【実録】会計事務所(公認会計士・税理士)の経理・税金・経営相談

大阪市北区の築山公認会計士事務所(築山哲税理士事務所)です。
身近な疑問の解説と役立つ情報の提供をさせていただきます。

平成最後の年末年始(年末年始休業のお知らせ)

2018-12-26 15:30:00 | ◆このブログについて
事あるごとに「平成最後」といわれますが、事務作業を生業としている者としては、それよりもこれからの平成と新元号との「混在」が気になります。

まずは、「期間」です。始まりが平成で、終わりが新元号の場合、「平成31年から新元号1年」という表現になります。次に、「暦年」の元号での表現です。おそらく、来年は「新元号1年」という表現になるのでしょう。平成31年とはいわないでしょう。ちなみに、「元年」という言葉は使うのでしょうか?

すでに契約書などに記載された「平成32年」など、存在しない平成の扱いはどうなるのでしょうか?どうやって修正するのでしょうか?パソコンは正常に作動するのでしょうか?

来年もよろしくお願いいたします。

勝手ながら、平成30年12月29日(土)から平成31年1月3日(木)まで、年末年始休業とさせていただきます。
ジャンル:
きいてきいて
この記事についてブログを書く
« 会計の書物のここを読んでく... | トップ | 平成31年(2019年)、... »

◆このブログについて」カテゴリの最新記事