詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

香龍会作品展全短評1番DJカートンさん作

2015年02月01日 | 詰将棋
 それでは、詰パラ2月号に結果稿が掲載されています香龍会作品展の全短評を順次掲載して
いきます。出題図や手順については省略しますので、よろしければ詰パラ2月号を片手に
岡本さん渾身の解説と一緒にご覧ください。(結果稿は75ページから79ページです)
 では、1番のDJカートンさん作からどうぞ。

鈴木彊-上部脱出封じの24金14飛に続き33銀から44馬が急所。収束も飛で決まる。攻め
 駒が見事に働いている。
谷口翔太-王の脱出口は34の地点、これを阻止するには? 以下、巧みに駒を捌いて11飛成、
 これで気分は最高です。
原田雄二-24金、14飛、32桂成と必然の手で迫るが、心地よい攻め手順です。
竹中健一-24金と33銀は覚えておきたい基本手筋ですね!
三宅周治-玉を下段に追って守備駒を壁にする手順が上手い。
千葉等-楔の飛を収束で活躍させる訳だ。
水野修-必死に逃げ道を探す玉がコミカルです。
中沢照夫-攻駒の気持ち良い捌き。
詰山解道-味方駒総動員の大捕物。
占魚亭-狭い範囲ながらも、なかなか手強い。
☆「流れるような」という言葉が入った短評です。
小山邦明-流れるようなきれいな手順で気持ちが良い。
川島敏嗣-流れるような手順。3二桂成捨てから3三銀捨てが好手。
☆次は「リズム」が入った短評です。
山路大輔-桂成捨て、銀捨てのリズムがいいですね。
山下誠-全局を通して、4拍子の心地よいリズムを感じる。
☆1番の出題としては、
藤井美大-好形なので取り組んでみました。ようやく解けました。
原科佐登己-解図意欲をわかせる好作。
須川卓二-簡単だけど解きたくなる初形。1番バッター最適。
佐藤司-この手数で客寄せ、これぞ1番にふさわしい作です:11月16日解図
☆好評で何よりです。
加賀孝志-収束の遊び手が気になる作。詰上りが分かるから。
中嶋智志-どちらかの大駒が捌ければさらに良かった。
松澤成俊-終わりにいくにしたがって尻すぼみでまさに竜頭蛇尾。でも頭が竜ならいいか(笑)
永島勝利-作者名から察するに、軽快な洋楽のノリということか?
☆岡本さんの結果稿にもありますように、作者のブログに答えが書かれるかも。下記リンク先を
 ご参照ください。
 DJカートン.mmix
☆作者はお仕事の都合でときどきしか香龍会にお越しになりませんが、お越しになると詰将棋、
 指し将棋、チェス、アニメ、競馬、競艇と多彩な話題で盛り上がります。ぜひ次のお越しを
 お待ちしております。
コメント   この記事についてブログを書く
« 詰パラ2月号が到着 | トップ | 香龍会作品展全短評2番西輝... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。