高知発 NPO法人 土といのち

1977年7月設立の「高知土と生命を守る会」を母体にした
40年の歴史をもつ生産者と消費者の会です

新春企画 ~10年後、何をしているとおもいますか? または何をしていたいですか? その5

2018-01-31 09:00:00 | 生産者からのメッセージ
香美市 さくらベーカリーです。

10年後、自宅脇のパン工房でワクワクしながら新しいパンを焼いています。
さくらベーカリーの通常業務はしっかりした職人さんにお任せして、
67歳になっても好奇心旺盛なおじさんは、まだまだ美味しいパン作りを追求しています。
美味しいといわれるパンがあれば、どこでも出かけて行って食べてみる。
そして、その秘密を分析して再現することを趣味にしている、ちょっと変なおじさんです。
ただ美味しいと言うだけでは不合格!
当然、カラダとココロに優しいパンであることが大前提です。
「美味しくって、健やかな体をつくることのできるパン」。
このこだわりは67歳になっても、変わりません!

高知市 初月自然豆腐です。

近年 次々と豆腐屋が廃業して行く中、10年先何をしているか?
出来ることなら この仕事を続けて行きたい。
それには、本物指向のお客様に納得して頂ける商品を作って行く努力を
していくことだと思っていますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

愛媛県宇和島市 八坂石鹸の増田明宏です。

40年前、複合汚染を読み、「合成洗剤は危険! 石けん類は安全で、
特にリサイクル石鹸は環境にも優しい洗浄剤だ、天ぷら廃油を各家庭より
回収し原料にすれば、安全、環境、リサイクルの一石三鳥の効果がある」
と書かれてあるのを読み、合成洗剤に押され 廃業予定の八坂石鹸を継ぎ、
現在に至っています。
40年も続けていると、売れる時と売れない時の波があり 今は最低の時期だと思っています。
でも、石けんの良さを追求しながら、その志のまま、石けんづくりに励んでいますので、
相変わらず釜焚きの石鹸を作っていると思います。

※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知らせ』2018年2月号より転載しました。
『高知県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 新春企画 ~10年後、何をして... | トップ | 宝食品の 「島っこ」生のり佃... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-01-31 09:44:36
生産者のみなさん、とても素敵ですね。
Unknown (管理人)
2018-02-01 08:39:57
はい、私も同じように思いました。
生産者のみなさんあっての私たち消費者。感謝しつついただきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生産者からのメッセージ」カテゴリの最新記事