あかねの独り言 パート2

武蔵野を散策して出会った生き物や
四季折々の花達の記録です

カシワツツハムシ

2018-11-20 16:33:16 | 日記


公園のフェンスの上に見慣れない羽虫がいた




丸い体つきと特徴的な背中の模様



寸詰まりの丸っこい体
調べてみたらすぐに分かった
カシワツツハムシ
出現期は6月から9月になっているけれど
もう11月の半ばもとっくに過ぎている!!
食草はブナ科のクヌギ・コナラ・カシワ等



湿地の笹にハネナガイナゴが居た
姿を見るとサッと笹の葉の裏に隠れる
足が片方無い!!



今年の紅葉はもう一息



まごまごしていると枯れてしまいそう!
コメント

キマダラオオナミシャク

2018-11-19 16:25:56 | 日記


少し大型の黄色い蛾がコンクリートの塀に止まったのを見た
かなりくたびれた様子
翅の損傷も大きく同定が出来るかと危ぶんだ
案外簡単に分かった!
キマダラオオナミシャク



これは時々見かけるなじみの蛾
ホソオビアシブトクチバ
エレベーターホールに居た



少し風があって繊細な綿毛の撮影には不向きだった
アザミの綿毛






枯れ始めた綿毛があると思えば
まだ蕾も見られる!!



もう少しゆっくりと撮影してくればよかったのですけれど
車の往来が激しくてとても出来なかった

雪柳の白い花!!
コメント

ヒゲナガサシガメ幼虫

2018-11-18 16:03:04 | 日記


曇天であまりいい条件ではないけれど
ちょっと散歩!
いつも歩くフェンスの横
目はしっかり何かいないか物色中
黒いフェンスに糸のようにしか見えない物が張り付いていた?
眼鏡をはずしてよく見ると
ヒゲナガサシガメの幼虫
昆虫エクスプローラを開いてみると成虫よりも
よく見かけると書いてあった
確かに!!

細いフェンスの間にコンデジを差し込んで撮影してきた
未だ枯れそうな葉がたくさんついていて暗いので
フラッシュ撮影している
相変わらずうまく撮影できない!!



その近くにナナフシモドキ!!



農家の生け垣の中に小さな榎の若木があった



食痕があったので見ると二頭の
アカボシゴマダラの幼虫がいた

一頭は頭を立てるようにして体を持ち上げていた



少し葉を下げて顔を撮影してきた
いつも思うけれど意外と毛深い
最も幼虫越冬なのでツルツルでは寒いかもしれない??



散策路わきの草むらにホウズキがいい具合にスケスケになっていた
薄い和紙をはり小さな明かりを灯すといいランタンになりそうだ

天気が悪いとつい散策すら出かけないけれど
歩けばそれなりに収穫は有るものです
コメント

冬鳥のシーズン

2018-11-17 16:51:41 | 日記


雑木林で鳥の鳴き声を聞いていて
視線を横切る影発見!!
シメ!!!



未だ渡ってきたばかりの様でこの二羽のほかにもう一羽
仲良く水を飲みに来ていた



暖かくて冬鳥はまだまだと
思っていたのでちょっとびっくり!!



ほかにはジョウビタキ雌一羽
これは警戒心がまだまだ強くてすぐに茂みに
逃げ込んでしまった



暖かいといっても夏ほど暑いわけでもないのに
暑苦しい”ブラシの花”が戻り咲き!!
コメント

ケンモンミドリガ

2018-11-16 17:16:56 | 日記


天気が良くてもこれと言って見る物も無く
いつもの道を歩いてみた
目に留まるものはカメムシぐらい
クヌギカメムシ
まだ交尾していた!!



キマダラカメムシが一匹



同じ木柵に薄緑色の蛾がいた
ケンモンミドリガ



サンゴジュハムシ



スケスケになったサンゴジュの葉
サンゴジュハムシの食べた痕



カタビロクサビウンカがまだ一匹
中々じっとしてくれなくて
暫く粘ってやっと一枚!!
コメント