つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

新作能「沖宮」

2018-03-08 11:10:48 | 能・狂言


新作能「沖宮」 魂の花―緋の舟にのせて
---人々の死と再生の物語---

原作:石牟礼道子 享年91歳(平成30年2月没)
衣装:志村ふくみ 93歳
シテ:金剛龍謹(金剛流)

熊本(薪能)10/6、京都 10/20、東京 11/18 と3回公演予定

「石牟礼道子と志村ふくみの願いを叶える会」から送られてきました。

応援チケットはかなりのお値段だけど、東京公演を前向きに検討中。
友人のひとりは京都公演をすでに申し込みしたそうです。
もうひとりの友人は東京?熊本? 私同様迷っている。

石牟礼さんの「言霊」が謡の中でどのように蘇ってくるのか、詞章がたのしみ。
そして志村さんが自然界からいただいた色で染め織り上げた衣裳を
拝見するのも たのしみ。

新作能は色々あれど、この「沖宮」はちょっと違う?

石牟礼道子さんの「苦海浄土」は、
声に出して読んでみたいところが随所随所にありました。

感動というより凄さを感じた本だった。

遅くなりましたが、石牟礼道子さんに合掌。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 再び東慶寺へ | トップ | 「熊谷守一 生きるよろこび」展 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ば~ば)
2018-03-09 08:08:19
石牟礼道子さん、お亡くなりになられたのですね
2月は私自身や孫の受験などで心忙しくしていたので

享年91歳
私のようにボンヤリ生きている者には寿命ですが、いいお仕事をされていらした方は、幾つになっても惜しいことです

「苦海浄土」、検索して探し入手出来たら読んでみます
Unknown (つきのこ)
2018-03-10 00:08:29
ば~ばさま
深夜のご返信になります。
「苦海浄土」で全国に水俣病が知れわたっとも
聞いております。
この小説を書くことは石牟礼さんの
使命だったんだろうと思います。

機会がありましたらご一読を!
Unknown (チーちゃん)
2018-03-10 08:04:13
おはよ^^
>石牟礼道子さんの「苦海浄土」は、
>声に出して読んでみたいところが随所随所にありました。
興味深いですね
私が読む本なんて推理小説ばかり・・・・
ちょっといつもと違う時間を過すのも良いですね^^

やっと!咳が鎮まって来ました、長かったですぅ^^@
Unknown (つきのこ)
2018-03-10 14:15:08
チーちゃん
こんにちは♪

水俣病のことを日本中に伝えた本で
私も知人に薦められて読みました。
舞台が熊本・水俣なので九州弁が随所にあって
懐かしさもあって声に出してみたんです。

推理諸説大好き!
でもテレビで観る方が多いです^^;

咳って体力消耗しますよね
おさまってよかったです




Unknown (風子)
2018-03-11 12:43:08
京都でも公演があるのですね。
新作能は、、、だったのですが こちらを読ませてもらって、行ってみたい気持ちが出てきました。
志村さんとこの衣装も見てみたいですものね。
Unknown (つきのこ)
2018-03-12 13:39:47
風子さん
志村さんと石牟礼さんだから
観てみようかなと思うわけで、
そうじゃなければ新作能スルーですよね。応援チケットではなく一般発売が7月頃あるようです。その頃にはお囃子方など詳しくわかると思います。私はそれかな。

コメントを投稿

能・狂言」カテゴリの最新記事