詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

詰四会に行ってきました

2017年09月01日 | 詰将棋
 8月27日、詰四会に行ってきました。しばらく残業やら飲み会やらで報告が遅くなりすみません。
 今回の課題は「無仕掛・無防備図式」ということで、私なんかこの課題だけでもう創作はあきら
めてしまいますが、私の予想以上に作品が集まり、どの作品を採用するのか皆さんで悩みました。
中でも持駒七色という作品で小林さんと中村さんの二作あったのですが、中村さんの作品は盤面も
七色で、他のコーナーでも採用されるのは間違いないということになり、今回は小林さんの作品を
選びました。もちろん両作とも手順も素晴らしいのでお楽しみに。逆に客寄せとなる手数の作品が
吉松さんの二作だけで、こちらもどちらを選ぶのか悩みました。
 竹村さんが合駒制限のためだけにある駒を配置しており、もし余詰でもあれば防止する意味も
含められるのにということで調べてみたのですが、どうやらこんな時に限って余詰がなく、やむなく
投稿を断念されました。
 その後は皆さんで、小林さんから某氏の「酒の肴にどうぞ」という作品を解いたり、小林さん
ご自身の作品を解いたりしましたが、もしビールでも片手に持っていたらぬるくなってしまうくらい
皆さん考えたように思います。
 さらに詰パラ8月号の「将棋パズル雑談」を中村さんのヒントをもらいつつ解いたり、プルーフ
ゲームを解いたりしました。
 そうこうしているうちに17時前になり、私は琴平の温泉旅館に行くためお先に失礼しました。
 さて、昨日詰パラ9月号が届きました。詳細は後日書きたいと思いますが、とりあえず今回の
重箱の隅は「柏川市」です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第313回香龍会報告 | トップ | 詰パラ9月号が到着 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。