団塊オヤジの短編小説goo

Since 11.20.2008・雑学・うんちく・豆知識・政治・写真・動画・似顔絵師他。雑学は、責任を持てません。

コメントについて

「記事に無関係なコメント、誹謗中傷等のコメントは私の判断で削除させていただきます。また、名前の記入のないときは、場合によっては削除させていただきます。ご了承くだい。」

都月満夫の短編小説集

「ケンちゃんが惚れた女」
「惚れた女が死んだ夜」
「羆撃ち(くまうち)・私の爺さんの話」
「郭公の家」
「クラスメイト」
「白い女」
「逢縁機縁」
「人殺し」
「春の大雪」
「人魚を食った女」
「叫夢 -SCREAM-」
「ヤメ検弁護士」
「十八年目の恋」
「特別失踪者殺人事件」(退屈刑事2)
「ママは外国人」
「タクシーで…」(ドーナツ屋3)
「寿司屋で…」(ドーナツ屋2)
「退屈刑事(たいくつでか)」
「愛が牙を剥く」
「恋愛詐欺師」
「ドーナツ屋で…」
「桜の木」
「潤子のパンツ」
「出産請負会社」
「闇の中」
「桜・咲爛(さくら・さくらん)」
「しあわせと云う名の猫」
「蜃気楼の時計」
「鰯雲が流れる午後」
「イヴが微笑んだ日」
「桜の花が咲いた夜」
「紅葉のように燃えた夜」
「草原の対決」【児童】
「おとうさんのただいま」【児童】
「七夕・隣の客」(第一部)
「七夕・隣の客」(第二部)
「桜の花が散った夜」

似顔絵傑作選スライドショー

「飛んで火にいる夏の虫、その虫の正体は?」―豆知識―

2011-07-14 10:22:36 | 昆虫

自らを滅ぼすような禍の中に進んで身を投じたり、みすみす敵の餌食になったりする行為を指す「飛んで火に入る夏の虫」という諺も、蛾が見せるこうした習性から生まれたものです。

 ではその蛾の種類はというと、「ヒトリガ(火取蛾、燈取蛾、灯取蛾、火盗蛾、灯盗蛾)」、学名を「Arctia caja」という、チョウ目ヒトリガ科に属す蛾の一種です。

この蛾は多くの蛾同様夜行性であり、光源の周囲を、渦を描くように飛びまわるのをよく見かけます。この習性は特に本種に限ったものではなく、他の蛾や昆虫で普遍的に見られるのですが、特に本種において目立っています。光源がたき火など直火の場合、最終的には火に飛び込んで自ら焼け死ぬ結果となり、和名の「ヒトリガ」もここに由来します。Photo

したっけ。




コメント (6)

「てんとう虫の語源は?」―豆知識―

2011-07-10 10:20:53 | 昆虫

Photo

テントウムシは漢字で書くと「天道虫」となります。

「天道」とは「太陽」のことです。てんとう虫は、指や木など棒状のものにとまらせてあげると棒状の上の先端までのぼり、「お天道様」のある大空へ飛び立とうとする習性があります。

この習性からテントウムシ(天道虫)と名が付いたようです。

英語でテントウムシは「lady bug」というそうです。「虫の令嬢」といったところでしょうか。

米国では幸運を運んでくる縁起のよい虫とされ、殺してはならないとされており、指輪やブローチのデザインによく使われるそうです。

 日本語でも「紅娘」、「瓢虫」も「てんとうむし」と読みます。「紅娘」は「lady bug」と感じが似ていますね。

したっけ。

コメント (6)

「蚊に刺されると何故痒い」―豆知識―

2011-06-21 10:17:28 | 昆虫

 本日、「ツルウメモドキ」、「オオムラサキ」に続き、3回目の更新です。

2

蚊は日本に100種類以上生息しているそうです。人間の血を吸うのはメスです。のこぎり状の口で皮膚に穴を開け、血液が凝固しないように液体を注入してから、血を吸います。このときに注入された液体のために痒みが起きるそうです。

 蚊には血液型はなく、血管もない。血液は体液として体の空いたところを流れています。色は黄色で、人の血液とほぼ同じで、赤血球はありません。

 飛ぶときに「ブーン」というから、「虫偏」に「文」で「蚊」と読みます。

 因みに、蚊に刺されやすい血液型はO型だそうです。

したっけ。

コメント (10)