詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

「香龍会作品展」補足

2019年07月21日 | 詰将棋
 詰将棋パラダイス7月号に掲載されている香龍会作品展は現在解答募集中です。ヒントになるかどうかわかりませんが、若干の補足をしておきます。

【1番】
 唯一本名での出題ですが、投稿図では53も55も「王」になっていて、どちらがどちらの向きか分かりません。出題図は私の推測です。(そんな大層な)

【2番】
 ペンネームの由来は好きな手品師の名前から、読みは「べべらはじめ」とのことです。序盤の攻防は見ごたえがありますし、会の名前にも某球団の名前にも入っているあの駒が大活躍します。

【3番】
 初形よく見ると香龍総出になっています。お名前の読みは「まいるももか」ですが、作者はどんな名前でもこの住所だとすぐ正体がわかるなあとおっしゃっていました。お名前プラス手数で果たして幾つになるでしょうか。

【4番】
 投稿当時は浜松市ですが、現在は札幌市在住です。出題時にも書いた通り75・65・55の駒で「香龍会」を表している「一発芸」作品とのことですが、飾り駒はありません。ただ逃げ方がどちらでもいいという非限定については、どうかお許しください。

 当選の賞品は詰棋書の予定です。そこで、賞品発送のために解答時はご住所と、ペンネーム使用の場合は本名もお書きいただきますようお願いします。
コメント   この記事についてブログを書く
« 第337回香龍会報告 | トップ | 8月4日(日)の香龍会案内 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。