詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区鳥居通3-1-3)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は9月までは200円、10月からは210円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第339回
令和元年9月15日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第340回
令和元年10月14日(月・祝)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第341回
令和元年11月10日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室

この1年の香龍会重大ニュース

2011年12月31日 | 詰将棋

 この1年香龍会でもいろいろなことがありました。私の独断と偏見でこの1年の香龍会重大

ニュースを発表したいと思います。

第4位:異常気象

 1月は大雪、8月は大雨で帰りが1時間も遅れてしまいました。どちらも前日別の詰将棋の

会合で遠方に行っていたので、家に着いたときはさすがに疲れました。

第3位:毎月開催

 以前は毎月開催していたのですが、参加者減等の理由から数年前から隔月開催となって

いました。しかし7月から再び毎月開催するように。

第2位:初参加者及び久しぶりの参加者がたくさん

 初参加者として3月水谷さん、7月吉田さん、8月嶋村さん、9月DJカートンさん、10月

石川さんが参加されました。久しぶりの人も多く参加され、ここ数年やや活気がなかった

香龍会ですが、今年は盛り上がったと思います。

 毎月開催や初参加者、久しぶりの参加者が多かった真の理由は第1位でしょう。

第1位:香龍会作品集制作に向けて始動

 これまで何度も立ち消えとなった香龍会作品集ですが、1月に吉岡さんから改めて制作

しようという話になり、この1年、原稿の募集を詰パラや当ブログで呼びかけてきました。

例会も毎月開催して原稿の募集要項を少しでも多くの人に渡せるようにしたり、参加を呼び

かけたりした結果、多くの人に募集要項をお渡しすることができました。原稿も吉岡さんの

ほうに多く来ていることと存じますが、まだ間に合うと思いますので、原稿を書かれていない

人はどうかよろしくお願いします。(実は私もまだなんです)

コメント (1)

詰パラ1月号到着

2011年12月30日 | 詰将棋

 今日詰パラ1月号が到着しました。

 長野県の会合の名称が「詰アルプス」に決まったとのこと。また、多摩地区の詰将棋の

会合ということで、「玉の会」(仮称)というのも発足するとのこと。どちらも1月14日開催と

いうことで、今後の活動が楽しみです。

 もちろん1月15日の香龍会への参加及び20ページ掲載の香龍会作品展への解答も

忘れないでください。

コメント

今年の会合参加

2011年12月26日 | 詰将棋

 今年もあとわずかになりました。6月にも中間報告(?)をしましたが、今年私が参加した

会合についてまとめてみました。

1月:9日九州G、15日詰とうほく、16日香龍会、30日詰四会

2月:19日詰工房

3月:13日香龍会

4月:29日詰工房

5月:8日詰備会、15日香龍会、22日詰工房

6月:4日彩棋会、19日詰工房

7月:10日駿棋会、18日香龍会

8月:7日詰四会、20日九州G、21日香龍会

9月:11日香龍会、17日彩棋会、23日詰工房

10月:23日香龍会

11月:6日駿棋会、13日詰備会、20日香龍会、27日詰工房

12月:3日彩棋会、11日香龍会

 先日、チケットショップで近鉄に乗車できる株主優待券を大量購入しましたので、来年も

香龍会を中心に各地の会合に参加したいと思います。

コメント

清水一男さんの言葉

2011年12月22日 | 詰将棋

 北村さんから頂いた詰パラのバックナンバーを寝る前に少しずつ読んでいるのですが、

昭和54年3月号(通巻277号)で当時中学校の担当者であった清水一男さんが、選題の

言葉で次のように書かれていました。

   交流しよう!

   詰将棋は一人で考え、楽しめるよさが原点でしょう。が、手紙で自作をソッと紹介したり、

  同好者がどこかで集って意見交換する……それは刺激的です。模範的なのが壮棋会の

  存在でしょう。各地でそんな輪がいくつかできないものか。さしずめ名古屋でも。

 この4年後の昭和58年に名古屋で香龍会が発足し、その後各地でも会合が開催される

ようになったのはご承知のとおりです。

 これを書かれた清水さんと香龍会でもっと意見交換したかったですが…。

コメント

次回の詰工房と九州Gは欠席

2011年12月19日 | 詰将棋

 来週12月25日の詰工房と、年が明けて来年1月8日の九州Gですが、いずれも仕事の

都合により欠席します。

 去年12月の詰工房では、いつもの居酒屋が忘年会シーズンのためいっぱいで、空いている

店を探すのに苦労した記憶があるのですが、今年はどうでしょうか。

コメント

今後作成しなければならないこと

2011年12月16日 | 詰将棋

 風邪もようやく治ってきましたが、なかなかのんびりする暇がありません。とりあえず今後

詰将棋関係で作成しなければならないことについて列記しておきます。

・香龍会作品集の原稿

・年賀詰

・斎藤さんの結婚祝賀詰

・九州Gの課題作(七色図式)

 正直九州Gの課題作までは手が回らないかもしれません。

コメント

次回駿棋会の日程

2011年12月12日 | 詰将棋

 香龍会で元水さんに次回の駿棋会の日程について尋ねたところ、3月18日(日)に開催する

とのことです。年度末なので忙しいとは思うのですが、青春18きっぷが使える時期なので、

都合がつけば参加したいと思います。

コメント

第245回香龍会報告

2011年12月11日 | 詰将棋

【日時】12月11日(日)13時~

【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室

【参加者】岩本修、牛田義秀、内田昭、鈴木康夫、堀内真、三輪勝昭、元水信広(7名)

 今回は短コンの作品や三輪さんの作品をみんなで解いたりして過ごしました。元水さんも

夏の節電による休日出勤も終わって久しぶりの参加です。その元水さんは鈴木さんと

怪しげな?駒で遊んでおられました。私は年賀詰を部屋の片隅で創作していたのですが、

さすがにその場で完成とはいきませんでした。作品集の原稿も内田さんと三輪さんから

預かったので、後日吉岡さんに送付したいと思います。

 実は先週末から風邪を引いてしまったので、例会終了後はまっすぐ家に帰ってきました。

他の皆さんは2次会に行ったのでしょうか。 

▼次回の香龍会

【日時】1月15日(日)13時~16時過ぎ

【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室

    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル

【会費】300円

 なお、1月15日の次は、2月19日(日)に開催します。

コメント

12月11日の香龍会案内

2011年12月07日 | 詰将棋

 今度の日曜日はいよいよ香龍会の順番です。私もこの香龍会が今年最後の会合参加と

なる予定です。サイドバーのこれからの開催予定にも掲載していますが、再度案内を載せて

おきます。

【日時】12月11日(日)13時~16時過ぎ

【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室

    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル

【会費】300円

 常連の方の出欠情報ですが、この前の駿棋会で元水さんから久しぶりに参加できると

聞いています。しかし、吉岡さんが都合で不参加なのと、服部さんもゴルフの予定で、天候が

良ければ不参加とのことです。(週間天気予報では今のところ当日は天候は良さそうです)

ただ、吉岡さんからは作品集の原稿の手渡しがあったら代わりに受け取っておくことと、

原稿を頂戴できるような参加者があれば作品集の募集要項を渡すようことづかっています

ので、作品集参加者を含め多数の参加を心待ちにしています。

コメント

彩棋会参加前後の行程

2011年12月05日 | 詰将棋

 12月3日の彩棋会に行ってきたことについては昨日書きましたが、その前後のどうでも

いいような行程のことについて書いておきます。

0日目(11月30日)

  仕事が終わってから一旦家に帰り、服を着替えて荷物を持って近鉄で一路名古屋に。

 こんな時に限って予定外の仕事が入ったりして慌てる。名古屋から夜行バスで仙台に。

 近畿圏からも仙台行きの夜行バスは出ているのだが、名古屋発のほうが期間限定で

 格安なのと、仙台到着が1時間以上早いのでこちらを選択。

1日目(12月1日)

  仙台に着いてモーニングをいただく。その後駅前の朝市をのぞくが、見たところ地震前と

 変わりなかったので少しほっとする。しかし見えないところではいろいろと大変なんだ

 ろうなと思う。仙台から次は八戸行きの高速バスに乗る。昼頃到着。銭湯で体をほぐした

 後はバスでおいらせ町の大山将棋記念館に。いろいろな棋士の色紙があり、中には

 詰将棋も。それから大山さんの似顔絵が表紙の詰パラも展示されていた。見学後は

 またバスに乗りこの日は三沢市で宿泊。

2日目(12月2日)

  十和田観光電鉄に乗車。確か乗車するのは3回目だと思うが、4回目はおそらく無いと

 思うので神妙な気持ちに。その後バスで八戸に戻り竜王戦の大盤解説会に。詰パラ表紙

 解説担当の人に出会うが、正直来ているのではないかとの予想が当たる。ただTシャツ姿

 ではなかった点は予想が外れる。将棋は渡辺さんのほぼ一方的な内容で、終盤少し

 丸山さんが盛り返したかなという感じだったが、逆転まではいたらなかったようだ。途中の

 次の一手出題が当たり、扇子をいただく。終了後は居酒屋に入り八戸名物せんべい汁を

 おいしくいただく。八戸からはフェリーで苫小牧に移動。そこそこ混んでいた。

3日目(12月3日)

  苫小牧から高速バスで札幌に移動。1日目と同じく到着後銭湯で体をほぐす。彩棋会に

 参加した後は近くのホテルに宿泊。天気が大荒れの予報とのことで、次の日帰れるか

 どうか心配する。

4日目(12月4日)

  チェックアウトすると外は小雨で、積もっていた雪が固まり滑りそうになる。ただ、すすきの

 から札幌駅までは地下道が通じており、快適に移動。前日にいただいた詰パラのバック

 ナンバーを郵便局で小包にして自宅に発送。その後恵庭市にあるビール工場を見学。

 ビールを2杯試飲し気分が良くなる。天候も回復し、ところどころ青空も。飛行機も無事に

 飛び関空に予定通り着陸。その後鉄道を乗り継いで家にたどり着く。楽しかった4日間

 だった。

コメント (1)