いろいろつぶやくブログ☆ 〜 本と音楽とわたし

音楽、読書、日常などなど
好きなこと、気になること
気ままに、なんでも☆
基本は淡白、熱い部分はとことん!

日の当たる場所の物語

2020年02月23日 | 読書
石田衣良 著 『コンカツ?』読了。

わたし、普段は「嫌なもの」についてあれこれ書きたくはない派なんですけど。
なにも、マイナスの感想をここに書き残さなくても…という考えなんですけど。

今回は書いちゃいます。
ひさびさに読み進めるのがイヤになるほどの本でした!
でも借りたのではなく、手に入れちゃったから我慢して読みました!
嫌な気分になるかたはここで読むのやめてね!!

とはいえ、ロクな感想を書くだけの文才はないのだけど。
あくまでも、わたし個人の感想、趣味趣向です。

いやー、酷い本だった!
まぁ…ドラマならいいのかもしれない。
それでもチープで先が読める感じだけどねぇ。。。

毎週末合コン行って、男が切れることはなく、当然その先もあり…って
どこの世界の話ですか。
そんな世界があるとしても、それって本で読みたいかな!?
凄まじく浅い小説だった。
なんの余韻も余白もない。
わたしはこれを、小説と認めたくないほど。

主人公は一流企業に勤めるキャリアウーマン29歳独身、
素敵なお部屋に住んで合コンに明け暮れる週末を過ごしているワケですが。

アラフォーになっても日当たりの良くない狭いアパートで誰にも出会わず日々を過ごす女もいるんですよ。

なんだよあれ。
「ある程度の年齢なら数人の異性と付き合い、その先もあり
これまでたくさんの経験をしてきた」
それが大前提で「それ以外はない」
という考えが主人公に見受けられるし
それって作者がそういう考えなんだろうなーというのが透けて見える気がした。

酷い。酷い。
怒り、悲しみ、悔しさ。
この本を読んで、それしかなかった。

完全に別世界の物語で、そうでは無いひとを切り捨ててる。
読書は知らない世界を体験させてくれる…って、そういうことじゃないだろ!?

これは日の当たる場所にいるひとの物語。
日陰があることを考えられないひとの物語。
そんな人間、いまや一握りなんじゃないの?
日の当たってない場所にいる人間のほうが、はるかに多いんじゃないの??

わたしは、この物語に共感できるひととは仲良くできないな。
あくまでも、イチ個人の想いです。

わたしとしては、物語によって
裏側を、日陰の部分を、奥底を、
覗くことが楽しみなんだけどな。
これはハズレでした。

だけど、各サイトのレビューはそれなりに賛否両論であるものの
Twitterでばばっと検索してみたところ、
かなり高評価でわたしは驚いていますよ。
ふぅ〜〜ん。。。

あくまでも!
わたし個人の感想ですけど。
なんの知識も技量もない人間の感想なんだけど。

とりあえず、次はアタリの本に会いたい…。
コメント   この記事についてブログを書く
« フォードvsフェラーリ | トップ | なんでもない日々って楽しいね »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事