えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売問屋ニューホンコン造花提供

ばら寿司

2008年03月04日 18時36分17秒 | 幸せ
 娘の誕生日はお雛祭りに近いので、妻は必ずばら寿司を作ります。
 それがまたおいしくておかわりします。

 食後に恒例のケーキ。誕生日月間の娘のはアイスクリームケーキです。

           

 それを食べながら母、
 「長生きして孫娘の二十歳の誕生日ケーキを食べられる。幸せなことや」
 (正確には20歳ではありませんが)

 娘もポツリと、
 「幸せ」

 75歳を超えた母が言う「幸せ」は分かりますが、20歳そこそこの娘が言う幸せ。これはもちろんとってもいいことなんですが、私自身のそのころ、周囲から見ればとっても幸せなのに始終何かにもの足りず幸せではなかった、ころを振り返ると、なんと言ったらいいのでしょうか、贅沢すぎるのは分かっていながら、少しばかし違和感を感じると言うか、引っかかると言うか、戸惑ってしまうのです。

 そういう今の私は「しわっせや」なのですが。 


これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 08雛人形 | トップ | 去年も今年も、そして来年も... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
. (貼箱屋@熊谷)
2008-03-04 22:30:14
こんばんは。
ブログ仲間の日記をみると、ひな祭りの話題が多いですね、やっぱり。
それぞれのご家庭で、思い思いの慣例があって楽しいですね!
そしてそれは男兄弟の中で育ち、そしていまも男ばっかりで女っ気の無い(この場合は嫁は除く...スマン!)家族のワタシには「へぇ~、そうかぁ...なるほどぉ~ふぅ~ん...」と関心したり、不思議だったり...面白いですね!
RE: (貼箱屋@熊谷)さん (司元)
2008-03-05 08:58:47
 F.Rさんらも書いておられますね。

 では、端午の節句はレポートよろしくお願いします。

コメントを投稿

幸せ」カテゴリの最新記事