詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報について、ときどき更新します。

これからの開催予定

【場所】
中村生涯学習センター(名古屋市中村区)
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)
▼第330回
平成31年1月13日(日)13時~16時過ぎ 3階第2和室
▼第331回
平成31年2月24日(日)13時~16時過ぎ 2階第1集会室

12月9日(日)の香龍会案内

2018年12月05日 | 詰将棋
 先日大相撲11月場所の千秋楽を見に行くついでに、三連休を利用して九州を一回りしてきました。現在は1日1本しかない佐伯から延岡まで行く普通列車に乗ったり、宮崎県にあったリニアの実験線には太陽光発電のパネルが設置されていたりと、しばらく日豊本線からご無沙汰しているうちにいろいろと変化がありました。

 さて、来週の12月9日は香龍会開催日です。青春18きっぷはまだ使えないものの、遠方の方も近郊の方もぜひお越しください。トップの「これからの開催予定」にも掲載していますが、再度案内を掲載しておきます。

【日時】
平成30年12月9日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 前日の12月8日はSさんDさんYさんなどの有志で中京競馬場に行くとのこと。私は所用で参加できませんが、以前にも書いた通り香龍会の二次会は松阪牛の料理を奢ってもらいましょう。
コメント

2月の香龍会案内

2018年12月04日 | 詰将棋
 いつの間にか12月に入っており、仕事のほかにも年賀詰の創作や短編コンクールの解答など今月は忙しい日々が続きそうです。決して私は師匠で走り回っている訳ではないのですが。

 そして忙しくても決して忘れてはいけない来年2月の香龍会の予約を、次のとおり行いました。

【日時】
平成31年2月24日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 2階第1集会室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 いつもの和室が予約済みのため、5年前にも使用した2階の第1集会室を予約しました。(当時の模様がこちら→第271回香龍会報告)カーペット敷きの部屋なので、靴を脱いでおあがりください。
コメント

第328回香龍会報告

2018年11月14日 | 詰将棋
【日時】
平成30年11月11日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】
岩本修、岡本正貴、鈴木康夫、則内誠一郎、関半治、鳥本敦史、服部彰夫、堀内真、元水信広、保科一明(10名)

 前日彩棋会に参加した後は札幌市内に宿泊し、当日の新千歳空港からの飛行機も順調良く飛び、予定通り香龍会会場の中村生涯学習センターに到着することができました。
 今回は大阪の則内さんがお越しになりました。この前の詰備会は体調不良のため参加できなかったとのこと。ホカイチメイさんにいろいろとプロパラのことなどをお聞きになっていたみたいです。
 そのホカイチメイさんもいつもは仕事の合間に顔を出されるだけでしたが、今回は仕事がお休みということで早くからお越しになりました。次回は「保蟹芽衣」のペンネームで二名分の会費をお願いします。
 服部さんからここ数カ月ご自身が参加している指し将棋の会と重なってしまい、香龍会もすぐ退席しなければならないと言われてしまいました。どうもすみません。本当は第3日曜や第4日曜に開催したいのですが、結構他の詰将棋の会合と重なってしまうので、ここ最近第2日曜の開催になっています。他の会合と重ならないようにしているのは他の会合参加者が香龍会に参加できないためということもありますが、香龍会の参加者が他の会合に流出してしまわないように、という心配もあるもので。
 それから香龍会作品展の話題も出ました。もうすぐ例会が333回になるので、「3」にちなんだ作品を今から緩く募集しておきます。即採用なのが「参」の曲詰や「3333」手詰です。(3333分の3333手詰はだめです)ただ、これから毎月1回開催していくと333回目は来年の4月になるのですが、来年の4月は私自身今まで以上に多忙になることが予想されるため、現時点での4月の開催は未定です。
 今回のメインは、堀内さんが主催して出題されている裏短編コンクールの解図でした。私は関さんと岡本さんなどがどんどん解き進めていくのを横で眺めていました。詳しい感想はまだ解答募集中なので略しますが、それにしても短期間でよくこれだけの作品が集まったものですね。しかしより効率の良い配置を考えてしまうのは詰キストとしての性でしょうか。
 それでは、途中退出された鳥本さんと服部さんと、例によって辞退された保科一明さんを除いて恒例の記念写真です。

左から元水、岡本、堀内、関、鈴木、則内の各氏です。
 二次会はいつものファミリーレストランへ。今回も保科一明さんからのクーポンを駆使してかなり安くなりました。どうもありがとうございました。

▼次回の香龍会(第329回)
【日時】
平成30年12月9日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 前日の12月8日に有志で中京競馬場に行こうという話が。次回こそ二次会は松阪牛の料理を奢ってもらいましょう。
コメント

11月11日(日)の香龍会案内

2018年11月07日 | 詰将棋
 「11月11日」を調べてみるといろいろな記念日があることに驚きました。「麻雀の日」「折り紙の日」「独身の日」など…。ところで来週の11月11日は「平成30年11月の香龍会開催記念日」です。トップの「これからの開催予定」にも掲載していますが、再度案内を掲載しておきます。

【日時】
平成30年11月11日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 実は当日の朝に飛行機で北日本から愛知県入りする予定なのですが、現在の天気予報によると北日本の週末は荒れる模様ということで、もし私が13時を過ぎても会場に到着できないときはどなたか会場の方に事情を説明してください。
コメント

1月の香龍会

2018年11月05日 | 詰将棋
 先日行われた詰備会の翌日は片上鉄道の保存展示運転と、津山まなびの鉄道館に行ってきました。昔はタブレット閉塞にしろ腕木式信号機にしろすべて人力で操作していたということで、そのうち詰将棋の検討という項目も博物館入りしてしまうかもしれません。

 さて1月の香龍会ですが、津山駅前の公衆電話から次のとおり予約しました。

【日時】
平成31年1月13日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 実は当日お隣の第1和室がオカリナ教室ということで、音が耳に入るかもしれませんが、ご了承ください。
コメント

例の名前が入っている店へ(完?)

2018年10月25日 | 詰将棋
 先日開催された詰とうほくの前日、関東地方のあちこちに行ってきました。

 まず、こちらの駅で下車。

 そこから歩いてこちらの店に。

 看板をアップすると…

 丁度向かいがスーパー銭湯だったので、開店までの時間つぶしにお風呂に入り、夜行バスでの疲れを取ることができました。開店を待って食べたランチの定食もおいしくいただきました。

 下車した駅はローカル線のため帰りに丁度都合のいい列車がなく、やむなく大きな駅までバスで戻り、さらにいろいろ列車を乗り継いでこちらの駅で下車。

 そこから歩いてこちらの店に。

 看板をアップすると…

 時間も夕方になっていたので、夕食としておいしくいただきました。

 不定期で全国あちこち例の名前が入っている店に寄ってきましたが、私が把握している情報は以上なので、一応今回で「完」とします。もし例の名前が入っているという新たな開店情報などありましたら、ご一報ください。
コメント

第327回香龍会報告

2018年10月16日 | 詰将棋
【日時】
平成30年10月14日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】
岩本修、岡本正貴、鈴木康夫、関半治、鳥本敦史、服部彰夫、原亜津夫、堀内真、松本留五郎(DJカートン)、他sin²θ+cos²θ名、等(11名)

 鳥本さんから今回も大道棋を見せてもらいましたが、いつものように奉納してしまいました。しかしついつい手が出てしまうものですね。
 鈴木さんから、とある局面から必至がかかるかということで皆さんで考えました。ところで最終1手で必至がかかるところに長手数の必至手順がある、いわゆる最終手余必至は問題として完全なのでしょうか。
 合間に久しぶりとなる原さんがお越しになりました。私と同じ昭和45年生まれとして復活して欲しい詰キストのお一人です。もっとお話をしたかったのですが、気が付いたらもうお帰りになっていました。
 服部さんも指し将棋の会と重なっているとのことで、早退されました。一宮市出身の豊島さんが二冠になられたとのことで、おめでとうございます。
 その後はDJカートンさんから将棋のアニメDVDや根津角の指し将棋等を見せてもらいました。ご本人のブログに詳しく書かれているので、そちらをご参照ください。
10月の香龍会
 それにしても根津角の利きは複雑ですね。根津金や根津銀は前に出ていくと強そうですが、根津香は全く動けないという事実が。確かに「根津~」を研究していくと普通の将棋は弱くなりそうですね。
 関さんから自作でこのような駒配置にしたいけれど、紛れ順で駒を捨てる順番が非限定になっているからマニアなら紛れとすぐにわかってしまうので悩ましいとおっしゃっていました。マニアの心理まで読むとは流石です。
 16時前に〇〇さんがお越しになり、ノートに参加者名を書いてもらおうとしたら、「他sin²θ+cos²θ名」(文字化けしていたらすみません)さんの名前を見て大長考ののち、「等」と書かれました。2名ということならば2名分の会費をいただこうと思ったのですが。
 そうこうしているうちに松本留五郎さんと他sin²θ+cos²θ名さんとの二面指しが大熱戦となったので、恒例の記念写真はお休みです。
 二次会も前回に引き続きクーポンを駆使しました。今まで一人1枚限りだと思っていたのですが、どうやら何枚でも使えるみたいなので、メニューよりもクーポンを見て注文しました。他sin²θ+cos²θ名さん、クーポンありがとうございました。

▼次回の香龍会(第328回)
【日時】
平成30年11月11日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 1が続くゾロ目の日なので、当日枠連で1-1なんてあるのでしょうか。(競馬はあまり知らないもので)
コメント

10月14日(日)の香龍会案内

2018年10月11日 | 詰将棋
 来週の日曜日は「鉄道の日」ということで、各地で鉄道に関するイベントが開催されるみたいです。しかし詰キストとしては脇目も振らず名古屋で開催される香龍会にお越しください。トップの「これからの開催予定」にも掲載していますが、再度案内を掲載しておきます。

【日時】
平成30年10月14日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 私もこの日は鉄道を利用して奈良から名古屋に向かいます。(まあ毎回のことなのですが)
コメント

12月の香龍会

2018年10月07日 | 詰将棋
 ここ最近恒例となりつつある香龍会開催1週間前の翌々月案内ですが、次のとおり予約しました。

【日時】
平成30年12月9日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 まだ青春18きっぷが利用できる期間ではありませんが、多くのご参加をお待ちしています。
コメント

第326回香龍会報告

2018年09月17日 | 詰将棋
【日時】
平成30年9月16日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】
岩本修、岡本正貴、小池正浩、鈴木康夫、関半治、桃燈、鳥本敦史、永安克志、服部彰夫、堀内真、松本留五郎(11名)

 暑さがぶり返して大汗をかきながら部屋の準備を鳥本さんとしていたら、北九州市の永安さんが初めてお越しになりました。当日名古屋にお越しになり、一泊した翌日は名古屋見物をされるとのこと。遠路はるばるありがとうございます。鳥本さんが大道棋入りの名刺をお渡しされたので、私も自作入りの名刺を渡しました。
 間もなく小池さんもお越しになり、この時点で東海地方在住とそれ以外在住の比率が1:3の状況となりましたが、その後程なく皆様お越しになりました。
 鳥本さんから大道棋を見せてもらいましたが、1手100円だと相当奉納したように思います。
 鈴木さんから来年の解答選手権チャンピオン戦の日程が決まったという報告と、初級戦一般戦については候補日が2日あり、どちらが都合いいのかという話をされていました。チャンピオン戦の名古屋会場が次回もあるのかどうかについては現時点では未定のようです。(本当です)
 関さんが昔の将棋大会の賞品でいただいたという様々な対局時計を持参されました。しかしそのうち2つは動かないみたいで残念です。もう1つは塚田賞の賞品ということで、秒読み専用の対局時計です。こちらは秒読みの声がボリュームによっては少し割れるものの動作はするみたいで、「9」の後は「ブー」と鳴るというスグレモノです。どなたか詰キストの中に修理できるという時計屋さんはいらっしゃらないでしょうか。
 そのうち参加者Aさんチームの一人がお越しになったのですが、今日は御大がお越しになっていないのでペンネームをどうしようかと悩んだ末に、参加者名簿に「松本留五郎」と記入されました。(しかしそれだと住所が浜松市でも札幌市でもなく、大阪市浪速区日本橋三丁目26番地になりますね)
 その留さんが持参された最新の対局時計を使って堀内さんとで指し将棋が始まりました。それにしても最新の対局時計にはいろいろな機能があることに感心しました。対局の結果は言わぬが花でしょう。
 そのうちに桃燈さんがお越しになりました。就活中?とのことで、いつもの雪駄姿ではないことに少し驚きです。
 最後に関さんから新作を見せてもらいました。とある玉方の駒が変化のために必要なものの、安い駒ではないのは少し危ない紛れがあり、その手順の防止とのこと。とりあえずどなたか今度機械検討してみてください。
 それでは、途中で服部さんと鳥本さんが退出されましたが、残りのメンバーで恒例の記念写真です。今回はいつも撮影辞退の参加者Aさんチームである留さんにカメラをお渡しして、私も含めて撮っていただきました。

 前列左から永安、岡本、鈴木、後列左から桃燈、岩本、堀内、小池、関の各氏です。窓からの西日のためちょっと写真の右側から光がさしています。
 二次会のファミリーレストランから吉岡さんが合流されました。今回も鈴木さんからと吉岡さんからの割引クーポンを駆使しましたが、そのため精算がかなりややこしくなったかと思います。お店の方にはご迷惑をおかけしました。永安さん、折角名古屋までお越しいただいたのに名古屋めしではなくてすみません。

▼次回の香龍会(第327回)
【日時】
平成30年10月14日(日)13時~16時過ぎ
【場所】
名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
(本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円です)
【会費】
200円(学生無料)

 この頃にはさすがに涼しくなっているでしょうか。
コメント