村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

牡丹餅

2018-03-17 22:51:01 | Weblog
牡丹餅に夕飯遅き彼岸かな 虚子

白内障を手術した妹が
今日退院する
朝の9時頃にタクシーで向かっている最中
森金さんからメール
牡丹餅を持っていきます
とのこと
留守だったので
玄関のノブに掻けておきますと

妹と退院の手続きを終えて家に戻る
木戸を開けると玄関のドアに
確かにお菓子の袋があった

仏様をきれいにして
花を飾りその牡丹餅をお供え
有難う
お下がりは明日頂戴します
明日から春の彼岸
暑さ寒さも彼岸までとよくいうが
天気のことだけではなく
辛いことや苦しいことも
いずれ過ぎれば
楽になるよ
そういう意味もあるはず
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 蝶々 蝶々 | トップ | 五島美術館→東京美術倶楽部 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事