ぐうたらピアノ生活

2008年9月~独学でピアノを再開(ブランク30年) 2010年9月~Lesson開始

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ツェ30 5番の悲劇

2011-02-16 20:24:14 | piano雑記
タッタラッタ、タッタラッタ、タッタラッタ、ラ~~~♪
タッタラッタ、タッタラッタ、タッタラッタ、ラ~ララ~~♪

頭が春になりそうだ・・・。

これはすでにテンポが上がりすぎて崩壊しそうな気配が・・・。
ゆっくり、ゆっくり、落ち着いて・・・・・・・・・・・・。
タッタラッタァ~、タッタ~ラッタァ~・・・

き~~~!!

こんなのゆっくりやってられっかぁ~!!(-"-怒)
ジャンル:
日記
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 今日の間違い電話 | トップ | 伴奏? »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かめいち)
2011-02-17 00:33:02
>タッタラッタ、タッタラッタ、タッタラッタ、ラ~~~♪

コレ読んでどんな曲だったか出てこなかったワタシ……(爆)

なぜなら…
自分練習してた時はリズムの弾みが甘くて
どちらかというと
タッタ ラッタ タッタ ラッタ タッタ ラッタ ラ~~

だったからか……orz
ウ~~ム。音楽から運動神経の悪さが伺えるのはある意味表現出来ていると
言うべきか……(爆)

こんどこの曲に戻ってくる時は
もうちょっとルンタしよ♪

かめいちさんへ (tukushi)
2011-02-17 18:27:00
え?かめちゃん、戻るの?
ツを続けるなら40に進んじゃって大丈夫なはずですよ?
ツは何度も同じ型が出て来るんで・・・(;^ω^)
私は30終わったらもうツはやらない(爆)
エチュはやりますが多分ヘラーかモシュコフ?
あとはインベンションを・・・・。

まあ、ツ30は今のペースだと2年かかるのでまた気が変るかもしれませんが・・。

5番は現状では弾みまくってますがアクセントの位置が変です。
スタカートの位置にインパクトが入ってるので直さないといけませんが、暴走しているので次のレッスンまでに間に合いそうもありません(苦笑)
ノリノリ暴走にてストレス発散中と言うか・・・(困)

運動神経はねぇ・・・・。
リズム感とは関係あるのかな?
辻井君が運動神経抜群だとは到底思えないし?
ちなみに私は結構よかったです。
テニスもスキーもすぐに覚えました。
向上心がなかったので”遊ぶ程度には一応出来る”レベルですが・・・。
駅伝の選手したこともあるので足も速かったです。
なんでも速いのが好きですねぇ(困)
あ~、でも協調性がないので団体競技はだめです(爆)
Unknown (かめ)
2011-02-17 23:22:21
もどるの。
でもすぐじゃないそうです。
センセイは
「早くても終わってから10年後」って。
生きてるかなあ。
いえ、センセイが、じゃなくて私がですよ。

モシェコフスキー略してスキ (bamaman)
2011-02-18 00:41:55
彼奴は実に面倒くさい。12の練習曲か15か忘れたけど、
実に譜読みに時間が掛かるっす。
でも彼奴の花火とかスペイン奇想曲は弾いてみたいっす。
リストの15の(12やったかなぁ)練習曲も好きでやすなぁ。わしツの50番終わらせへんと次行かしてくれへんねん。スキはスケールと和音奏法との基礎がちゃんと出来てへんと難しいちゅうかぁ、様にならへんて聞いてやす。やっかいやなぁ…変な話題に触れてやすなぁ…
かめちゃんへ (tukushi)
2011-02-18 18:36:11
10年後~~~~~!?(爆)
そんなに熟成させるんですか?
もはやバッハ並みの扱いですね。
バッハのインベも時間を置いてやったりしますよね。
まあ、時間を置くと見えてくるものもありますし、単なるテクニックの教本としてではなく1つの曲として考えるなら、それもありなのでしょうか?
10年たってやり直すと、ピアニストが弾くみたいなツが弾けるのかな?
私もやってみようかな?
あ~~~~、長生きしないと試せませんね・・・(爆)
bamamanさんへ (tukushi)
2011-02-18 18:40:54
スキ(?)もリストもヘラーもね、ツに比べると練習になるレベルまでにするのに凄く時間がかかるんですよね・・。
それは実際にヘラーをやってみて実感します。
1ヶ月弾いていてやっとまともな練習に入れたって感じなんで・・。
ツは片手練習から始めても両手でゆっくり弾くまでに3日はかからない・・・。
つまりスタートラインになるまでの時間がヘラーはツの10倍・・・・・(-ω-ll)

伴奏も単純に同じことの繰り返しにはなっていないので、和声の進行が卓上の知識ではなく身体に染み付いていないと譜読み自体が大変なんで・・。
逆にそれが身についていれば弾きやすいのかもしれません。
好きなのに継続してツを使わない理由はそこにあったりもします。
技術レベルが初級を抜けるか抜けないかのレベルになったら和声を強化したいなぁと。
それこそ移調奏や即興や変奏が楽に出来るレベルまで?
ツも併用するという選択もあるでしょうが、それだといつまでたっても曲弾けないし(爆)

コメントを投稿

piano雑記」カテゴリの最新記事