えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

東北から白磁の人を想って

2012年10月22日 20時46分18秒 | 出張
 東日本のみなさん こんにちは きのう福島・郡山に入り、今日は福島を経て宮城・仙台泊りです。
 郡山から福島への道すがら立ち寄ったお土産物屋さんで、こんな話を聞きました。

 お客様は震災直後に比べある程度戻ってきましたが、まだまだです。子供や若い人たちのお客様が回復しません。青森など東北の北の方を観光する団体のお客様の中には、旅行社に「福島を通る道は避けて」とリクエストとされる方がいらっしゃると。それでも前向きに頑張ってやっていきます。

 「頑張れ福島」


 話題を変えて
 先ほどメールを開けたら生野で開かれる勉強会への参加呼びかけが入っていました。私はこの日、東京泊りで行けませんが、ご興味ある方へのご紹介を。

 コリアタウンのある生野・猪飼野の多文化勉強会と言ったらいいのでしょうか「第24回猪飼野おとな塾 浅川伯教・巧兄弟のことをもっとしろう」が26日、生野区桃谷5-4-29 御幸森会館 で開かれます。 

 

 浅川兄弟は朝鮮の陶磁器などの伝統文化や植林を通じ日朝の友好を深めました。今夏に公開された映画「道 白磁の人」のモデルです。

 

 よければご参加を。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 豊橋・広小路商店街の吊り下... | トップ | 仙台の夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

出張」カテゴリの最新記事