あかねの独り言 パート2

武蔵野を散策して出会った生き物や
四季折々の花達の記録です

オオタカ

2016-12-13 17:21:49 | 日記


曇り空とはいえ薄日も射すので
ちょっと散歩に出掛けた
丘陵には人も少なくヒヨドリの鳴き声以外は
ほとんど聞こえない!
暫く湿地で耳を澄ませていたけれど何もいないので
歩き出した
湿地に沿って園路は延びていて三又になっている
階段を登ろうかと思ったが回り込む道を選んだのは
木柵を見て歩こうと思ったから
途中で湿地にいつもと違う違和感を感じて立ち止まった
あんなところに石があったかしら?
そう思って見ていると何とそれはオオタカだった!!
どうやら水を飲んでいる様子
立ち止まって動かなかったけれどすぐに気配を
察してオオタカは飛び上がった



数枚慌ててシャッターを押したが
直ぐにオオタカはつい先ほどまで居た場所に
行ってしまった
丁度バッテリーが無くなったので移動しながら
交換して用心深くオオタカが止まった場所に
戻った



まだ水が飲み足りないらしく水を飲んでいた
そっとそっと移動しても無駄だった
近くの枝に飛び上がり



首を回すようなしぐさをして飛び去った!
余りシャープに撮影できなかったのが残念
滅多に無いチャンスだったのに!!



帰りに病院に寄るつもりだったのでまだ少し時間が早く
もう少し歩くことにしたけれど何もいない
草原は草刈りがされたようで一本だけ何故か
ノゲシが咲いていた
春にはツマキチョウがよく見られるので
注意して蛹がないか見て歩いたけれど
見つからず・・・!



帰り道目の前を横切った鳥が居た
このような飛び方をするのはルリビタキ
そう思ったとたんにあの特徴のある鳴き声が聞こえた
混んだ枝があってこれもうまく撮影できなかった
この場所に居ついて居る様なので次回
チャンスはある筈?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初霜 | トップ | カメムシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事