えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

桜越しの大阪

2019年04月22日 14時46分18秒 | 水呑地蔵
 みなさん こんにちは

 街の桜も4月半ばともなれば、花は散り赤い花芯と新緑が混じる有様です。しかし、生駒山の頂近くの水吞地蔵のなら、町のより少し遅く開くので、先日登った時は散り初め。桜の花は開いた時より散り始めるころの方がピンクを増します。より鮮やかな花びらが青空に映えていました。

 帰って調べてみると、水吞地蔵はちょっとした桜の名所でした。桜の花びら越しの眼下に大阪平野が見渡せます。その街には大阪城があり、高層ビルのハルカス、さらに奥には大阪湾までも。桜木の数こそ少ないものの、桜を透かしての街並みの景色は他ではそうそう伺えないでしょう。

 来春は満開の頃に行ってみたい。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 赤く輝くベニカナメモチ | トップ | 歴史を思い起こす水吞地蔵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

水呑地蔵」カテゴリの最新記事