えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

自転車スペアチューブは850円、2500円、それとも買えない?

2013年04月13日 18時56分18秒 | 自転車
東北のみなさん こんにちは

 大阪商工会議所東支部・異業種交流会フォーラム・アイ(FI)の鞆の浦輪行(サイクリング)に行く前に、パンク対策にスペアチューブを一本持ってくるよう教えてもらいました。それで近辺の自転車屋さんに買いに行きました。

 一軒目、ご主人が留守で奥さんが出てきて、スペアチューブは売っていないと。
 二軒目、一本2500円。あまりに高いのでパス。
 三軒目、閉まっていました。
 そして四軒目でやっと850円で購入しました。 

 閉まっていた3軒目は別にして、それぞれのお店で輪行に行くこと、そのパンク対策に予備のスペアチューブが欲しいことを伝えました。また私の自転車のタイヤは20インチの標準で、一般的な自転車屋さんなら普通にあるチューブです。

 一軒目、ご主人が留守だから仕方ないとはいえ、無いと断られたことはどうかと。
 二軒目、あまりに高すぎます。タイヤも磨り減っているからとタイヤ全体の交換も勧められ、その場合は3500円といわれました。内側のチューブだけでなく外側のタイヤや交換手間も含め3500円なのにスペアチューブだけだと2500円もする。チューブだけを売る気がないと感じました。
 三軒目、ある曜日は近くの姉妹店に出張していて留守とのお知らせ看板が。お店の都合とはいえがっかりしました。
 四軒目、丁寧に対応してもらい、「輪行楽しんできてください。お気をつけて」と仰ってもらいました。

 昔の街の自転車屋さんは高価な自転車を買ってもらって、日銭が稼げるその自転車の修理もこなされていらっしゃったんじゃないでしょうか。今は客がホームセンターや安売り店で自転車を買って、修理は近くの自転車屋さん任せる、そういうのが多いのでは。私の場合も自転車はよそで購入したものです。それでチューブだけのあまり儲からないことに、高値を吹っかけられたり、断られたのでしょう。

 それぞれのお店の商いのやり方があるのでしょうが、最後のお店のように対応してもらえると、こちらもとても気持ちよく、また訪ねようと思います。次に自転車屋さんに足を運ばないといけない時は、必ず四軒目のお店にするでしょう。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ともじん | トップ | 25年遅く親の役目を果たさせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自転車」カテゴリの最新記事