つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

静と動

2018-06-11 08:01:00 | お稽古


1ヵ月前から、一回のお稽古で2つの演目をお稽古しています。
夏と秋の発表会のためです。

静…序の舞、動…早舞。
気持ちの切り替えが大変でしたが、
続けていくうちにできるようになってきました。

厳しいお稽古のおかげで、
拙い舞が、何とか形になってきています。。
舞っていると詞章の場面がふっと目の現れるときがあります。
間違いなく謡の力ですね。師匠の謡は、肚に響きます。

今日よりは明日、明日より明後日と
日々修練を積んで、ハレの舞台に立てますよう、
ガンバルニャン!

ところで、先日3日連続して発表会の夢を見ました。
足袋を忘れたり、扇を忘れて師匠にお借りしたり、
謡が出てこなかったり・・・・。

正夢にならぬように・・・(祈)






コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ホタル観賞

2018-06-01 16:37:11 | 散歩

ドクダミ

ホテル飛び始めてますので、よろしければ観にいらしてくださいねと
懇意にしている呉服屋さんからお電話をいただきました。
(このお誘いに商売がほとんど絡んでない。)

で、早速行ってきました!

今年は大雨のせいで少ないとはいえ、20匹以上は飛んでいたと思います。

地元の有志の方々が、遊歩道になっている小川に、
まずカワニナを数年かけて育て、そこに数匹のホタルがやってきて、幼虫を生んで、
大事に育てたそうです。



ホタルは、ほのかな光を放ちながら、優雅に飛んでいました。
ここにもあそこにもいる、みんなささやき声で教えあってました。
子どもたちが本当に喜んでいたな・・・。

もう一回くらいは観に行けたらいいな。


姫サユリ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今年のササユリ

2018-05-21 10:08:18 | 草花

いい香りが辺り一面に漂っています。
美しい。室内からも見え、至福のひと時です。


蕾も美しい。


水面に映るササユリ、メダカ急遽参加?


昨年植えたササユリの種、芽が出てきています。
開花まであと4年、待ちます!

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶり・・・・。

2018-05-19 08:27:38 | 草花

ヤマボウシ(山法師)
今年は4輪,花が咲いた(去年はひとつだけ)


久しぶりの更新です。
2台のノートパソコンが壊れ、仕事慌ただしく、ひどい手荒れ、
お稽古は難曲で・・・。言い訳多し^^;

まっ、いろいろあって、
日々の生活から、ブログはしばらく遠ざかっておりました。

季節は暖かい時期から暑い時期に入り、
バルコニーでも草花が咲いています。
それにしてもどの草花も昨年より開花が早いですね。

ぼちぼちと草花の備忘録を綴っていきたいなと思います。

相変わらず、情けない拙ブログですがよろしくです!

ぼちぼちと皆さまのところにも遊びに参りますので
併せてよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「熊谷守一 生きるよろこび」展

2018-03-15 15:44:55 | 美術・芸術

昨日、月イチ会議が流れてしまい、急に時間が空いたので
東京・竹橋「東京国立近代美術館」へ行ってきました。

ポカポカ陽気でウロウロしたかったし・・・。

熊谷守一は好きな画家のひとりです。

初期から後期の作品を観たことで、、
輪郭を赤い線で区切るようになっていく様がわかりました。
根底に光と影、生と死があってのことだろうか・・・・?

久しぶりにポストカード、たくさん買っちゃいました。

実は決算時期に入っていて、ちょっといつもと違う仕事。
それに加えて、花粉症と猫アレルギー。
もう、ぐちゃぐちゃ状態。

無理はしないけど頑張る!




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新作能「沖宮」

2018-03-08 11:10:48 | 能・狂言


新作能「沖宮」 魂の花―緋の舟にのせて
---人々の死と再生の物語---

原作:石牟礼道子 享年91歳(平成30年2月没)
衣装:志村ふくみ 93歳
シテ:金剛龍謹(金剛流)

熊本(薪能)10/6、京都 10/20、東京 11/18 と3回公演予定

「石牟礼道子と志村ふくみの願いを叶える会」から送られてきました。

応援チケットはかなりのお値段だけど、東京公演を前向きに検討中。
友人のひとりは京都公演をすでに申し込みしたそうです。
もうひとりの友人は東京?熊本? 私同様迷っている。

石牟礼さんの「言霊」が謡の中でどのように蘇ってくるのか、詞章がたのしみ。
そして志村さんが自然界からいただいた色で染め織り上げた衣裳を
拝見するのも たのしみ。

新作能は色々あれど、この「沖宮」はちょっと違う?

石牟礼道子さんの「苦海浄土」は、
声に出して読んでみたいところが随所随所にありました。

感動というより凄さを感じた本だった。

遅くなりましたが、石牟礼道子さんに合掌。




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

再び東慶寺へ

2018-03-01 10:50:00 | 草花

先週末、北鎌倉の東慶寺・挿し花体験教室へ行ってきました。
昨年末の「しめ縄作り」に続き、2回目の体験講座となります。(体験は2回まで)

北鎌倉駅に降り立った途端、梅の香りが辺り一面に漂っていて
春の陽気に幸せな気分になりました。←単細胞人間です(笑)

東慶寺の山門をくぐると紅白の梅がお出迎え。


右手に私好みの石仏。


石仏のそばで福寿草は満開。


まんさく


白梅


十月桜


挿し花体験教室で活けました。みつまた、ルピナス、原種チューリップ。


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

また2匹で迎えられたね~♪

2018-02-22 09:58:58 | 

今日2月22日は「猫の日」
2匹揃って元気で、この日を迎えられました。
僕たち6月で15歳になリます。ニャンニャンニャン♪


東京・世田谷「豪徳寺」の招き猫。
珍しく息子のお土産。デートで行ったらしい。


ニャンに見つめられると、なんでも許しちゃうのよね~♪


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

元気になれそう!

2018-02-19 10:28:29 | 能・狂言
1週間前、大阪日帰り(✈)でお能「隅田川」を拝見してきました。

久しぶりの大阪・大槻能楽堂。


友枝さんの「隅田川」は今回で3,4回目になるかしら?

狂女物のなかで珍しく悲劇で終わる「隅田川」は世阿弥の息子元雅の作。


行方不明の息子を探し、都から東国の隅田川まで来た狂女。
乗せようとしない渡し守は哀れに思い、乗船を許す。

(ここらへんで携帯着信音が鳴り響く!
主催者側は開演直後まで、マナーモードにしないで
とにかく携帯の電源をお切りくださいと口頭とプラカードまで出して
お願いしてたのにね~。)

渡し守から人買いに連れられてきた子どもが病死の話を聞くうち、
それが我が子とであることを知り、泣き伏してしまう。
奇しくも今日は命日で、回向が行われている。
下船後、渡し守に案内してもらい、一同に混じって念仏を唱える母。
すると子どもの声が聞こえ、姿が幻のように現れる。

(この子方の登場で父世阿弥と対立した話は結構有名ですね。)

母は歩み寄ろうとするが叶わず、その姿は夜明けとともに消え失せる。

(最後のシオリ留あと、しばらく杉さんの笛の音が静かに続いた。
母はこの音色を背で受け止め、ゆっくりと橋掛かりを歩き、そして揚幕と消えていった。
狂女の象徴である笹はもう持っていなかった。)






生きる力を充電しました!元気になれそうです!


終演後は難波で姉と待ち合わせ。久しぶりの再会を喜んで
大阪名物お好み焼きをいただきました。










コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

立春

2018-02-07 09:02:00 | 独り言


2月4日立春は私のBirthdayでした。

夫がバースディケーキを買ってきてくれ、
歌まで歌ってくれました。
ありがたいようなありがたくないような歌声でした。

二人で赤ワイン1本空けて、ほろ酔い気分でロウソクを立ててくれたけど
傾いてますね。

チョコプレートは買ってくる途中で傾き、名前が消えていて、
何なの?と尋ねたら「マダム」とお願いしたそうですって!
ロウソクは何本お願いしたの?60代だから6本にしたそうです!そっか!!

フッ、笑っちゃうわ。

この日はある小さなサロンでチェロコンサートがありました。
演奏曲によって、4弦と5弦のチェロを引き分けて、
最後に弾いてくれたバッハ:組曲第6番は素晴らしかったです。

早春にふさわしい一日だったかな。



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加