えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

えべっさん ’06

2006年01月08日 20時25分56秒 | 幸せ
 明日九日から宵戎、十日戎、残り福とえべっさんが始まります。

 しかし今年は明日からホンコン出張で行けません。えべっさんに行かないのは何年振りでしょうか。

 ところで、私が水呑地蔵日記の根底に流しているのは、実は一年前のえべっさんの時に書いた日記の気持ちです。一年に一回はみなさんに読んで頂くのもいいかなと、勝手に考えてその日記をそのまま再掲します。

以下本文です。

・・・・・・・

一年半ほど前に、生まれて初めて
体の中からこみ上げてくる「幸せ」を体験しました。
きっかけは些細な出来事なのですが、
40数年の人生の中でたった一度の体験です。

父と当時中一の息子と「今宮戎」に詣でた時です。
お参りを済ませ、スマートボールで息子が景品を当て、
ジャンジャン横丁の串カツ屋で食事をしました。

突然、
「ああ、俺はなんて幸せなんだろう。
世間は不況で、みなさんは苦労されている。
商いは大変だけど、まずまず人並以上の生活をさせてもらってる。
こうして親子三代揃ってえべっさんに参って、遊んで、食事して。
こんな幸せなことはない。有り難いことだ」
幸せって、頭でなく胸の奥から込み上げてくるんですね。
体がじーんと震えるんですね。

実は、それまでの二年間、親族に関してかなり困難な問題があり、
解決の目途がやっとついた時でした。
そして、親しい人たちが数ヶ月の間に4人もお亡くなりになり、
その傷が癒された時期でもありました。
体も不調で、2年ほど体温が37度を下らない日がありませんでした。

私は恵まれた家庭の中で育ち、
何不自由なく大学院にまで行かせてもらい、
第一志望の新聞社に就職。
記者としても自分の目指すことの幾ばくかをこなしました。
父を手伝うようになってからも、会社を順調に伸ばしました。
よい妻がいて、長女、長男も順調に育ち、両親も元気で、
六人一緒に世間並み以上の暮らしをしている。
端から見れば、とても幸せなのでしょう。

しかし、幸せと思ったことは一度もありませんでした。
記者時代はいつも何かに追われ、
今の仕事についてからも、どうも自分が望んでいることと違う。
そんな風に自身を眺めていました。

その私が、初めて「幸せ」を感じたのです。
あの時から、段々段々、その幸せが大きくなってきています。
今は、ちょっとしたことをしても、「有り難いことだ。幸せなことだ」と
思うようになってきました。

この手紙を書いていても
「こうして、Kさんに手紙が書ける。有り難いことだ」と感じます。
先日も、会社の周りを掃除して、ウンチを拾っていて、
「こうして、綺麗にできる。ありがたい」と心が言っていました。
今月は売上がかなり落ち込み、掃除をしている暇があったら、
専務として他にもっとすることがあるんじゃないかとも思いながらですが。

公私とも毎日、トラブルや問題が起き、その都度、
悩んだり、怒ったり、めげたり、他人を羨んだり、妬んだり、
そして、この幸せがいつまで続くのかと心配しながら、
それでもなお、日々幸せを感じて、暮らしています。

ただ、その幸せの危うさも感じています。
「幸せ」って、全てに満たされている状態ですよね。
それ以上のものはありません。
もう、向上する必要がないのですね。
と言うより、その先がないのだから、上がることはできないですよね。
「幸せ」って不思議です。

こんな時代に悠長なことを言っている。
「ノー天気、アホぼん」なのかも知れません。


一年ちょっと前に友人に送ったメールです。
固有名詞以外は変えていません。

えべっさんにちなみ、その時のメールを焼き直してこの日記に書こうかと思いましたが、
今、これ以上の文章は書けません。
あれから3年も経つと、あの「幸せ」は幻だったのかな、と疑うことがあります。
そして傲慢になっている自身をも感じるのです。
だから直せません。

今も幸せです。もしくは幸せに慣れてしまったと言ったらいいのでしょうか。

・・・・・・・

以上、一年前の日記の再掲でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

ホンコンの天気を調べたら、昼間の気温は20度前後。
真冬の日本を抜け出し、温まってきます。
明日から暫く水呑地蔵日記を休みます。


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 七草粥 ’06 | トップ | HONGKONG 0601 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (フ~シァン)
2006-01-10 13:24:42
いろいろあったんですね。良いお話です。辛いときは、なぜこんなに?と思いますが、過ぎてしまえば。。。ですね。幸せは、尽きる事がないと思います。常に情熱さえあれば!と思いませんか。ところで、禁煙は、続いてますか?
Re:Unknown (司元)
2006-01-13 22:29:04
 いつもいつもコメントありがとうございます



「禁煙は、続いてますか」



はい、もちろんです。

但し、仁丹中毒になっています。

コメントを投稿

幸せ」カテゴリの最新記事

トラックバック

西宮えびすの残り福で商売繁盛祈願~高麗人参果実搾りプロジェクト成功を祈念して (日本一変わった脳外科医~「高麗人参果実搾り・スクイーズ2200」誕生秘話)
昨日1月11日は、 豊中のクリニックでの夜間外来を終えたあと、西宮えびす神社に、十日戎の残り福の参拝に行ってきました。 なんせ今年は、高麗人参果実搾りの売り上げ増が、ボランティアと奇兵隊の命運を決めるものですから、ここは恵比寿様にたのんでおかないと。