村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

炭取のひさご

2017-12-13 00:24:58 | お勉強
炭取のひさご火桶に並び居る 芭蕉

今日は寒かった
月に一度の茶の稽古
ちょうどラッシュの時間と重なるので
始まる時間の2時間以上前にいつもの駅に着く
さすが2時間前では早いので
近くの喫茶店でモーニングを食べ
時間を調整する
今年最後のお稽古
何かと慌ただしいが
釜にぬくぬく湯が湧き
菓子は
蕪の形の練りきり
干菓子は銀杏と味噌煎餅
わいわいと炭付花月
濃茶付花月
平花月
と花月尽くし
それも年末らしい

掛け物は
小田雪窓老師

大徳寺五百六世。
姓は小田、雪窓は道号、
諱は宗甫、室号は蔵暉。
五百三世後藤瑞巌の法を嗣ぐ。
僧堂師家となり、
昭和30年十一代管長に就任、
のち開堂した。
龍翔寺に住した。
昭和41年(1966)寂、65才。
(美術人名辞典ヨリ)

花は
榛ハシバミと
名の不明の椿
花入は備前



茶の湯・茶道ランキング
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 柚子の大馬鹿十八年 | トップ | 銀杏の落ち葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お勉強」カテゴリの最新記事