越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又北陸の祭りや観光スポットなど紹介。

ルリシジミ(瑠璃小灰蝶)

2019-08-26 07:16:12 | 蝶・蛾・トンボ
【ルリシジミ(瑠璃小灰蝶)】
昆虫  : チョウ目 シジミチョウ科
時期  : 3~11月
前翅長 : 12~19mm
珍しさ : 普通 ★☆☆☆☆ 珍しい

林の周囲をせわしなく飛ぶ、白っぽいシジミチョウで翅の表面は水色~明るい青紫色です。
地面で吸水したり、花で吸蜜することが多い。
各地に広く分布し、個体数が多く、出現期も春先から晩秋までと長いので、見かける機会が多い。人家周辺でも見られる。
幼虫は、マメ科、ミズキ科、バラ科など、様々な植物の花やつぼみを食べる。

◎2019年8月24日 富山県にて写真1枚 追加しました。



◎2019年8月1日 富山県にて写真4枚 追加しました。









◎2018年8月7日 富山県にて写真5枚 追加しました。











◎2017年8月17日 富山県にて写真6枚 追加しました。













◎2017年7月3日 富山県にて 写真4枚 追加しました













◎2017年6月9日 富山県にて 写真4枚 追加しました





◎2012年7月18日 富山県にて  写真2枚




コメント

コマツナギ(駒繋)

2019-08-25 06:56:24 | 山野草(赤・ピンク花)
【コマツナギ(駒繋)】
野草   : マメ科 コマツナギ属
花期   : 7~9月
樹高   : 30~100cm
名の由来 : 茎が馬をつなげるほど丈夫という意から

コマツナギは、日当たりの良い、原野、道端などに生える草本状の多年草、まれに1年草小型の低木である。
小葉は、4~5対につき、長楕円形あるいは、倒卵形である。
先は円形で細い微凸起があり、基部も円形でごく短い柄がある。
葉の両面には、柔らかい伏毛が多い。
夏から秋にかけて葉腋から花柄を出し、長さ3cmばかりの総状花序をつけ、紅紫色の美しいチョウ状の花を開く。

◎2019年8月22日 富山県にて 写真3枚




コメント

ウラギンシジミ(裏銀小灰)

2019-08-24 11:00:00 | 蝶・蛾・トンボ
【ウラギンシジミ(裏銀小灰)】
昆虫  : チョウ目 シジミチョウ科 ウラギンシジミ亜科
時期  : 3~4月、6~10月
前翅長 : 19~27mm
珍しさ : 普通 ★☆☆☆☆ 珍しい

翅の裏面が真っ白なモンシロチョウ大のチョウ。
表面はオスが濃茶色地に朱色の紋、メスは濃茶色地に水色の紋を持つ。
翅の先端が尖っているのが特徴的。
飛ぶと、翅の裏の白色がチラチラと良く目立つ。
林と草原の境目あたりを活発に飛ぶ。人家周辺でも見られる。
幼虫は、フジ、クズなどの花やつぼみを食べる。

◎2019年7月24日 富山県にて 写真7枚 追加しました















◎2017年9月24日 富山県にて 写真2枚 追加しました




◎2017年9月9日 富山県にて 写真2枚 追加しました
オス(♂)





◎2017年8月20日 富山県にて 写真3枚 追加しました
オス(♂)







◎2017年8月17日 富山県にて 写真2枚 追加しました
メス(♂)





◎2017年8月7日 富山県にて 写真1枚 追加しました



◎2017年8月5日 富山県にて 写真2枚 追加しました





◎2013年10月27日 石川県にて  写真4枚
翅の先が痛んでいる雌(♀)です・・・鳥か何かに両翅の先端を取られたのでしょうか?








色あせた雄(♂)
コメント

ホシチャバネセセリ(星茶羽挵)

2019-08-23 09:30:37 | 蝶・蛾・トンボ
【ホシチャバネセセリ(星茶羽挵)】
昆虫  : チョウ目 セセリチョウ上科 セセリチョウ科
時期  : 6~9月
前翅長 : 10~15mm
珍しさ : 普通 ★★★★★ 珍しい
絶滅危惧Ⅰ類

本州と対馬に分布しているが分布が局所的で、個体数が少ない。
前翅長は15mm程度で、日本のセセリの中で最も小さい。
翅表は茶褐色で前翅には白色の点列がある。
裏面は後翅が黄褐色で前後翅ともに白色の点列がある。
コチャバネセセリに似るがさらに小さく、白斑が顕著に表れ、翅裏には黄褐色の鱗粉を吹く。
低山地から山地にかけての林間、林縁などで見られ、花によくとまる。
越冬態は3齢幼虫。食草はオオアブラススキが確認されている。
成虫は暖地では6月から8月にかけて年2回発生、寒冷地では7月から8月にかけて年1回。

◎2019年8月18日 石川県にて 写真14枚




















翅表






コメント

立山・弥陀ヶ原周辺の花(4/4)

2019-08-22 05:56:07 | 日記
【立山・弥陀ヶ原周辺の花(4/4)】
2019年8月1日  富山県にて 写真10枚

立山・弥陀ヶ原(標高1930m)周辺に咲いていた高山の花たちです。

ヤマハハコ


アカモノ


ミヤマホツツジ


キバナカワラマツバ


チングルマの羽毛


サンカヨウの実


エンレイソウの実


ベニバナイチゴの実


笹の花・・・120年に一度だけ咲く“ササの花”が一斉に開花・花をつけるのは60~120年に1度とか?


コメント