さらば築地 年寄りの食歴史散歩

 東京つけもの史 政治経済に翻弄される
漬物という食品につながるエピソ-ド

鶯亭金升日記より 年譜3

2009年06月30日 | 福神漬
鶯亭金升日記より 年譜3
明治22年1月仁科の令嬢と結婚(歌舞伎役者岩井半四郎と縁続きとなる)。5月根岸から入谷の里坂本に移る。9月下谷池之端茅町2-18(池之端にある横山大観記念館付近)に借家する。この家のもち主は池之端御前といわれた福地桜痴の家であった。1月10日に柳橋亀清楼にて新聞記者達の新年会。
 2月に憲法発布、神田雉子町の團團珍聞の小改革によって隣地に新聞『日本』が来る。
明治23年1月梅亭金駕が脳卒中に倒れる。
 9月27日隣地の日本郵船重役浅田正文によって福地桜痴の土地を買収される。神田松永町23に引っ越す(今のヨドバシカメラ秋葉原付近)。
明治24年、團團珍聞社主野村文夫死す。滑稽社宮武(骸骨)に團珍を買い取らせようとしたが失敗。年末麹町区有楽町1丁目5に引っ越す。
明治25年有楽町3丁目1に引っ越す。改進新聞社(改進党の機関紙)に出勤することになる。柳橋の亀清楼にて度々新聞記者の懇親会が開かれる。
明治26年4月1日根岸党(饗庭篁村・森田思軒・幸堂得知・関根只好・幸田露伴)の一行を新橋停車場まで見送る。行き先は奈良の月ヶ瀬に観梅するためだった。6月30日梅亭金駕師死去。10月麹町区有楽町1丁目5のところに転居。
明治27年6月生母死す。行年53歳。年末京橋区元数奇屋町2-11に引っ越す。日清戦争始まる。
明治28年開花新聞(改進新聞を改称)を8月末退社。都都逸集の編纂に励む。金銭に苦労する。
明治29年萬朝報社に入る。
明治31年萬朝報社退社中央新聞に入社。森田思軒一周忌出席。親戚の連帯保証したため弁償。麹町区内幸町1-5に転居。都新聞社の隣。
明治42年大崎本立寺に先祖代々の墓を移す。
鶯亭金升は昭和29年10月大田区千鳥町にて死去。墓は本立寺にある。85年の人生で転居すること20回という。主に住んだところは初期には下町で麹町区(今の千代田区)に居を移した頃から新聞社・芝居小屋の多い地区に住んだようだ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 鶯亭金升日記より 年譜2 | トップ | 水曜日なので »
最近の画像もっと見る

関連するみんなの記事