えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

主戦場と雪道

2019年05月20日 14時46分18秒 | コリア
 みなさん こんにちは

 この大型連休に日本軍慰安婦に関する二つの映画を観ました。5月4日には大阪・十三の第七芸術劇場で日系二世のアメリカ人監督のドキュメンタリー「主戦場」、5月6日は近くの東成区民センターで韓国人女性監督のドラマ「雪道」。どちらも日本軍慰安婦が存在したとしているのに、映画の中身は大きく違いました。

 主戦場は日本軍慰安婦肯定派、否定派の学者やジャーナリストへのインタビューを中心に映画を構成しています。例えば肯定派と否定派の間で問題となる慰安婦の人数が20万人ともされる点については、実際のデータは存在しなくて、言及には注意が必要だと。強制性については、否定派の官憲が家に押し入って連れて行った証拠はないに対して、肯定派の甘言やだまされて連れて行かれた慰安婦がいたとの話を紹介しています。否定派肯定派の意見を比べながら、真実を探る論理的な映画です。

 それに対して雪道は、感情を揺さぶられます。朝鮮半島の田舎に住む十代の女友達二人が、だまされたり、家に押し入られて別々に連れ去られます。慰安所に向かう列車で再びめぐり逢います。田舎に住むころは仲が悪かった二人が、過酷な慰安所の中で友情をはぐくみます。性病になった仲間や部隊の転戦で足手まといになったと仲間が殺される中、二人で逃亡します。しかし、一人は雪道の中帰らぬ人になります。韓国朝鮮の方々の多くが涙を流さずには観られない映画です。会場のあちこちからすすり泣く声が聞こえました。半面、日本人にとっては気持ちが深く沈み込みます。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント   この記事についてブログを書く
« 5/6最終日 | トップ | 児島襄著「天皇と戦争責任」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コリア」カテゴリの最新記事