続・私の近況

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

映画と音楽

2018-01-15 17:27:26 | 日記

昨日、豊田市コンサートホールに京都市交響楽団が二回目の来演です。

前回同様素晴らしい音色と迫力ある演奏でした。指揮者・斎藤一郎氏

第1部は映画「ライムライト」より(テリーのテーマ)

映画「独裁者」よりハンガリー舞曲第5番・映画「黄金狂時代」より歌劇「サンタン皇帝」熊蜂の飛行

その他、バレエ組曲「眠れる森の美女」よりワルツの演奏でした。

休憩後・映画「サーカス」1928年制作・白黒無声映画・約72分間、楽団は常に背景に合わせてた演奏は見事でした。

映画「サーカス」あらすじ  法老紳士チャーリーは、ひょんなことから警察にスリと間違えられてしまい、巡業公演中

サーカスのテントの中へ逃げ込む、そこで偶然に観客から大ウケを取ったチャーリーは、サーカスの座長にスカウトされて入団。

座長の娘マーナに思いを寄せるが、マーナは綱渡り芸人に恋していた。ライオンの檻に閉じ込められるシーンや綱渡りシーンといった、

スタント無しの演技などが高く評価され、「第1回アカデミー賞特別賞」を受賞した、笑いと涙の名作でした。

約80年前にこのような映画が製作されたことに感心する。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« ニューイヤーコンサート | トップ | 一杯のみそ汁運動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事