えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

八尾志紀・銘菓処かすがさん閉店

2018年04月15日 08時00分00秒 | ドンキホーテ
 みなさん こんにちは

 「健康上の問題により、事業継続叶わず閉店させていただきます」

 大阪・八尾志紀の銘菓処「かすが」さんが、きのうなじみのお客様に配り始めた案内です。来月13日でおよそ60年の歴史に幕を閉じます。無常は世の常なのでしょうが、友人のお店の閉店はとても寂しい。

 高校サッカー部からの友で大学も同じ。学生時代にほとんど家業を手伝わなかったこちらと違って、高校のころから父親の営む和菓子店を手伝い、お店の貴重な働き手でした。大学卒業後そのままお店に入りました。職人さんが菓子を作るのを盗み見て、また独学で学んで和菓子職人になりました。学生の時は英語が得意で、活かせる道に進むのが夢でした。しかし一人っ子で、夫婦と職人さんとで店を切り盛りする両親を少しでも早く楽にさせてあげたいと、一度も外に出ることなく家業に。

 そんな彼でも若いころには父と衝突、一時は家を出たこともありました。思い直して家業に戻りました。結婚して数か月もたたないうちに母親が亡くなり、父親も脳卒中で倒れたり。奥さんも命にかかわる重い病を患いました。本人も10年以上前から難病に。今では一日2時間ほどしか働けません。もともと保母だった奥さんは保育士として民間の保育園で働きながら、帰宅後の夜や土日はお店を手伝い、ほとんど休む暇がありません。本人の体力も奥さんの疲労も限界にきていました。その苦労は並大抵ではありません。

 閉店するのは一つだけの理由ではないでしょうが、お客様へのご挨拶に「健康上の問題」と挙げているのはまさにその通りです。幸いなのは二人の娘さんがすくすくと育ち。それぞれの夢に向かって歩みだしていること。

 下の娘さんは大学生で、まだ金銭的にも負担がかかります。「後はごゆっくり」とはゆきませんが。それでも、お疲れ様でしたと声をかけたい。生真面目な彼を支える明るい奥さんとのおふたりなら、これからの困難にも打ち勝っていけるでしょう。今後、幸せな人生を送られことを祈らずにはいられません。

 冒頭のあいさつ文は、彼の自筆です。体が不自由ながら調子の良い時にはこんな手紙も書けるようです。一つ一つの言葉、一筆一筆に、お客様へのそして和菓子への真摯さがにじみ出ています。彼が作る和菓子と同じように。

 和菓子処 かすが
 大阪府八尾市志紀町1-161
 JR大和路線志紀駅西徒歩約5分
 ℡072-949-1582
 9時から19時まで
 火曜日休み
 詳しくは以下の食べログサイトをご覧ください。
 https://tabelog.com/osaka/A2707/A270705/27095618/

 それにしても、絶品のブランディケーキや最中、上生菓子を食べられなくなるのはさびしい。

 これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860001044/qid=1148210960/sr=1-2/ref=sr_1_8_2/503-1498536-3308701
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 東京に咲く緑の桜 | トップ | 4.21ゆれる歴史認識「トロン... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (貼箱屋@熊谷)
2018-04-16 11:14:53
こんにちは。
これはほんとうに、ほんとうに、残念で寂しいですね...
Re:Unknown (貼箱屋@熊谷)さん (司元)
2018-04-16 18:36:33
 貼箱屋@熊谷さんちからだと、混んでなければ25号線で20分ほどじゃないでしょうか。閉店までにぜひ一度訪ねてあげてください。
dream (a person)
2018-04-19 22:08:01
貴兄のブログにて、当店を度々、とりあげていただき、誠に有り難く、感謝の意に堪えません。。。。又、紋日のたびに、忙しい合間をぬって、ご来店いただきありがとうございました。。。

  
 正直、商いのほうはもひとつうまくいきませんでした、、、この生業、私にはちとむつかしかった様です。。。。

 まよったとき、つまったとき、いつも
貴兄ならどうするだろうか、、、と自分に問いかけながら答えを見出してきました。。。。

いろいろ世話になりありがとう。。。奥様にもよろしくお伝えください。
RE:dream (a person)さん (司元)
2018-04-19 22:15:33
 いえいえ、教えられていたのはこちらです。私が訪ねるのは、あなたに教えてもらいたいことがあったからです。その時々に的確なご教示をもらいました。
 あいさつ文にも書かれているように小売専門店を取り巻く環境が厳しい中、和菓子一本でお子さんをここまで育て上げられたのは大したものです。
 奥様ともども、お疲れ様でした。

コメントを投稿

ドンキホーテ」カテゴリの最新記事