丁度1年ということで、地震発生の14時46分には会場の中村生涯

学習センターの合図で全員1分間の黙とうを行いました。

 では、恒例の記念写真です。

 

左から、深和、内田、三輪、杉山、筒井、洞江、堀内、元水の各氏です。

 二次会には5名が参加。元水さんと筒井さんには来週の駿棋会でお会いしましょうと言って

お別れしました。 

▼次回の香龍会

【日時】4月22日(日)13時~16時過ぎ

【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室

    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル

【会費】300円

 なお、4月22日の次は、5月20日(日)に開催します。

コメント

詰アルプスに行ってきました

2012年03月10日 | 詰将棋

 今日詰アルプスに行ってきました。

 今回は宮城県から尾形さん、東京都から利波さん、静岡県から元水さん、三重県から

吉岡さん、奈良県から私と、遠方から多くの参加者がありました。今回も伝統ルールと

フェアリールールの作品がいろいろと交じり合っていたのですが、皆さんよく頭が混乱

しないものです。それと松本さんが長野県の将棋に関する記事を載せておられるという

ことで、いろいろと取材されていたのが印象に残りました。

 私はというと例によって部屋の片隅でとある課題作を創作していたのですが、後で

調べるときっちり余詰んでいました。それから吉岡さんにようやく自作分の香龍会作品集用

原稿を渡すことができましたが、物故者の方の分の原稿も書かないといけないので、

本の作成はもう少し待ってくださいね。

 吉岡さんが先に帰られるというので、ここで記念写真を。

Tumea

前列左から真島、洞江、小林、後列左から尾形、元水、吉岡、松本、かめぞうさん、筒井、

利波、岩本の各氏です。(写真をクリックすると大きくなります)

 2次会は前回と同じく近くの居酒屋チェーン店へ。さらに前回と同じく松本さんに小林さんの

フェアリー作品を解いてもらったのですが、今回も筋よくどんどん解いていかれたので、

指し将棋よりこちらの世界のほうが向いているのではないかということでみんなの意見が

一致しました。

 次回は5月12日開催予定とのことですが、部屋が2ヶ月前からしか予約できないため、

詳しくは5月号の詰パラを見てくださいとのことです。

コメント (2)

3月11日の香龍会案内

2012年03月07日 | 詰将棋

 2月の例会からまだ3週間しか経っていませんが、今度の日曜日が3月の香龍会

開催日です。サイドバーのこれからの開催予定にも掲載していますが、再度案内を載せて

おきます。

【日時】3月11日(日)13時~16時過ぎ

【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室

    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル

【会費】300円

 今回は常連の中で服部さんと吉岡さんが都合で欠席と聞いていますが、前回の2月以上に

多数の参加をお待ちしております。

コメント

もうすぐ同人作家のお二人

2012年03月02日 | 詰将棋

 詰パラ3月号において、長崎市の石川さんが入選99回になり同人入りまで後一歩と迫って

おり、日向市の佐々木さんもフェアリーランド登場97回ということで、こちらもフェアリー同人まで

もう一歩というところに迫っておられます。お二人とも次回の九州Gでは同人入りのお祝いが

できることでしょう。

 ところでフェアリーランドの佐々木さんの問題Dですが、日向市の前の「県市」って何で

しょうね。

コメント