年寄りの漬物歴史散歩

 東京つけもの史 政治経済に翻弄される
漬物という食品につながるエピソ-ド

コロナの戦後の始まり

2020年05月25日 | 宅老のグチ
日本でのコロナの感染者が減り、退院者が増えて、中身が不明だが3千人位がいまだ入院しているようだ。退院している人の記事を見ると彼らもまだ再発と世間の目が厳しい様だ。
 コロナの統計は世界各国で適当な解釈で数字を作っている。あるは政府の力を見せるため、患者数を巨大化し、外出禁止を正当化する。今は経済の復活を目指して、患者の統計を操作している。それは日本も例外ではない。その操作は自国民だけの患者の数字で世界の共通の基準で作られたものでない。従って参考にすることは出来ないのに他国を示し、自己の政策の正当性を強調する。
 先の日本の戦争前、大本営発表の数字が日本の戦況が良いときは後で検証すると比較的に素直だったがミッドウエー海戦で敗北後、日本の戦果を拡大し、米軍の勝利を少なくした。しかし日本の国内への空襲によって次第に物資不足となっていった。それでも多くの国民は政府発表を信じていたようだ。
 コロナの真実は上級国民はどこまで知っているのだろうか。下級国民への感染が制御自慢の国を揺さぶる。
 恐るべし新型コレラ。死なないから感染はどこまで広がる。スペイン風邪は3年も終息までかかったようだ。ワクチンが無く集団免疫獲得まで時間がかかったという。今回もこのようなことになると東京オリンピック開催も無理だろう。すべてはワクチン待ち。
コメント   この記事についてブログを書く
« ポストコロナで行きたいところ | トップ | 株価はコロナ後の先読みなのか »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。