村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

さわらびの

2018-04-12 23:14:07 | 村雨庵 稽古 
石走る垂水の上の早蕨の
萌え出づる春になりのけるかも
志貴皇子シキノミコ

志貴皇子は、飛鳥時代末期から
奈良時代初期にかけての皇族。
天智天皇の第七皇子
子は光仁天皇


今日は木曜稽古
始まりは午後からなので
ゆっくり

けんけんとサカチカさんと越ちゃん
夜は森金さん

炉には透き木釜ががかっている
茶会のための風炉の点前もあり
炉の点前もある

四月は炉塞ぎの月
五月は初風炉
潔く炉を塞ぎ切り替えれば
風炉の茶はスッキリと新鮮に感じるのだが
今回はすでに炉風炉が混ざるから
五月の稽古は新鮮味か薄いね
きっと
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ツボスミレ | トップ | 井出の玉川・タイ様の茶事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

村雨庵 稽古 」カテゴリの最新記事