詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区鳥居通3-1-3)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は210円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第342回
令和元年12月8日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第343回
令和2年1月12日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室

詰パラ7月号到着

2011年06月30日 | 詰将棋

 今日詰パラ7月号が届きました。

 読者サロンに香龍会作品集原稿募集のお願いについて載せました。(後日本ブログでも

掲載します)こちらにお名前のある方はぜひともご協力をお願いします。なお、お名前には

物故者の方や事務局サイドの分は除いてあります。

コメント

高槻から名古屋までの行き方

2011年06月25日 | 詰将棋

 7月17日の全国大会の翌日である7月18日に次回の香龍会を開催しますが、全国

大会の会場である高槻から、香龍会会場の名古屋までどのように行けばいいのか調べて

みました。

 まずJRの在来線のみで行こうとすれば、高槻駅10時16分発の長浜駅行き新快速に

乗れば、途中米原駅と大垣駅で乗り換えて12時43分に名古屋駅に着きます。

 ハイウェイバスだと、名神高槻10時28分発に乗れば、乗り換えなしで12時55分に

名古屋駅に着きます。ただ、バスのため到着が遅れるかもしれませんし、名神高槻の

バス停は高槻の駅から少し離れているみたいです。

 もちろん京都駅から新幹線を利用しても結構です。京都駅からでしたらJR東海

ツアーズが発売している「ぷらっとこだま」を使えば4,100円で名古屋駅まで行けます。

(なお、高槻駅から京都駅までの乗車券が別途必要ですし、ぷらっとこだまの申し込みは

乗車前日までです)

 皆様お誘いあわせのうえ、多数の参加を心よりお待ちしております。

コメント

今年の会合参加

2011年06月22日 | 詰将棋

 今年も半分が終わろうとしていますが、いったい今年どれくらい会合に参加しているのか

調べてみました。

1月:9日九州G、15日詰とうほく、16日香龍会、30日詰四会

2月:19日詰工房

3月:13日香龍会

4月:29日詰工房

5月:8日詰備会、15日香龍会、22日詰工房

6月:4日彩棋会、19日詰工房

 今年の残り半分も、香龍会を中心に各地の会合に参加したいと思います。

コメント

またまた詰工房に参加しました

2011年06月20日 | 詰将棋

 昨日、詰工房に参加しました。これで3ヶ月連続の参加です。

 もっとも参加するのはいつも夕方からで、今回も前回と同様15時半くらいまでは

浦安市にある某テーマパークに行ってきました。しかし前回と異なり今回は混雑しており、

外国人の観光客もちらほらと見かけました。

 さて、16時40分くらいに詰工房の会場に着いたら、加賀孝志さんから昔国鉄で使って

いたという南京錠をいただきました。私が鉄道好きということで時々レアなものをいただくの

ですが、今回も鍵がネジ式で、とても貴重なものをいただきました。加賀さん、どうも

ありがとうございました。

 そうこうしているうちに2次会へ。みんなでビールやウーロン茶を飲みながら利波さんの

作品を解いたりしていたら、もう帰りの新幹線の時間に。やっぱり日帰りは強行軍でした。

コメント

「京」の曲詰

2011年06月12日 | 詰将棋

 前回の香龍会の二次会で話が出た「京」の曲詰ですが、先日の彩棋会で作った作品を

帰ってから少しだけ改良しました。

 ただでさえ初形の駒数が多いのですが9手詰で統一したかったので、攻方の持駒は

なしとし、玉方はすべて駒取りにしましたが、それでも裁けた感じはしません。まあ作った

というだけです。

Photo

コメント

8月の香龍会日程

2011年06月11日 | 詰将棋

 香龍会作品集制作のため、7月以降は毎月香龍会を開催しようと考えています。

 そこで、次回の香龍会は全国大会翌日の7月18日(月・祝)ですが、その次の8月は

21日(日)に開催することにします。ちなみに場所はいつもの中村生涯学習センター3階

第2和室です。

 学生さんは丁度夏休み期間中だと思いますが、学生さんに限らず、また、作品集に

参加するしないにかかわらず、たくさんの参加を心よりお待ちしています。

コメント

彩棋会に行ってきました

2011年06月07日 | 詰将棋

 遅くなりましたが、6月4日(土)に開催された彩棋会に行ってきました。

 皆さんの簡単な自己紹介の後、いつものように集まった課題作を大盤を使って

鑑賞していったのですが、いつも来られている古関さんが今回は課題作も含めて

欠席されたのが少し気になります。みんなで作品を鑑賞した後、世話人の鶴の一声?で

採用作が決まるのですが、今回私の作品もお情けで拾ってもらうこととなりました。

 その後は各自自作の紹介や指し将棋に興じていました。私はというと部屋の隅で「京」の

初形曲詰を創作していたのですが、何とか完成し、佐藤正さんに検討してもらったところ、

「完全」とのことでした。こちらについては後日紹介します。

 その後夕方となり、私は北村さんと松田さんと食事をして歓談した後、解散となりました。

 ちなみに私は翌日バスで深名線を経由して、音威子府の駅そばを食べ、次の日は

宗谷岬をめぐりました。稚内で食べたバフンウニとたこシャブは絶品でした。

コメント

電池式の時計

2011年06月02日 | 詰将棋

 仕事場も含めて出かける際には必ず電池式の懐中時計を持っていくのですが、なぜか

北海道で2回電池切れになったことがあります。旅先で電池が切れると身動きをするのも

何かと不便ですし、知らない土地で電池交換している店を探さなければなりません。

 明日からトワイライトエクスプレスに乗って北海道の彩棋会に行きますが、今朝、出かけ

ようと時計を持ったら変な時間になっていました。幸い時間を合わせたらきちんと動き

ましたが、また北海道で電池が切れたらどうしようかと今から少し不安です。

コメント