つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

久々のそば湯割り蕎麦焼酎

2008-01-25 16:38:42 | 衣食住
先日のお仕舞のお稽古で、やっと「雲雀山」の曲は
先生からOKをいただきました。

お稽古の帰りに時々立ち寄っていたお蕎麦屋さんに入り、
気分が本当によかったので
蕎麦焼酎のそば湯割りを久々に注文。
濃厚なそば湯にさっぱり系のそば焼酎は
本当に美味しかった。

実はノロウィルスにかかって以来、
お酒が全く飲めなくなっているのです。
体重こそ戻ってしまったけど、
油物、お酒が受け付けなくて・・・・。
殆ど毎晩のように食事に合わせて、
ワイン、ビール、日本酒、焼酎と飲んでいたのに・・・。

飲めたのはこのときだけ、
まだまだ晩酌は先になりそうです!

写真は屋久島に窯を構えている作家、
山下正行さんの作品で、
阿多良(あたら)窯で焼いたカモシカ?徳利です。

面白くって家に連れて帰りたいと思い、
昨年12月に購入しました。

しかし残念ながら、まだ1度しか使っていません。
しばらくお飾りです。

備前焼と同じ焼き締めなので、
飲む数時間前に日本酒を入れておくと、
味が柔らかくなります。
冷酒はいいけど、熱燗なら入浴させないとねと
夫と笑いながら飲みました
白ワインもいいらしいみたい。赤ワインだと色が浸みこむらしい?

カモシカさんのお口から、お酒が出てきて、
なんか変な気分だけど、楽しめちゃうのです!

この方は1982年に屋久島に移り住み、
86年から窯を築き、
作陶を始められたそうです。
屋久島の土、岩、樹々を使い、
薪窯による焼き締めの器などを作っているそうです。

他にも狛犬や海がめの形をしている香炉、
動物徳利、デカンタなどいろいろありました。

知人は四足で立っている動物徳利を購入しました。
多分カモシカかなぁ??

購入先は知人の紹介で行ったギャラリーで、
自宅兼用となっているところ。
残念ながら、親の介護があるのでひとまず、
12月末で店終いとなりました。

面白い作品ばかりでしたので、
また機会があれば、ぜひどこかで拝見したいと
思っています。







コメント (8)