団塊オヤジの短編小説goo

Since 11.20.2008・雑学・うんちく・豆知識・政治・写真・動画・似顔絵師他。雑学は、責任を持てません。

「酢桃の実が生りました」 MY GARDEN 2019.08.13撮影

2019-08-16 06:57:03 | 短編小説

酢桃の実が生りました。

例年赤くならないうちに落果するのですが、今年は赤くなりました。

でも、酸っぱいです。

「酢桃の花が咲きました」 MY GARDEN 2019.05.07撮影

 

「李下に冠を正さず」の意味は「誤解を招く行動は慎むべき」という戒め

「李下に冠を正さず(りかにかんむりをたださず)」とは、誤解を招くような行動は慎むべきだという戒めのことわざです。

「李下」とは李(すもも)の木の下という意味です。李の木の下で冠をかぶり直そうと手を上げると、果実を盗んでいるように見えて誤解を招くのでやめるべきだ、冠がずれても我慢しなさい、という教訓の言葉が「李下に冠を正さず」です。

 

「李下に冠を正さず」の由来は漢文詩の『君子行』「李下に冠を正さず」の由来・出典は、「古楽府」という中国古典詩にある『君子行』の一節です。

原文:君子防未然 不處嫌疑間 瓜田不納履 李下不正冠

 

書き下し文:君子は未然に防ぎ 嫌疑の間におらず 瓜田に履を納れず 李下に冠を正さず

 

現代語訳:君子たるもの、疑われるような行動は未然に防ぎ、嫌疑を受けるようなところには居ないことだ。瓜の畑では、かがんで靴を履くようなことはせず、李の木の下では、冠を直したりしないことだ。

中国の儒教における理想的人格である「君子」の言葉から始まるこの詩は、公職に就く人や身分の高い人に対する処世訓として書かれたものです。

 

私の家のスモモは「李下に冠を正し放題」なんですが、誰もとって行きません。

木下は実が散らばっています。

 

したっけ   

 

 minimarche

     080-0018 帯広市西8条南6丁目7番地 

  

   ハーブティーは下記のお店「雑貨(Tkuru&Nagomuで取り扱っていま  

 

 雑貨(Tukuru ・nagomu)   0155-67-5988

 

     可愛い雑貨も、たくさんありますよ。 

  

  Cafe & Bsr Noix(ノワ)     0155-67-5955 

 

     落ち着いた雰囲気で、ゆっくり食事ができます.   

 

  http://www.d-kyoya.com/minimarche/  

 

  株式会社ディステリア京屋

 

     080-0018 帯広市西8条南6丁目7 ☎0155-22-2151

  

        :友人がオーナーの店です

  

 

 

私の一押しの詩集を紹介します。現代女性詩人のトップクラスの詩を感じてください。魂が揺さぶられます。これは倉内佐知子の入門としては最適な詩集です。一度読んでみて下さい。

  

涅槃歌 朗読する島 今、野生の心臓に 他16篇 (22世紀アート)
倉内 佐知子
22世紀アート

  

〈溶ける魚〉が背を這いずり、異国の香りが鼻腔を抉る、無頼の詩語は異界をたゆたい、イデア(idea)の入り口を探る——「幼年の濃い光の中で 時間の臓器は待っている」(本文より)心地よいリフレインが幻惑の世界へと誘う「音更日記」、言葉の配置と表現形式にこだわった「光る雪」、グロテスクな言葉の暴力で異質な世界を構築した「青」など計18篇を収録した、小熊秀雄賞受賞詩人の詩集。言葉が持つ魔術的な美を、無意識の泉から掬い上げた、幻想的かつ根源的な一冊。

 

海鳩

 

 ―潮騒が希望だったー 

 

ぐしゃぐしゃに砕かれた大顎の破片が散乱し 

 

ているのは知っていたがここのものではない

 

 さんざん悪質を通過しなお何ものとも繋がら 

 

ない兵器的非感覚の海を死生の循環の内へと

 

流し込むなど可能かぶふぅィ暫し棘状の海塚 

 

にうずくまりわたしたち固有の肉体がはぜる

 

 記憶のふあんに堪える堪えて噛む海鳩が翔ぶ  

 

〈母ァさん 母ァさん〉

 

  あなたさえ答えようもないのです 

 

(後略)

 

  

Photoshop Elements 2019 日本語版 通常版 Windows/Mac対応
アドビシステムズ
アドビシステムズ

  

私も写真の編集や似顔絵の色付けにに使っています。非常に使いやすく機能も多彩です。あなたもフォトショップで、写真の新しい世界を体感してください。以前はフォトショップエレメンツ12を使っていたのですが、全然違います。ここまでできるかというくらいです。

 

   

マルマン ポストカード 絵手紙用 画仙紙(越前) 手漉き S133C 100枚
マルマン(maruman)
マルマン(maruman)


コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 「絵手紙もらいました―西葫芦... | トップ | 「萩の花が咲きました」 MY... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは^^* (きままなマーシャ)
2019-08-16 12:09:55
立派な酢桃の木ですね。
春は可憐なお花で真っ白でしたね^^
実もかわい~い(*^^*)
酸っぱいんですか?
赤くておいしそうです^^
こんにちは~ (haru)
2019-08-16 14:21:26
こんにちは~

スモモが見事になりましたね。
追熟すると甘くなるのかなぁ。
美味しそう~
★きままなマーシャさん★ (都月満夫)
2019-08-16 15:44:26
立派な木でしょう。
実も見た目は美味しそうなんですが、齧ると酸っぱいです^^
したっけ。
★haruさん★ (都月満夫)
2019-08-16 15:45:36
見事でしょう。
甘くなるかどうかは分かりません。
とにかく酸っぱいです^^
したっけ。
Unknown (飛花ぽん)
2019-08-16 16:26:48
旦那!

冷涼な気候で育つ
原種の赤スモモじゃないんですか?
平安時代より前からあるらしいですよ。
酸味がジャムに適しているんです。
欲しい人には高級品です。
Unknown (青翠)
2019-08-16 16:32:03
子供の頃李は楽しみに食べたものですが、酸っぱいのですか?
そりゃあ残念。
Unknown (はぴ)
2019-08-16 17:20:41
実家でも5月にたくさんなりました。
美味しいのでいっぱい摘みますよ~。
ジュースにしても美味しいです。
熟すと甘くて美味しいです。
★飛花ぽんさん★ (都月満夫)
2019-08-16 17:30:20
原種の赤スモモ?
何だかわからんが、やたらに酸っぱいよ^^
したっけ。
★青翠さん★ (都月満夫)
2019-08-16 17:31:05
はい。
口が曲がるほど酸っぱいです^^
したっけ。
★はぴさん★ (都月満夫)
2019-08-16 17:32:07
家のは熟しても酸っぱいんだと思います。
たくさん落果しています^^
したっけ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

短編小説」カテゴリの最新記事