団塊オヤジの短編小説goo

Since 11.20.2008・雑学・うんちく・豆知識・政治・写真・動画・似顔絵師他。雑学は、責任を持てません。

「お金についてのあれこれ・・・」―豆知識―

2012-04-26 07:32:12 | 豆知識

※日本の紙幣は、正確には「日本銀行券」と言います。

「紙幣」には政府が発行する「政府紙幣」と銀行が発行する「銀行券」がありますが、日本の紙幣には日本銀行が発行する「日本銀行券」しかありません。

※「1万円札」という名称は正確には「一万円券」と言います。

500円玉や100円玉は「貨幣」です。(「硬貨」というのは金属で作られた貨幣のことです)

「貨幣」には「本位貨幣」と「補助貨幣」の2種類がありますが、日本では1988年以降は「貨幣」に一本化されています(性格的には「補助貨幣」です)。

※「日本銀行券」は「独立行政法人 国立印刷局」が、「貨幣」は「独立行政法人 造幣局」がそれぞれ製造しています。

※現在発行中の貨幣の「正確な名称」は次の通りです。

500円ニッケル黄銅貨幣

100円白銅貨幣

50円白銅貨幣

10円青銅貨幣

5円黄銅貨幣

1円アルミニウム貨幣

貨幣は同一額面金額の20倍までに限って使用することができます

たとえば5000円の買い物をする際に100円玉を50枚出しても、相手はこれを拒否することができます。ただし、500円玉を6枚・100円玉を20枚であれば大丈夫です。

同じ額面の貨幣の枚数が20枚以内であれば合計枚数が20枚を越えていてもよいのです.

 ちなみに「日本銀行券」の場合は50000円の買い物に千円券50枚を出しても問題ありません。

これを「強制通用力」と言います。日本銀行券には無制限の強制通用力があります。しかし、貨幣には額面の20倍までしか強制通用力がありません。

ですから、50000円の買い物をする際、500円玉100枚での支払いは相手が拒否することができますが、五百円券(岩倉具視のお札)100枚なら相手はこれを拒否できないということになります。

したっけ。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 「早起きは三文の“得”・ “徳”... | トップ | 「水芭蕉の語源」MY GARDEN ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春らしいさわやかなテンプレートですね(*^_^*) (きままなマーシャ)
2012-04-26 14:23:25
春らしいさわやかなテンプレートですね(*^_^*)

大勢のお客さんで混んでるときに
こんな支払い方をされたら困っちゃいますね(~_~)
ついさっき、私の前の方が
小銭をいっぱい出して支払いをされてました。。。
レジの方の表情がみるみるくもって見えました。
貨幣に制限があったんですね。 (チャコのコーヒータイム)
2012-04-26 15:33:50
貨幣に制限があったんですね。
拒否するのを見た事はありませんが、混雑している時は困っちゃうかもしれません。
貨幣を数える機械があるところだと簡単に数えてくれるのにね。
私は小銭をためないようにこまめに端数を出します。
都月さん   こんにちは♪ (柴犬ケイ)
2012-04-26 17:56:30
都月さん   こんにちは♪

いつもありがとうございます♪

硬貨は枚数が多いと拒否できることは知って
いました。
硬貨が多いと財布も重くなりますので硬貨は
家で支払いの硬貨は置いていますがそれ以外
はレジで出して財布を軽くしています。
★きままなマーシャさん★ (都月満夫)
2012-04-26 18:03:03
★きままなマーシャさん★
私も、今日ホームセンターで買い物をしたときに前の男性が10円玉で支払いをして、お姉さんがレジ台の上で数えていました。
したっけ。
★チャコさん★ (都月満夫)
2012-04-26 18:05:06
★チャコさん★
法律上は拒否できるといっても、実際にはできないですね^^
したっけ。
★柴犬ケイさん★ (都月満夫)
2012-04-26 18:07:14
★柴犬ケイさん★
そうですね。硬貨はなるべくためないようにしたほうがいいですね^^
したっけ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

豆知識」カテゴリの最新記事