marie☆の日記帳

日々感じたことや、お出かけのこと
趣味などを綴っています。
お試し&紹介記事も入りますがよろしくお願いします。

日暮里でチュニジア料理

2018年10月13日 | グルメ・食品
昨日は日暮里繊維街までカーテン地を見に出かけました。

買い物の前にチュニジア料理で腹ごしらえ。

日暮里駅から徒歩一分のところにある『チュニジアンダイニング』COUS COUSへ
行きました。

ランチメニューの中から野菜のクスクスと
煮込みライスを注文。

どちらもサラダ付きで最初に出てきたのがポテトサラダ。



こちらが野菜のクスクス

ターメリック色のクスクスにソースをかけていただきます。

煮込みライス

トマト味ベースのスープでうまく表現できないけれど
風味がチュニジア?

お昼を少し過ぎていたので店内は空いていて
たまたまそばでは、東南アジア系と白人の赤ちゃん連れのママさんたちが食事をしていて
チュニジア人が食事を持ってきてくださったので
日本にいながら異国情緒を味わい食事しました。


食後、カーテン地を見に行きましたが、イメージに合ったものは見つけられず
カーテン地はまたの機会に買うことにしました。

コメント

京都のお土産『京のお抹茶プリン』

2018年10月11日 | グルメ・食品
京のお抹茶プリン


パッケージが和風マリメッコのような可愛いデザイン。

お抹茶プリンと濃い味の2つの味が楽しめる詰め合わせになっていました。

6個入でしたがソースは3個しかついておらず
濃い味のほうには、ソースはかけないようです。

お皿に移して食べればよかったのですが
そのまま濃い味のほうをいただきました。

滑らかな口当たりのお抹茶風味のプリンです。
抹茶の苦みは感じられずおいしくいただきました。
コメント

かわいい関西のお土産

2018年09月25日 | グルメ・食品
連休に関西へライブに出かけていた娘。

夫と万博記念公園をまわったり京都も行ったと聞きました。

京都の可愛いお土産京都まるんの『ひよこほうずい』


箱を開けると可愛いひよこの顔

ほんのり爽やかレモン味のまんまるで柔らかい和風マシュマロです。

いちご味のピンク色したこぶたほうずいというのもあるようです。

そして大阪梅田阪急限定の高級ポテトチップス【グランカルビー】


ゴーダチーズ味と北海道バター味


普通のポテトチップスより分厚い最厚フォルムです。
癖のないコクのあるチーズ風味が味わえるポテトチップスです。

最後に高級ポッキー『グリコ バトンドール glico Baton D'or 』メープルシュガー

バター20%使用、のバターリッチなプレッツェル。

コメント

コイキング焼き

2018年09月21日 | グルメ・食品
横浜駅西口を出て歩いていたらたまたま目に留まった
『コイキング焼き』(横浜くりこ庵 横浜西口店)

気になったので買ってみました。




ふっくらしたコイキングで、中身も多いのですが、皮も少し厚めです。

クリームの他にチョコと小倉がありました。


入れてくれた袋には、コイキングの歌が書かれていて
弱いと悲しいくらい綴られていて、どんなメロディなんでしょう。

コメント

ハーゲンダッツのアイスクリーム

2018年08月21日 | グルメ・食品
夏になると消費量の増えるアイスクリーム。
ストックがなくなるたびに買い足しています。

ところでアイスクリームの中で高級感のあるハーゲンダッツ、
種類が多く、量が少ない割にはお値段高めです。

Häagen-Dazsという表記からヨーロッパのアイスクリームというイメージを
勝手に私は持っていました。
ドイツなんだろうか?チョコレートが美味しいベルギーなんだろうかなんて
ずーっと思っていたのですが、ウィキペディアの情報によると
アメリカ合衆国のアイスクリームのブランドなのです。
“ハーゲンダッツ (Häagen-Dazs)” という言葉自体に深い意味はなく
創始者ルーベン・マッタスが、アイスクリームはデンマーク産というイメージがあるからと、
コペンハーゲンの「ハーゲン」と、その余韻がマッチする「ダッツ」を組み合わせて作り出した造語と
書いてありました。
米国の消費者にヨーロッパ風だという先入観を持たせ、
ヨーロッパの伝統と職人技を連想させるためにこのような名前になり
さらに印象を強くするためデンマークの国土の一部の形を会社のロゴに取り入れたとか。

アメリカの消費者だけでなく私も命名からくるイメージに
まんまとしてやられました。
コメント

関西のお土産

2018年08月12日 | グルメ・食品
お盆休みに入り大阪から夫が帰省。

横浜も暑いと思っていましたが大阪のほうが暑いみたいです


マダムシンコ の『 サクっとバウム 』


蓋を開けるとサクっと新食感のバウムクーヘン
7種の味が楽しめるカラフルなお菓子。


こちらは、サクっとバウム(フランボア)

バウムクーヘンというよりは、ビスケットのような感じです。
りんごバウムをペーストにホワイトチョコをかけて
甘酸っぱいフランボアがトッピングされています。
サクッと食べれてお洒落なお菓子でした。


コンディトライ神戸 フレンチトーストラングドシャ
クッキーをトーストに見立て、メープル香るホワイトチョコレートをサンドした
フレンチトースト味のクッキー





コーヒーのおともにちょうどいい感じのお菓子。
軽いのでついつい食べ過ぎてしまいそうです。
コメント (2)

パッケージが可愛い長野のお土産

2018年06月27日 | グルメ・食品
いただいた長野県のお土産のパッケージが可愛い



信州プリン倶楽部 プリンタルトクッキー

パッケージの顔は、ぷりんまる。
サクサクの、タルトクッキー生地にプリン(カスタード)風味の生地が
合わさって美味しいです。

信州りんごクッキー


信州産リンゴをち小さな角切りの蜜煮にして生地に練り込み
焼かれています。

もりりんご

信州産のリンゴが白あんに練りこまれているお菓子。
爽やかで美味しかったです。
コメント

梅の季節

2018年06月16日 | グルメ・食品
梅の季節と言っても花ではなく梅の実のこと。

今年も八百屋さんやスーパーで梅が売られているのを
見かけるようになりました。

手ごろな価格で売られていたので今年も梅シロップを作ることにしました。
梅と氷砂糖とりんご酢を使用。

氷砂糖の袋に書いてあるレシピでもいいのですが
甘いので少し氷砂糖を少なめにして、出来上がったころ味をみて
甘味が足りなかったら足すことにしました。


青梅もいいけれど私は少し熟した梅のほうがまろやかな味わいが楽しめる気がします。
熟している梅は、実が柔らかいので傷んだものは省き洗ってヘタを取って
キッチンペーパーで水気をふき取って使っています。

琥珀色の去年作った梅酒。


少しずつ飲んでだいぶ減ってしまいました。

コメント

お家で本場韓国の味!夏はさっぱり「ふるる冷麺」

2018年06月05日 | グルメ・食品
辛ラーメンでお馴染みの農心ジャパンから暑い季節にぴったりの
ふるる冷麺が発売になりました。

モニターさせていただいたのは、「水冷麺」と「ビビン冷麺



水冷麺



熱風で乾燥したコシのあるノンフライ麺が特徴で
本場韓国の水冷麺の味を手軽にご家庭で楽しめます。
希望小売価格¥210

パッケージを開けると、ノンフライ麺と冷麺スープが入っています。
(かやくは入っていません)


召し上がり方



1~2.袋から麺と冷麺スープを取り出し器にスープと冷水(200~260ml程度)を入れて
よくかき混ぜます。
トレーに260mlの目印が入っていますのでそれを利用すると便利です。
3.鍋に水800mlを入れ沸騰したら麺を入れ
弱火で約3分間茹でます。
沸騰したお湯に麺を入れて30秒ほどふやかしてから、菜箸で麺をほぐすと
麺がほぐれやすいです。
4.茹で上がったら麺をざるに移し替え、冷たい水で洗い流した後
水気を切ってスープを張った器に盛ります。


お好みの具材をトッピングして出来上がり。




韓国特製トンチミスープ(大根の塩漬けからにじみ出たスープ)にリンゴ酢の
ほのかな酸味が溶け込んでいて、さわやかな酸味があり
暑さで食欲がないときでもつるつると食欲が進みます。
優しめの辛さですのでもっと辛くしたい方は、トッピングにキムチを加えると
良いと思いました。

ビビン冷麺

こちらも熱風で乾燥したコシのあるノンフライ麺で
コチュジャンの旨みと辛さ、果実の甘みを熟成させたビビンジャンに絡めて食べる汁なし麺です。

希望小売価格¥210

パッケージを開けると、ノンフライめんと特製タレが入っています。
(かやくは入っていません)



召し上がり方



1~2.袋から麺と特製タレを取り出し、
鍋に800mlを入れ沸騰させ麺を入れて弱火で3分間茹でます。
3.茹で上がった麺をざるに移し替え、冷たい水で洗い流した後
水気を切り器に盛ります。
4.器に盛った麺に特製タレの量を調節しながらよくかき混ぜて
お好みの具材をトッピングして出来上がり。


辛みがしっかりしていますが、癖になりそうな辛さで
辛いものが好きな方におススメです。
トッピングにスイカを加えたり、キュウリを多めにしたら辛みが加減できそうです。
辛いのが苦手な方は、水冷麺のほうが食べやすいと思います。

暑い季節は、のど越しの良いものを食べたくなる季節。
ふるる冷麺で夏に食べたい麺のメニューが増えました。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

株式会社農心ジャパンのモニターに参加しています。
コメント

京都のお土産 『宇治ふわわ』 『花の柴小舟』

2018年05月14日 | グルメ・食品
京都のお土産の『おたべ』に飽きたかもしれないと買ってきてくれたお土産は
『宇治ふわわ』


最近、抹茶が入った京都のお土産の種類が増えたように思います。
ふわふわのスポンジや中のカスタードクリームに
抹茶が入っていてお抹茶風味が楽しめるお菓子です。

『花の柴小舟』

手焼き船型ショウガせんべいです。
砂糖とショウガを煮沸かした大鍋にひとつひとつくぐらせて
味付けし一晩乾燥させて作られています。
昔懐かしい味です。
小さいほうは落雁になっています。
コメント