詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区鳥居通3-1-3)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は210円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第343回
令和2年1月12日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第344回
令和2年2月9日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室

日めくり詰め将棋カレンダー2012の作品掲載者

2011年09月29日 | 詰将棋

 LPSAのHPに日めくり詰め将棋カレンダー2012の作品掲載者が発表されました。

 掲載者の中には香龍会や他の会合に参加されている方のお名前もちらほらと見ることが

でき、私も1作送ったのがどうやら採用されたみたいです。

 皆さんの力作を見るのが今から楽しみです。

コメント

次回の彩棋会の日程

2011年09月27日 | 詰将棋

 今日松田さんから郵便が届き、次回の彩棋会は12月3日(土)の13時から、北海道

将棋会館2Fで開催されるとのことです。

 課題は開き王手のある作品とのことですが、そういえば以前「開き王手」か「明き王手」か

「空き王手」かといったことが話題になったような、ならなかったような…。

コメント

次回の詰とうほくは欠席

2011年09月25日 | 詰将棋

 次回の詰とうほくが10月22日に開催されるとのことですが、あいにくその日は先に予定が

入っており、残念ながら欠席します。本当は皆さんお元気かどうかお会いしたかったし、もしか

したら大崎市に引越しされた勇者ロトさんが参加されるかもと期待しているのですが。

コメント

詰工房に参加しました

2011年09月24日 | 詰将棋

 昨日、詰工房に参加しました。

 今回私は珍しく13時から参加し、前半は利波さんや森さんと一緒に、四百人一局集を

見ながら大正生まれや昭和初期生まれの人の思い出話に花が咲き、後半は石黒さんと

一緒に、吉田直嗣さんが考えられたある条件を満たしてステイルメイト局面を作るという

問題に頭を悩ませました。久しぶりにお会いした西さんも元気そうで何よりです。

 例会が終わる17時が近づくにつれ参加者も増え、その勢いで2次会も20人くらいが

参加することになったのですが、2次会でも詰将棋を解いたり、コンピュータ将棋の話を

したりして結局22時近くまで歓談しました。私は席の近くに座った山田さんや石黒さんに

香龍会作品集の原稿をよろしくと依頼しておきました。

Photo_2Photo

 左の写真が2次会から参加された菊田さんと石黒さん、右の写真が山田さんです。

 さて、今日は両国国技館に大相撲を見に行き、新幹線で帰る予定です。

コメント

大雨が心配

2011年09月20日 | 詰将棋

 彩棋会に行ったとき、皆さんに奈良県では土砂崩れ等で被害が出ているが私が住んでいる

ところは大丈夫なのかと聞かれましたが、被害が出ているのは奈良県でも南部のほうで、

私の住んでいる北部のほうは特に被害は出ていません。

 ところが今日は香龍会を開催している名古屋市で大雨の影響により川が氾濫する恐れが

あるとのこと。台風も近づいているみたいで、今後の状況が心配です。

コメント

彩棋会に参加しました

2011年09月18日 | 詰将棋

 昨日、彩棋会に参加しました。

 課題作は10作集まったのですが、今回ほとんどの作者が欠席されたので、彩棋会

名物の自作解説については、松田さんが代わりに解説されていました。

 早々に課題作の選考が終わった後は、皆さんそれぞれにいろいろと楽しんでおられ

ましたが、その中で高津さんと松田さんが小学5年生の武沢さんに指し将棋を挑んで

おられたのが印象に残りました。お2人ともひねられてしまいましたが、松田さんは終わった

後もずっと「あそこで飛を取っていれば…」と悔しそうでした。

 私は佐藤正さんに依頼して、香龍会作品集の選題用に物故者の出題全作品一覧を

送ってもらえることになりました。実は作品集に掲載する作品をどうやって選題しよう

かと思っていたので、大助かりです。

 佐藤孝さんが先に帰られたので、帰り際に残りのメンバーで集合写真です。

Photo

前列左から國吉、高津、後列左から私(岩本)、北村、松田、佐藤正、武沢(父)、武沢の

各氏です。

 結局やることもなくなり、いつもは18時過ぎに解散になるのが、16時過ぎに解散と

なりました。

 彩棋会の翌日(つまり今日)は支笏湖と洞爺湖をめぐりましたが、あいにくの雨模様で

景色ももうひとつでした。楽しみにしていた有珠山のロープウェーも強風のため運休との

ことです。その中で洞爺湖の近くにこのような地名を発見しました。

Photo_2 Photo_3

 後で調べると、「なるか」と読むそうです。

コメント

香龍会の発足について

2011年09月15日 | 詰将棋

 またまた飯田さんからお聞きしたことですが、私が知らなかった香龍会の発足のことに

ついて書きます。

 まず昭和56年に、柳原裕司さんや伊藤正さんらの春棋会のメンバーが名古屋に集まり、

会合が催されました。その後当時は東京(詰将棋研究会)と大阪(創棋会)でのみ会合が

催されており、鶴田主幹がいた詰パラの大本山である名古屋にも会合をという機運が

高まり、昭和58年6月に「詰将棋の集い」が再び名古屋で催されました。

 その場で今後も継続的に名古屋で会合を開催しようということで、名前を交流のしゃれで

「香龍会」と名づけ、8月に第1回香龍会が開催されました。いわば6月の詰将棋の集いは

第0回香龍会だったわけです。

 その後伊藤さんは関西に行かれ、柳原さんは詰パラの編集で忙しくなり、幹事を飯田さん

が引き継いだとのことです。

 もし書き間違いがありましたらご指摘をお願いします。それにしても柳原裕司さんは今

どうされているのでしょうか。

コメント (1)

馬場雅典さん

2011年09月14日 | 詰将棋

 この前の香龍会の2次会で、飯田さんから馬場雅典さんのことについて少しうかがい

ました。

 馬場さんといえば、誕生日が加藤徹さんと同じ昭和28年9月11日生まれで、私が

詰パラの購読を始めた年の昭和60年9月1日に亡くなられました。

 私はその頃パラの購読を始めてすぐでしたし、香龍会にもまだ参加していなかったので、

氏とは面識はありません。しかし、その後の追悼文で検討者として陰で大活躍されていた

ことや、作家や詰棋校の担当としても活躍されていたことを知りました。香龍会を隔月

開催から毎月開催に要望されたのも氏とのことです。

 飯田さんにうかがったったら、初期の頃に行っていた課題作の創作も、氏はほとんど

参加していたそうです。もともと身体が丈夫ではなかったとのことで、お亡くなりになった

ときは、香龍会の後飯田さんの運転するクルマでご自宅まで行き、線香をあげられた

そうです。

 実は以前物故者の親族あてに作品集掲載についての了解の手紙を出したものの、

あて所に尋ねあたりませんで返送されてきた1人が馬場さんです。せめて作品集には

お名前だけでも掲載して追悼したいと思います。

コメント

詰将棋の駒取り

2011年09月12日 | 詰将棋

 昨日の香龍会例会から、興奮冷めやらぬうちに覚えていることを書いておきます。

 嶋村さんの「駒取りって詰将棋では駄目なんですかねえ」という質問に、服部さんの答えが

「駒を取った後に意表の手があれば、解答者は駒を取ることを考えないので、意外性がある」と

いうものでした。さすが難解派の雄である服部さんらしいですね。

コメント

第242回香龍会報告

2011年09月11日 | 詰将棋

【日時】9月11日(日)13時~

【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室

【参加者】飯田繁和、岩本修、内田昭、酒井克彦、嶋村弘志、DJカートン、冨永晴彦、

 服部彰夫、松さか子(9名)

 飯田さんと酒井さんが久しぶりに参加されました。香龍会作品集の制作について声を

掛けたら来ていただきました。酒井さんは先月立ち寄った会場近くの雀荘での抜け番と

いうことで、わずかな間でしたが原稿の要綱をお渡しして、その時点で来られていた

飯田さんと内田さんを含めて記念撮影を撮りました。

P1040499

左から内田、酒井、飯田の各氏です。

 その後DJカートンさんが初参加。詰パラでの住所は札幌市になっていましたが、最近

仕事の都合で浜松市に引っ越してこられたとのことです。本名もお聞きしましたが、

ペンネーム希望のため秘密にしておきます。現在創作中の合駒問題や、詰パラ8月号の

新人コンクールの作品をみんなで解いたりしましたが、私はとある変化が詰まないと

錯覚していたので、大長考してしまいました。

 その間飯田さんから香龍会発足時のお話をいろいろとうかがったり、その当時の詰パラを

持参していただいたので、参考にメモを取ったりしました。こちらは追って報告します。

 11月の会場の予約をしている間に嶋村さんが帰られたのですが、また嶋村さんを含めた

写真を撮るのを忘れました。冨永さんも一足早く帰られるということで、慌てて記念撮影です。

P1040500

左から冨永、松、DJカートン、内田、服部、飯田の各氏です。

 2次会には、飯田、DJカートン、服部、松の各氏と私が参加。私は飯田さんに引き続き

香龍会発足当時のことについて取材をしました。

▼次回の香龍会

【日時】10月23日(日)13時~16時過ぎ

【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室

    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル

【会費】300円

 なお、10月23日の次は、11月20日(日)に開催します。

コメント (2)