詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

第279回香龍会報告

2014年10月19日 | 詰将棋
【日時】平成26年10月19日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター3階第2和室
【参加者】岩本修、内田昭、岡本正貴、神谷護流、鈴木康夫、関半治、筒井浩実、DJカートン、服部彰夫、
 堀内真、松さか子、水谷創、三輪勝昭、元水信広(14名)
 詰パラに会合案内が掲載されなかったので、住所のわかる常連の方にはがきを出したりして、果たして
参加者が集まるのかどうか心配していましたが、結果として多くの方にお越しいただき、感謝感激です。
 内田さんも5カ月ぶりの参加ですが、いつも盤駒を3組持参していただくので、本当に助かっています。
(私は荷物の都合上1組持参するのが精一杯なもので)あと服部さんからフェルト生地での盤を寄贈して
いただきました。どうもありがとうございます。
 DJカートンさんがどうぶつしょうぎの本将棋版の盤駒を出され、松さんの徳島新聞出題作を並べたり
したのですが、別の意味で全く感覚がつかめません。水谷さんが来られたので、先日行われたテレビ将棋の
棋譜をこの盤駒で並べたのですが、やっぱり感覚がつかめません。その時の模様です。

詳しくはDJカートンさんのブログで紹介されることでしょう。よろしくお願いします。
DJカートン.mmix
 もちろんちゃんと字の書かれた駒(というのかな)で、水谷さんや三輪さんの作品を中心に鑑賞もしました。
 奥のほうでは内田、岡本、関の各氏で先月に引き続き渡瀬荘次郎作品集の解題が行われていたようです。
 では、いつもの記念写真を。

前列左から岡本、服部、内田、堀内、後列左から元水、筒井、関、岩本、三輪、鈴木、水谷、DJカートンの
各氏です。なお神谷さんと松さんは撮影拒否(?)のため、神谷さんに撮影してもらいました。
 二次会は10名でファミリーレストランに行きましたが、今回私は切符の都合上時間のかかるJR関西本線で
帰らないといけないため、昨日の詰とうほくと同じく、皆さんと少しだけ早くお別れして帰途につきました。
▼次回の香龍会(第280回)
【日時】平成26年11月9日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】200円(学生無料)
 11月9日の次は、土曜日ですが12月13日で予約しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 詰とうほくに行ってきました | トップ | 詰アルプスと香龍会の開催場... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。