詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

第282回香龍会報告

2015年01月12日 | 詰将棋
【日時】平成27年1月12日(月・祝)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室
【参加者】岩本修、内田昭、岡本正貴、鈴木康夫、服部彰夫、堀内真(6名)
 会場の受付に行くと「手紙を預かっています」とのことで、関さんから解答選手権初級・
一般戦の名古屋会場について仮予約した旨の伝言をいただきました。解答選手権については、
前年事務方を勤められた元水さん(こちらも今回都合により欠席)から事前にメールがあり、
その内容について岡本さんや鈴木さんと打ち合わせをしました。内容については後日メーリング
リストを使って報告及び確認をしていきたいと思います。
 服部さんが詰パラ入選200回を達成されたので、近々記念作品展を催されるそうです。
その作品展用の作品を見せてもらいましたが、服部流の読みの入った作品で、感心すること
しきりでした。
 その服部さんも最近はプロ棋士と二枚落ちや飛車落ちの将棋を指されているとのことで、
いろいろと研究手順を披露していただきました。
 お隣のシマでは指し将棋の初形の局面を前に考えておられました。知らない人が見たら
初手から何を考えているのだろうと疑問に思うかもしれませんが、どうやら推理将棋を
考えていたみたいです。
 二次会は名駅まで出て鈴木さんと服部さんとで居酒屋へ。引き続き服部さんの指し将棋の
話題で盛り上がりました。
▼次回の香龍会(第283回)
【日時】平成27年2月15日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は
    200円です)
【会費】200円(学生無料)
 2月15日の次は、3月15日(日)で予約しました。


コメント   この記事についてブログを書く
« たま研に行ってきました | トップ | 阪神大震災から20年 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。