詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

羊の詩第6集の感想

2014年09月23日 | 詰将棋
 フェアリー特別同人の加賀さんからお手紙が届き、加賀さんの作品集の集大成となる「羊の詩第6集」の
第2版を、私の寸評を入れて発行したいとのこと。実は7月の詰工房でご本人から初版をいただいた際にも、
すべての作品でなくてもいいから寸評を、と依頼を受けていました。
 そこで今回改めて作品を鑑賞していったのですが、作品全体の感想としては、考えた手順や詰め上がりを
無理せず楽しんで表現されているなといった印象を受けました。詰工房作品集「アトリエ」でも少し書き
ましたが、やはり加賀さんの朗らかな性格が作品にも表れていると思います。
 寸評については私の好きな安南ルールを中心にちょっと気になった作品だけですが、後日お送りしたいと
思います。Nさんの序文もあるということなので、第2版も楽しみにしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 明日の詰工房は欠席 | トップ | 香龍会の記事が載っていない!! »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。