ぐうたらピアノ生活

2008年9月~独学でピアノを再開(ブランク30年) 2010年9月~Lesson開始

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

むかし、

2009-10-30 19:06:21 | piano雑記
”せんせ~、何で初見で弾けるような曲をわざわざ左右別や声部別に練習しなくちゃいけないんですかぁ~??”
とくそ生意気な私は聞いてみたことがある。


先生曰く、
”あなたは自分の演奏を聴いていて、それぞれの声部が奏でる音の流れを別々に聴き分けて、更にそれを弾き分けることができていると思いますか?
メロディが際立って響いてこないというのはそれぞれの声部の音の流れが頭に入っていないのに、なんとなく弾いてしまっているからです。”

”ピアノを演奏するということは頭の中で作ったイメージを具体的に音で表現することですから、まずきちんと頭に音の流れのイメージができていないと駄目です。
ピアノは一人で作るアンサンブルでありオーケストラですから、いつでもそのつもりで、まずはそれぞれのパートを頭に覚えさせること。
一緒にあわせて弾いていても、意識することでそれぞれのパートだけ取り出して弾き分けたり聴きとったりすることができるくらいでないとどうにもならないです。
メロディがいくつ重なろうともそれぞれを別々に演奏しているようにコントロールして弾けなければ駄目”
”第一、片手で弾いていてさえ自分の指をコントロールできていないでしょう?”



そしてこんなことを付け足すのも忘れなかった。
”頭で作ったイメージを実際に再現できるテクニックもないとね・・・。
ハノンも左右別々にきちんとやってくださいね”

完全にユニゾンのハノンですら左右の音を自由にコンロロールできないではないかと・・・。

”せんせ~、ハノンは飽きちゃったから両手で弾くのも嫌なんです・・・・”とはもちろん言わなかったケド・・・
コメント (6)

久しぶりに働いた気がする・・・・

2009-10-29 17:06:33 | お仕事
急性アル中さんが突然呼吸停止。
なんだぁとぉ?
血圧下がってるしぃ~
ショックですかぁ?

おかげで久しぶりに人工呼吸器などというものを使う羽目に~~~~。
何故だぁ~?
何故こんなことにぃ~?

モニター、モニター
カート、カート
挿管、挿管
呼吸器、呼吸器
あ~~~、セッティングしてないじゃん!!

えっと~、設定はぁ~。
古い記憶を呼び起こす
レスピなんて使うの何年ぶりでしょうかぁ?
忘れちゃったよ、ぶつぶつ・・・・。
でも、ここでDrの指示など待っていては次の行動に移れないので取りあえず一般的な設定で喚起モード、FiO2、1回換気量、PEEP、呼吸数と設定して・・・・。
後は勝手にやってねぇ~(爆)
早く設置してくれないとピーピーうるさいのでアラームは消しておく。

採血するよねぇ?
血ガスも・・・。
センセー、ついでにラインもう1本確保して下さい。

そうだ、病棟に電話しなくっちゃだな。
けど、それが一番嫌なんだよなぁ?
夜中じゃなぁ・・・。
たらい回しだよなぁ?
管理者不在だもんなぁ?
朝まで外来管理かなぁ?

ふ~~~~~。


結局、病棟手配はしたものの朝まで外来管理。
人手がないって、外来もそうなんだけど
ぶつぶつぶつぶつぶつ・・・・・・・。


ってかさぁ、お酒は楽しく飲める範囲で飲もうよ・・・。
こんなことで生死の境を彷徨ってどうするよ?

年末年始、お酒は控えめに・・・・・・・・

コメント

補足

2009-10-28 11:34:05 | ぼやき
”手っ取り早く薬使って直して頂戴”って風潮が今の状況を作っている。

何をするにも他力本願なのは今時の流れなのかも知れないけど、自分で何とかできることは何とかしようとしない限りはちっとも状況は変わらない。


癌にしろウイルスにしろ、年がら年中からだの中にいるのに簡単には発症しないのはなぜか?
身体機能が正常ならば、全ての病気は生体の防御システムに阻まれて自然に発症しないレベルに下げられているからだ。
つまり、完全排除ではなく適当にバランスをとって共存しているのだ。
本来、生活環境が適度な衛生状態にあり体が健康ならば生死に関わるような病状にはならないはずだ。
増殖してくる敵に対して対策を立てて有効な攻撃に結びつけ、さらに変質しない程度に活かさず殺さず飼い殺しにするシステムが体の中に存在しているのだから・・・。

成人の場合、防御システムのレベルを下げるのは栄養状態の低下、ストレス、老化などによる内臓機能低下、そして過剰な病原菌の排除などである。
本来医学は生態活動を補助する方向に進むべきだと思うのだが、直接的な効果を望む力のほうが大きいのでそうはならない。
癌やインフルなど病気の原因そのものの排除に目が向く。
それだって完全に叩ければ問題はないのかもしれないが、環境適応力に勝る彼らに完全に勝利できる道などあるのだろうか?
第一、大きな勢力を叩けばその隙間をついてまた別のものが進出してくるのは日を見るより明らかなこと。
あくなき戦いに未来はあるのか?
そんなところに参戦する元気はないので世の中がどこに進んで行ったとしても私は我が道を行かせてもらう(爆)


ちなみに体温を上げると免疫力はあがるので体温を下げない生活をするのは大切なこと。
適度な栄養、適度な睡眠、適度な運動、そして適度な楽しみ。
リズムのある規則正しい生活が基本。
それでもどうにもならない時は病院に行くって事で(爆)




規則正しい生活が大事だって言うのに今日は夜勤か・・・・。
やれやれ・・・・。
コメント (2)

やっぱり語る・・・

2009-10-27 21:07:23 | ぼやき
インフルについては語らないと、そう思っていたのだけれど・・・・・・・・・・・・



インフルワクチン様の有効性
イフルワクチンを打ってインフルにならないなら苦労はない。
年をおうごとに誰も彼もが大和騒ぎをしてワクチンを受けまくっているのに罹患率は一向に下がらない。
これって効果あるって言えるのか?
一般のクリニックでも1000人をくだらない接種って笑い話にもならないから・・・。
大体新ワクチン開発に9ヶ月から1年かかる現状で完全にウイルスに対応すること事態が無理。
言っちゃなんだが、私はインフルに感染したのは過去1回きりだ。
出産後に著しく体調をくずしていた時だけである。
そしてワクチンを接種したのは強制接種された去年1回きり。
そもそも効果持続期間短いっすから・・・


マスク様の貢献度
これもウイルスにははっきり言って無効である。
一般的に売られているマスクではウイルス様の進行を止めることはできない。
らくらくスル~だ。
でも、全然無駄かというとそうでもなくて、喉や鼻の粘膜保護として使うならば有効だと言える。
感染率を若干下げることはできる。
そして咳をしている人は周りの人への配慮からマスクをしてください。
唾液や鼻水が飛ぶことは避けられます。
エチケット、エチケット

リレンザ様の有用性
これも効果のほどは????
もちろんウイルスの増殖をある程度抑える効果はある・・・。
でも、あるにはあるが”ある程度”であって増殖を止めてくれるわけじゃない。
しかもすでに耐性ウイルスが確認されていて無効になるのも時間の問題。
ってかさ、インフルって薬使わなきゃ治らない病気じゃないんだよね???
すごい誤解だよね?
高熱出たって大急ぎで病院いってリレンザ処方してもらってああよかったって・・・。
そうじゃなくて本当はその先が要注意なのであって・・・・。
実際、何もしなくたってウイルスの急激な増殖が一段落すればその先は勝手に減少してウイルスの侵食は収束する。
ウイルスの急激な増殖時と減少時の生態の反応を抑えられるかどうかがインフルに抵抗できうるかどうかの瀬戸際なのにぃ。
エリスロマイシンなどのマクロライド系の抗生物質を使うと2次感染や過剰免疫による重症化の予防になると言われてはいるが、病名をつけないと(うそをつかないと)使えないから普通は予防的には使わない。
私的には重症例に対応する薬としてはリレンザ様よりこっちのほうが有効だと思うんだけど
もっともこれだってすぐ耐性菌ができるんだから過信は禁物・・・。

出入り口でのアルコール消毒の有効性
これもほとんど効果はない。
もちろんアルコール自体はインフルウイルスの無効化に効果がある。
が、外から入ってきて汚れた手ではね・・・
まず手洗いうがいしてから消毒なんじゃ?
しかも、インフルウイルスは飛沫感染だからね、手を消毒してもさ・・・・・・。
いや、もちろん手についたウイルスで感染する可能性が無いわけじゃないんだけど、確率的にはさ・・・・。



インフル証明、インフル完治証明のために病院にいかなければならないという現実。
これは本当にくだらない。
ばかばかしくて話にならない。
インフルは合併症にならなければ1週間で治るのだ。
熱が下がって3日もおとなしくしていれば治っているのにそれをわざわざ証明するために病院に行くだなんて弱り目に祟り目。
体力落ちているところで病原菌の巣に放りこまれてまた別のウイルスや細菌に汚染されたらどうしてくれる!
ってかさぁ、病院には慢性疾患の高リスク患者やお年寄りや幼児がいっぱいいるんだよね?
そこに大挙してインフルさん達が押し寄せるって構図はどうなのか?とかも思うわけよ。

いい加減にしろ~~~~~


感染症専門外来つくってちょうだい!
コメント

大掃除

2009-10-26 06:59:23 | 家の中の事
私は年末の大掃除をしない。
ってか、大掃除自体をしない。(←威張って言うな)

ただ、一箇所だけ例外がある。
無法地帯の息子の部屋。

放置するとダニだのゴキだの発生することは間違いないので定期的に大掃除をする。
あれもこれも捨てて、捨てて、捨てて・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ちなみに大抵の場合、息子は捨てられたものがなんだか判らない
物事に執着しないタイプとか?
収集癖があるくせに集めたものを覚えていないのだ
いらないんなら自分で捨てろよ



ふう~~~~~~~~~~~~~。

きれいになったのでロフトから撮影。








コメント (2)